【科研費】平成30年4月1日以降のエフォート管理について

文部科学省及び日本学術振興会より、科学研究費助成事業における平成30年4月1日以降のエフォート管理について、以下のとおり連絡がありましたので、ご確認をお願いいたします。



 平成30年4月1日より科学研究費助成事業においては、エフォートの管理をe-Radにおいて一元的に行うこととし、交付申請書等からエフォートに係る記入欄を削除し、交付内定後のエフォートの修正等の手続きを全てe-Rad上で行っていただくこととします。

 e-Radによるエフォート管理の一元化に伴い、科学研究費助成事業における交付内定の通知日の時点で、交付内定を受けた研究課題の研究代表者・研究分担者のうち、e-Rad上でエフォートの合計が100%を超過している研究者には、その旨を連絡する予定です。

 エフォートの合計が100%を超過しているとの連絡があった際は、交付申請書の提出までにe-Radに登録されているエフォートを修正してください。超過者が研究代表者又は研究分担者として参画している研究課題については、エフォートが100%を超過している状態が解消されるまで、交付決定を行わないこととします。

 研究分担者を追加する手続きにおいても、追加される予定の研究分担者本人にe-Radにエフォートを登録するよう連絡する予定です。

よろしくお願い申し上げます。

【本件連絡先】

○科学研究費助成事業におけるe-Radに関すること

  エフォートの修正方法に関すること

  文部科学省 研究振興局学術研究助成課

  科学研究費第一・二係 03-5253-4111(内線4087)

○科研費電子申請システムに関すること

  独立行政法人 日本学術振興会研究事業部

  研究助成企画課 システム管理係 03-3263-1107