平成28年度 EE教職員向け第1回 ワークショップ参加者募集

東京大学

The University of Tokyo

定員

30

平成28年度 EE教職員向け第1回 ワークショップ参加者募集

2日間

日時: 2016年7月25日(月) 13:00~ 7月26日(火) 15:00
場所: 東京大学本郷キャンパス 産学連携プラザ2F
対象者: EE教員研究開発支援者事業化支援者VCアクセラレータ等

東京大学 産学協創推進本部からアントレプレナー教員および事業化に向けての研究開発者を支援する方の皆様向けの下記3点を目指したワークショップのご案内です
① 研究開発者に代わり自らでも事業化構想を立案できるスキルの向上
② 研究開発者に対して適切なコーチングやメンタリングスキルの向上
③ 上記業務に従事する関係者の全国ネットワークの構築
参加をお待ちしております

◇◆◇  ~平成28年度第1回アントレプレナーEE教員のための教育プログラ
ム~ ◇◆◇

■スケジュール
<1日目> 7月25日

13:00-13:15 : 開催の挨拶東京大学 産学協創推進本部イノベーション推進
部長 各務茂夫教授
13:15-14:00 : 研究者からの研究概要説明

1)東京大学 先端科学技術研究センター森川研究室 鈴木誠助教大原壮太郎研究
員 多目的無線センサネットワーク基盤
http://www.mlab.t.u-tokyo.ac.jp/research/choco-2/

2)東京工業大学 未来産業技術研究所 長谷川晶一准教授 (仮)以心電心コミュ
ニケーション
http://haselab.net/researches

3)大阪大学 基礎工学研究科 久武信太郎助教 (仮)テラヘルツ波の可視化技術

https://www.youtube.com/watch?v=0wLZVnHqYTU
14:00-14:45下記事項について一人一人でまとめる
担当テーマの適正について
事業構想立案前に現状認識すべき事項について
結果発表とチーム形成

休憩

15:00-17:00 : 3人の研究者にインタビューしながら当初の研究者のビジネス
プランの改善を図る

17:00-18:00: 中間結果報告
研究者側ビジネスプラン改善点参考になってEE教員からの指摘事項
EE教員側メンタリングコーチングで工夫した点課題と明日の対応

18:30-20:30 : 懇談会

<2日目> 7月26日
9:30-9:45
東京大学 産学協創推進本部イノベーション推進部長 各務茂夫教授 
メンタリングコーチングの勘所

9:45-11:00
ビジネスプランをブラッシュアップ

11:30-14:00昼食時間含む
プロの投資家への2グループ対抗ビジネスプラン発表
審査委員SARRS松田一敬様クリエイブル瀬川秀樹様
産業革新機構安永謙様

14:00-15:00
参加EE教員から本プログラムに関する感想コメント全国ネットワーク
の構築に向けてのご意見発表
■費用無料

■定員および対象者15-30名EE教員研究開発支援者事業化支援者VC
アクセラレーター等

■主催EDGEプログラム文部科学省補助事業東京大学産学協創推進本部

■協力大阪大学産学連携本部東京工業大学産学連携推進本部

■申込みhttps://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/eeworkshop/

■問い合わせ東京大学産学協創推進本部 宮脇守
E-mailedgeee@ducr.u-tokyo.ac.jp
電話03-5841-1492

首都大学東京 新技術説明会を開催します。

概要

日 時 2016年07月05日(火) 13:30~15:55(13:00 開場)
会 場 JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
map
参加費 無料
主 催 科学技術振興機構、首都大学東京

