知的財産ポリシー

第一 基本理念

公立大学法人首都大学東京( 以下「法人」という。) は、教育・研究活動を通して得られた知の成果を積極的に社会へ還元することにより、文化・産業の発展に寄与していく。このため法人は、知的財産の創出、取得、管理、活用という知的創造サイクルを円滑に実施できる体制を確立する。

第二 知的財産の創出

  1. 法人は、人材の育成及び研究環境の整備・充実等、積極的な方策を講じ、知的財産の創出を支援する。
  2. 法人は、企業及び公的機関との連携を図り、研究活動を更に活性化させることにより、知的財産の創出に努める。

第三 知的財産の取得と管理

  1. 法人は、職務発明となる知的財産を適切に評価、承継し、権利化することにより、産業界等において効率的に活用させるとともに、創出者個人の利益や権利を保護する。
  2. 法人に承継された知的財産は、適正に管理し、定期的にその財産的価値を見直す。

第四 知的財産の活用

  1. 法人は、知的財産を適切に公開し、積極的に活用を図る。
  2. 法人は、知的財産が産業界等で効率的に活用されるように、外部技術移転機関と協力するなど、積極的に技術移転を図る。
  3. 権利化された知的財産は、実施許諾や譲渡及びその他の手段により効果的かつ効率的に社会に還元していく。