【科研費】平成31年度科学研究費助成事業(科研費)の公募に係る変更について

平成31年度の科学研究費助成事業(科研費)の公募にあたり、日本学術振興会より、研究計画調書(暫定版)が公開されました。

今回予定している研究計画調書の変更内容及び注意事項は下記の通りとなります。

・今回予定している研究計画調書の変更等(事務連絡より抜粋)

○ 研究計画調書における「研究代表者および研究分担者の研究業績」欄について、評定要素に合わせ、「応募者の研究遂行能力及び研究環境」欄に変更する。

○ 審査の際に審査委員がresearchmap(※1)及び科学研究費助成事業データベース(KAKEN)の掲載情報を必要に応じて参照することができるようにする(※2,3)。

※1 日本の研究者総覧として国内最大級の研究者データベースであり、登録した業績情報はインターネットにより公開が可能であるほか、e-Rad等とも連携しており、政府全体で更に活用していくこととされています。

※2 科研費の審査はあくまでも研究計画調書で審査するものであり、researchmap及び科学研究費助成事業データベース(KAKEN)は審査の際に審査委員が必要に応じて参照する取扱いとします。

※3 従前、公募要領等に記載しているとおり、引き続き、researchmapへ研究者情報を登録いただくようお願いします。なお、researchmapの掲載情報を参照するに当たっては、researchmapに登録されている「研究者番号」により検索を行いますので、researchmapへ研究者情報を登録する際には、必ず「研究者番号」を登録してください。

(日本学術振興会ホームページのリンク)