プログラム

1.医療・福祉透明高効率紫外(ナローバンドUVB)蛍光ガラス
13:30-13:55
梶原 浩一
首都大学東京 都市環境科学研究科 分子応用化学域 准教授
13:55-14:00
休憩(5分)
2.医療・福祉新規な電気エネルギーフリーマイクロポンプとその投薬システムへの応用
14:00-14:25
楊 明
首都大学東京 システムデザイン研究科 知能機械システム学域 教授
14:25-14:30
休憩(5分)
3.環境磁気特性及び吸着特性に優れた磁性活性炭の開発と、これを用いた磁気分離による水浄化システム
14:30-14:55
三浦 大介
首都大学東京 理工学研究科 電気電子工学専攻 教授
14:55-15:00
休憩(5分)
4.医療・福祉液液界面と管内二次流れを活用した細胞・粒子にやさしい分離・分級法
15:00-15:25
小原 弘道
首都大学東京 理工学研究科 機械工学専攻 准教授
15:25-15:30
休憩(5分)
5.医療・福祉組織内の水・脂肪・硬さの画像を同時に得る磁気共鳴撮影装置
15:30-15:55
沼野 智一
首都大学東京 人間健康科学研究科 放射線科学域 准教授

詳細・お申込み

詳細・お申込みに関しましては、新技術説明会 ウェブサイトよりご確認ください。

公開シンポジウム「水素社会のもたらす未来をのぞいてみよう」

a40e67ccc77882a5c5a674770c39425e

開催概要

タイトル公開シンポジウム「水素社会のもたらす未来をのぞいてみよう」
日 時2016年5月13日(金)
時 間18:30~21:00
会 場東京都庁 都議会議事堂1階 都民ホール
〒163-8001
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
参加費無料(要事前申込)
定 員200名(先着・定員になり次第終了)
主 催首都大学東京 水素エネルギー社会構築推進研究センター
共 催東京都環境局、首都大学東京 総合研究推進機構
A4チラシシンポジウムチラシ

第1部:なぜ水素なのか?水素社会のもたらす未来について

水素エネルギーが地球温暖化を止める
川上 浩良
首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 教授/学長補佐
水素社会の実現に向けた東京都の取り組み
小川 謙司
東京都 環境局 地球環境エネルギー部
都市エネルギー推進担当部長
水素を造る/運ぶ/使う総合技術の構築に向けて
金村 聖志
首都大学東京 水素エネルギー社会構築推進研究センター長
大学院都市環境科学研究科 教授

第2部:水素社会の実現に向けて -最先端の事例紹介-

水素の大規模貯蔵輸送技術と今後の展望
岡田 佳巳 氏
千代田化工建設会社
技術開発ユニット 兼 水素チェーン事業推進ユニット 技師長
低炭素社会に向けたトヨタ自動車のチャレンジ
佐野 誠治 氏
トヨタ自動車株式会社 技術統括部 担当部長

お申込み

お申込みはコチラ

TMU-TSU Joint Symposium 2016

Joint-symposium

About TMU-TSU Joint Symposium 2016

TMU-TSU Joint Symposium 2016 will be held at the International House in Tokyo Metropolitan University, Tokyo, Japan for the period of 16-17 May 2016.

The symposium theme is set as “Human Environmental Sciences” with the focus on “Urban Sociology and Urban Planning” and “Bio-Climate-Land Interaction.”

Tokyo Metropolitan University (“TMU”) and Tomsk State University (“TSU”) of Russia concluded the Agreement in June, 2015, with the aim of promoting academic cooperation and exchanges of academic staff and students. In this joint symposium, we will present research work and achievements made by researchers of both universities in the common fields TMU and TSU share as well as on the challenges and issues that Tokyo and Tomsk state face. During the symposium we will also discuss the future prospects on the possible collaborations between two universities and seek to expand the partnership and contribute to our local communities of each and the broader community.

We welcome any and all who are interested in the above mentioned focused areas of research as well as in learning about TMU and TSU. Looking forward to meeting you at Tokyo Metropolitan University!

Event Outline

Date
May 16 (Mon.) – May 17 (Tue.), 2016
Venue
International House, Tokyo Metropolitan University, JAPAN
Capacity
120
Fees
Registration: Free
Reception on 16th: JPY 3,000
Sponsor
Tokyo Metropolitan University TMU-TSU Joint Symposium Organization Committee
Cosponsors
Tomsk State University
Cosponsors_logo

TMU-TSU Joint Symposium Organizing Committee

Chair
Jun Ueno (President, Tokyo Metropolitan University)
Co-Chair
Eduard V. Galazhinskiy (Rector, Tomsk State University)
Members
  • Takayuki Sumiyoshi (Vice President for Research, Tokyo Metropolitan University)
  • Mitsuru Ebihara (Vice President for International Affairs, Tokyo Metropolitan University)
  • Artyom Rykun (Vice Rector for International Affairs, Tomsk State University)

Local Organizing Committee (Tokyo Metropolitan University)

Chair
Takayuki Sumiyoshi (Vice President for Research, Tokyo Metropolitan University)
Members
  • Mitsuru Ebihara (Vice President for International Affairs, Tokyo Metropolitan University)
  • Kazushi Tamano (Tokyo Metropolitan University)
  • Jun Matsumoto (Tokyo Metropolitan University)
  • Makiko Watanabe (Tokyo Metropolitan University)
  • Tohru Yoshikawa (Tokyo Metropolitan University)
Secretariats
Yuki Hirose (Tokyo Metropolitan University)

Important dates and deadlines

  • Abstract submission for both oral and poster presentation : April 18, 2016
  • Participants registration: May 12, 2016
  • Participants attending Reception on 16th,please register by May 6,2016
  • Oral Presentation data submission: May 11, 2016

Program

Please note that the symposium will be in English. The simultaneous interpretation will not be provided.

Monday, May16, 2016
9:00- 9:30 Registration
9:30- 9:50 Opening Remark and Introduction of TMU
9:50-10:10 Opening Speech and Introduction of TSU
10:10-10:30 Group Photo & Coffee break
10:30-13:05 Session I: Urban Sociology & Urban Planning
13:05-14:15 Lunch Break
14:20-17:05 Session II: Bio-Climate-Land Interaction
15:50-16:05 Coffee break
17:15-18:15 Poster Session
18:30-20:00 Reception at the restaurant Lever son Verre inside International House
Tuesday, May17, 2016
10:00-11:00 Roundtable discussions within each research area
11:00-11:15 Coffee Break
11:15-12:00 Wrap-up Meeting: “TSU-TMU Future Collaboration”
12:00-12:15 Closing Remarks

Registration

Please register to participate in the symposium from the following “Registration Form”.

“Confirmation e-mail” will be sent to your address. Please bring a “confirmation email” in printing to the symposium registration desk. Participants without registration are acceptable but note the limited seats for the sessions.

Those who are attending the Reception on 16th, please pay the fee in JPY CASH at the registration desk.Participants without registration are not acceptable for the Reception.

Registration Form

Presentation Guideline

Please read the following “Presentation Guideline” before you start to create your presentation materials and posters.

Presentation Guideline

Abstract Submission (For Presenter of Oral/Poster Sessions)

Please download the “Abstract form” from the following link. This is a common format for oral and poster sessions. Pleases submit the form via E-mail to: 16sympo@tmu.ac.jp by April 18, 2016.

Abstract form (word)

Accommodation

Kindly book your hotel be yourself except invited presenters and participants. There are no hotels in Minami-Osawa, and one of the best nearby hotels is Keio Plaza Hotel Tama Tama, located within a few minutes’ walking distance from Keio-tama-center station. Some reasonable price hotels are located near Hashimoto station.

Access & Travel Information

Venue
International House at Minami-Osawa Campus of Tokyo Metropolitan University
Address
1-1 Minami-Osawa, Hachioji-shi, Tokyo, 192-0397 Japan
Campus map
International House is a 15-minute walk from Minami-Osawa Station, Keio Line.
Minami-Osawa Campus
Access map
Campus Location of Tokyo Metropolitan University
Transportation

From Narita Airport to Minami-Osawa

  1. Narita Airport St. → [JR Narita Express / 77min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), Semi-Special Express (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou) Train / 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center St. for Keio Plaza Hotel Tama)
  2. Narita Airport St. → [Keisei Skyliner / 36min.] → Nippori St.[JR Yamanote Line Anti-clockwise direction (Uchi-mawari) / 22min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou) Train / 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center St. for Keio Plaza Hotel Tama)
  3. Narita Airport → [Limousine Bus / 140-170min.] → Minami-Osawa (Tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)

From Haneda Airport to Minami-Osawa

  1. Haneda Airport St. → [Keihin Kyuko Line / Shinagawa-bound / 19min.] → Shinagawa St.→ [JR Yamanote Line Clockwise direction (Soto-mawari) / 19min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou)  Train/ 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)
  2. Haneda Airport → [Limousine Bus / 120-150 min.] → Minami-Osawa (Tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)

Contact

For any questions or inquiries, please contact the secretariat in the below.

Secretariat, LOC
Yuki Hirose, Tokyo Metropolitan University
1-1 Minami-Osawa, Hachioji-shi, Tokyo, Japan 192-0397
Phone +81-42-677-2717
E-mail: 16sympo@tmu.ac.jp


【EDGE】エッジコンペ2016発表会 オーディエンス募集のお知らせ(2月28日(日)虎ノ門ヒルズ)

EDGE program

Day2 プレゼンテーション観覧者募集中
お申込みはこちら

開催概要

エッジコンペアイデアの内容だけではなくアイデアの出し方や実現に向けた活動計画も評価される新しいスタイルのアイデアコンペですよいアイデアに必要な要素としての技術の視点人の視点この二つの視点を個人としてチームとしてバランス良くあわせもった上でのアイデアの創出を期待しています
テーマは2016 年 2 月 14 日のキックオフワークショップにて発表されチームごとに2週間後の発表会までにアイデアを創出してもらいます

2 週間の時間の使い方は自由です自分たちが得意な技術の活用を前提に計画を立てるチームやまずフィールド観察やインタビュー調査を実施するチームもあるでしょう
いずれにしても如何にして新規性と社会的インパクトがあり実現可能性が高い有望なアイデアを出すかそのアイデア創出プロセスにも戦略性を持って時間を過ごすことが求められます

スケジュール

Day1 キックオフ ワークショップ

2016 年 2 月 14 日13:00-17:00
東京大学農学部キャンパス弥生キャンパス
セイホクギャラリー

テーマ発表Day1 だけの即席チームにてアイデア創出プロセスの検討と全体共有Day2 に向けた情報提供プレゼン要件審査基準等

Day2 プレゼンテーション

2016 年 2月 28 日13:00-18:00
虎ノ門ヒルズ 4F ホールB

プレゼンと質疑応答 15 分/チーム交流会授賞式

テーマ

具体的なテーマはキックオフワークショップの当日に公開されますこれからの社会を洞察した際に事業的側面での有望性のみならず社会的側面でも課題となっているものですまたアイデアの質を高めるためには科学技術の活用に加えフィールド観察やインタビューなどを通じた人間視点の考え方が強く求められるものとなっています

テーマの関連トピック

  • 科学技術情報通信技術医療介護機械工学安全移動ロボティクスなど人間工学生理学心理学脳科学など都市工学環境学など
  • 人間視点食生活移動交通ヘルスケア子育てや介護防災防犯国際化地域コミュニティ働き方など

Gold award(1チーム)

  • 総合的な視点で最も優れたアイデアを表彰
  • 2016 年 3 月下旬に予定の東京大学 i.school 教職員学生が参加する欧州イノベーション拠点フィールド調査に招待されます

Silver award(2 チーム)

  • 科学技術の活用が特に優れたアイデア人間視点での洞察が特に優れたアイデアをそれぞれ 1 チームずつ表彰
  • アカデミーヒルズ会員制ライブラリーの利用権6 ヶ月分が贈呈されます
    アカデミーヒルズとは?

審査員

堀井秀之教授 | 審査委員長

i.school エグゼクティブディレクター
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授

1980 年東京大学工学部土木工学科卒業ノースウェスタン大学大学院修士課程博士課程修了専門は社会技術論国際プロジェクト論イノベーション教育論i.school エグゼクティブディレクターとしてi.school 運営を統括する東京大学知の構造化センターではセンター長として分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進著書に問題解決のための社会技術中公新書社会技術論問題解決のデザイン東京大学出版会など

アンティ ソンニネン氏

SLUSH ASIA 代表

フィンランド生まれアールト大学卒2012 年にスマートフォン向けゲーム Angly Birds シリーズを制作するロビオエンターテイメント社の日本法人立ち上げのため来日2014 年に日本のスタートアップ企業である Beatrobo 社に COO として参画2015 年にはフィンランド発のグローバルスタートアップイベントである “SLUSH” 運営チームとともに“SLUSH ASIA” を初開催プログラムは英語で行われ200 以上のスタートアップ企業100 以上のベンチャーキャピタル300 名以上のボランティアが参加し総来場者数は 3000 人を超えた

北川清氏

森ビル株式会社
取締役 常務執行役員

1984 年芝浦工業大学工学部を卒業後森ビル株式会社入社都市開発事業本部執行役員営業本部オフィス事業部統括部長を経て2013 年 6 月より現職都市開発本部計画統括部開発統括部担当として新橋虎ノ門地区赤坂六本木地区他の再開発事業の計画を統括する

永井一史氏

アートディレクター/クリエイティブディレクター
株式会社 HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長
多摩美術大学教授

1985 年多摩美術大学美術学部卒業後博報堂に入社2003 年デザインによるブランディングの会社 HAKUHODO DESIGN を設立様々な企業商品のブランディングやコミュニケーションデザイン手掛けているクリエイターオブイヤーADC 賞グランプリ毎日デザイン賞など国内外受賞歴多数2015 年度グッドデザイン賞審査委員長

長谷川博和教授

早稲田大学大学院ビジネススクール教授
グローバルベンチャーキャピタル株式会社会長

日本ベンチャー学会理事学術博士公認会計士証券アナリスト1984 年 野村総合研究所 入社後主任研究員として 企業調査部にて自動車産業の証券アナリストとして産業分析企業分析を行った1993 年からは日本最大のベンチャーキャピタルである(株)ジャフコ投資調査部に出向し今後の日米の成長分野成長企業を包括的にまとめると共に主要投資候補先投資先に対する経営アドバイスを実施してきた1996 年に野村総合研究所退社後グローバルベンチャーキャピタル株式会社を設立し代表取締役就任現在会長スタートアップ段階の企業育成を得意としており出資だけでなく取締役監査役就任などベンチャー企業の経営に数多く参画している

浜田敬子氏

株式会社朝日新聞出版
AERA 編集長

山口県生まれ1989 年上智大学法学部国際関係法学科卒業後朝日新聞社入社前橋仙台支局週刊朝日編集部を経て1999 年から AERA 編集部主に雇用問題や女性の生き方国際ニュースなどを取材同副編集長編集長代理を経て2014 年 4 月から AERA 編集長テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー火曜日コメンテーターや BS 朝日インタビューのインタビュアーを務めるほかダイバーシティーや働き方に関する講演も多数

応募資格

  • 学生および若手社会人
    特に技術研究を行う大学院生や社会人研究者の参加を歓迎します
  • 参加形態はグループ3-5 名もしくは個人
  • グループ応募と個人応募の併願も可能です

個人参加の場合

  • エッジコンペ事務局にて 3-5 名にチーム編成を行い1つのチームとしてコンペに参加していただきます

その他の参加条件

  • Day12/14午後東京都内で行われるキックオフワークショップに参加できる事個人参加者はチーム編成も行うため必須参加ただしグループ参加の場合はメンバーの都合がつかない場合や遠隔地在住の場合は代表者のみでも可能
  • 発表会までの期間中にチームメンバーと連絡を取り合いアイデア創出とプレゼン準備を行えること
  • Day22/28午後東京都内で行われる発表会に参加できる事必ずチームメンバーの大半は参加すること

参加定員

10 チーム3-5 名 / チーム程度合計 50 名程度
*定員を上回る応募があった場合には事務局にて書類選考を行います

参加費

無料

応募締切り

2016 年 1 月 4 日正午

応募方法

オンライン応募フォームより内容を記入し応募

知的財産の取り扱いに関する留意点

アイデアに活用する科学技術は問題を避けるためにも今回は既に公開されたものにしてもらいます公開された科学技術学会発表論文特許などで一般に公表されたもの

アイデアに関する知的財産権はチーム構成メンバーに帰属しますが印刷物WEB 掲載などEDGE プログラムの広報に関する知的財産権使用の権利は主催者も有するものとします

問い合わせ先

info<at>edgeprogram.jp
エッジコンペ 2016 運営事務局担当中山

開催組織

主催EDGE プログラム文部科学省補助事業
企画東京大学
協力森ビル株式会社

国際ワークショップ開催のお知らせ 【主催】国立遺伝学研究所知的財産室 ABS学術対策チーム 

 遺伝資源へのアクセスと利益配分は提供者と利用者の二者間の契約が基本である。どのように合意するかの基本原則について世界的に合意したのが生物多様性条約であり、アクセスと利益配分の原則に特化してより明確にしたのが名古屋議定書である。

 基本原則は、提供者が属する国が主権的権利を持っているためその国の制度を遵守することである。提供国のアクセスと利益配分制度は、生物多様性条約および名古屋議定書の基本原則を逸脱してはいけないが、それぞれの国情に応じて独特のものを作ることが可能である。

 遺伝資源へのアクセスと利益配分について制度を明確に持っている国は少なく、いまだ不完全な制度や他の目的のために作られた法令を流用している場合が多い。そのため、実際のアクセスと利益配分は現実的な経験に基づく対応を行っている場合が多い。このような不透明な状況に対応し、遺伝資源のアクセスと利益配分に関する当事者間で合意を得るためには、提供者側の制度を理解することとアクセスと利益配分の経験を共有することである。

 インドネシアは名古屋議定書に批准しており、アクセスと利益配分に関する国内措置を構築中である。制度が移行中であるため、アクセスと利益配分は不透明な状況になっている。そ現行制度と新制度設計の両方を理解することが求められ、実際にインドネシアの遺伝資源にアクセスする場合には、日本のアクセス経験者の事例とインドネシア政府の新制度設計担当者の説明を受けたうえで、新制度への学術界の要望を伝えることが重要である。

 今回、インドネシア政府からアクセスと利益配分制度を設計中の担当者、研究所や大学のアクセスと利益配分の担当者を招き、インドネシアのアクセスと利益配分の新制度について説明を受け、更に日本とインドネシアの共同学術研究を実施している研究者に現在のアクセスと利益配分制度の体験談の紹介とインドネシアの担当者に日本の研究者の要望を伝える場を設定する。

主催

ABS学術対策チーム
(国立遺伝学研究所)

関連リンクLinkIcon

 

 

2/17(水)首都大・りそな中小企業振興財団 技術懇親会「IoT活用で見えてくる未来社会を考える」を開催します!(終了しました)

首都大学東京 技術懇親会のご案内
IoT活用で見えてくる未来社会を考える

この度、首都大学東京 日野キャンパスにおいて技術懇親会を開催します。今回は、本学の3名の教員により、IoT活用について下記テーマで講演を行います。また、参加者全員による交流会の時間も設けておりますので、本テーマに関心をお持ちの皆様へ、ビジネスの一助となりますようご案内申し上げます。

日 時平成28年2月17日(水)13:30~18:30
会 場首都大学東京 日野キャンパス 2号館 2階 A講義室(日野キャンパス地図の2番
〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
※お車でのご来場はご遠慮下さい。
入場料無料(交流会を含む)
募集対象中堅・中小企業製造業の経営者および技術担当者の方を優先します。
定 員80名程度(先着順) ※定員になり次第締め切ります
申込方法参加申込書 をE-mail(staff@resona-fdn.or.jp )に添付送信するか、またはFAX(03-3444-9546 りそな中小企業振興財団宛)にて送信してください。
募集締切平成28年2月15日(月)※ただし定員になり次第、締切
主 催公立大学法人 首都大学東京
公益財団法人 りそな中小企業振興財団

講演日程・内容

開会 主催者挨拶・次第説明

13:30~

「IoT/M2M サービスを支える情報ネットワーク技術」

13:40~14:20

システムデザイン学部 経営システムデザインコース 朝香 卓也 教授

概要:本講演ではIoT/M2Mサービスを支える情報ネットワーク技術として注目されているセンサネットワークやすれ違い通信等について概説し、講師が現在取り組んでいる甚大災害の検出を想定したイベント駆動型センサネットワークやP2P型センサネットワーク、さらには緊急情報配信のためのすれ違い通信技術等について紹介します。

略歴:1990年早稲田大学 大学院理工学研究科修士課程修了 同年 日本電信電話㈱入社、2002年京都大学 大学院情報学研究科・通信情報システム専攻助教授、2010年首都大学東京 システムデザイン学部 教授 現在に至る。通信ネットワークのトラヒック制御および設計に関する研究に従事。博士(国際情報通信学)

「バイオメトリクスと UX/UI メトリクス」

14:20~15:00

システムデザイン学部 経営システムデザインコース 西内 信之 准教授

概要:ネットワークに接続される様々なデバイスとユーザの間で近年注目される重要な要素が、ユーザを認証するバイオメトリクスと、ユーザの使いやすさや体験を測定して評価するUX/UIメトリクスです。本講演では、これらに関連する事例を紹介します。

略歴:1997年神奈川大学 工学部経営工学科助手、2004年横浜国立大学 大学院工学研究科 生産工学専攻 博士(工学)、2005年首都大学東京 システムデザイン学部 准教授 現在に至る。

休憩(10分)

「動画像解析技術による映像活用の可能性を探る」

15:10~15:50

システムデザイン学部 情報通信システムコース 田川 憲男 教授

概要:カメラ撮影系が容易に構築可能となり、映像はIoTにおける中心的な情報となっています。また、見守りや車の自動運転など、動画像解析の重要性・利便性が謳われています。本講演では、個人認証、スポーツ解析、超音波診断への動画像解析の応用を紹介しながら、映像の高付加価値化について考察します。

略歴:1989年東京工業大学 総合理工学研究科 修士課程修了 富士通研究所勤務、1992年都立大学助手・博士(工学)、2007年首都大学東京 システムデザイン学部 教授 現在に至る。

見 学 会 新研究棟を中心とした研究室ツアー

16:00~17:15

交 流 会 参加者全員による立食形式の懇親会(14号館 食堂)

17:15~18:30

※懇親会では飲食を伴いますが、お車でお越しの方にはアルコール類の提供を致しませんのでご了承ください

お申し込み・お問い合わせに関しまして

今回の「技術懇親会」の募集は、りそな中小企業振興財団にて取りまとめております。

りそな中小企業振興財団ホームページでも詳細をご確認いただけます。(※平成27年度の実施内容の第7回になります。)

お申込み方法

参加申込書 をE-mail(staff@resona-fdn.or.jp )に添付送信するか、またはFAX(03-3444-9546 りそな中小企業振興財団宛)にて送信してください。

お問合せ先

りそな中小企業振興財団 事務局 担当者:金井 洋一
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-2-1 目黒センタービル4F
TEL:03-3444-9541 FAX:03-3444-9546
URL:http://www.resona-fdn.or.jp/ E-mail:kanai@resona-fdn.or.jp

平成27年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会の開催について

文部科学省よりイベントのお知らせがありました。

つくばプロモーションイベントの開催について “君はこのテクノロジーで未来をイメージできるか?”

平成27年11月18日

 つくば地域におけるイノベーション・エコシステムの構築に向けて、企業や投資家の意見を取り入れ、従来の成果発表会とは異なった、魅力的なビジネスプランの提示や社会的価値を提案していくことを主眼としたイベントを試行的に実施します。
 企業や投資家と研究者をつなぎ、イノベーションの創出を生み出すイベントです。
 今回は、「Future ROBOTICS Forum」として、ロボティクス分野の技術シーズに着目した提案を行います。また、つくばのテクノロジーを心と体で感じていただけるような体験イベントもあります。

 本イベントは、文部科学省の委託事業として筑波大学が実施するもので、企業や投資家に対して、魅力的・効果的に技術シーズを紹介するイベントに必要なプログラムの要素・構成や、その効果について調査(検証)することを目的として行います。

*イノベーション・エコシステムとは
生態系システムのように、それぞれのプレイヤーが相互に関与してイノベーションを創出するシステム

1.主催

文部科学省

2.日時・場所

日時:平成27年11月27日(金曜日)12時30分-17時30分
場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室(東京都文京区)

3.参加無料(先着順・事前登録制)

つくばプロモーションイベント「Future ROBOTICS Forum」(概要)

Future ROBOTICS Forumでは「ロボティクスが支える未来を語る」をテーマに2つのkeynote(講演)の他、CAST(研究者等)による魅力的なビジネスプランの提示、社会的価値の提案を行います。企業や投資家と研究者をつなぎ、イノベーションの創出を目指したエンターテイメント性のあるイベントです。

1.主催

文部科学省

2.日時・場所

日時:平成27年11月27日(金曜日)12時30分-17時30分
場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室(東京都文京区大塚3丁目29-1)

3.プログラム

12時00分 受付開始
12時30分 開会     “グラインダーマン” Opening performance
12時35分 開会挨拶  永田 恭介 筑波大学長
12時40分 主催者挨拶 川上 伸昭 文部科学省 科学技術・学術政策局長

keynote 1  12時45分-13時20分
「革新的サイバニックシステムによる未来開拓最前線~ソーシャルイノベーションと新産業創出 ~」
山海 嘉之
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授、
筑波大学 サイバニクス研究センター センター長、
CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO、
内閣府ImPACT革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー

keynote 2 13時20分-13時50分
「ロボティクスが支える未来のスマート社会像」 
横山 恭一郎  
野村證券株式会社 投資情報部 グローバル戦略課 エクイティ・マーケット・ストラテジスト

CAST 1 13時50分-14時20分
田中 文英 「高齢者と子供をつなぐロボット技術」
筑波大学 システム情報系 准教授

CAST 2 14時20分-14時50分
田中 秀幸 「高精度マーカとカメラによる簡易な位置姿勢計測システム」
産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター 主任研究員 博士(工学)

CAST 3 14時50分-15時20分
川喜多 仁 「湿気を判別するセンサー」
物質・材料研究機構 MANA-ナノマテリアル分野 ナノエレクトロニクス材料ユニット MANA研究者  博士(工学)

15時20分-15時40分 休憩 “PIXIE DUST” performance

TCC Pitch 15時40分-15時50分
(1)筑波クリエイティブキャンプ
起業プラン発表会最優秀賞者によるプレゼンテーション 「オリジナルヒーローキャラクター“舞神ソーランドラゴン”によるキャラクタービジネス&教育事業で世界英雄(ヒーロー)化計画」
(2)末広 峰政  筑波大学産学連携部長「アントレプレナー教育について」

CAST 4 15時50分-16時20分
Tomasz M., RUTKOWSKI
「Brain-computer/machine interface (BCI/BMI) neurotechnology for thought-based robot control and communication」
筑波大学 システム情報系 講師

CAST 5 16時20分-16時55分
酒井 宏  「脳科学から見えてくる新世代の人工知能:大脳皮質からディープラーニングへ」
筑波大学 システム情報系 教授

CAST 6 16時55分-17時25分
鈴木 健嗣 「車椅子のライフスタイルを変えるパーソナルモビリティ」
筑波大学 システム情報系 准教授

講評 宮本 岩男 経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進室長

閉会挨拶 坂本 修一 文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長

18時00分-19時00分 レセプション 茗渓会館
開会挨拶 住川 雅晴 つくばグローバル・イノベーション推進機構理事長

4.参加費

無料(ただし、レセプションの会費は3,000円)

5.参加登録・お問合せ先

つくばプロモーションイベント(※筑波大学産学連携本部のウェブサイトへリンク)の参加登録フォームより登録してください。

または、メールにて(1)氏名、(2)所属、(3)職名、を明記し、「Future Robotics Forum参加申込」のタイトルで次のアドレスまでお送りください。 tecosystem@ilc.tsukuba.ac.jp

※定員に達し次第、締め切りさせていただきます。
プログラムの内容は変更になる場合がございます。予めご了承願います。

お問合せ先:筑波大学産学連携部産学連携企画課(企画・調整)
担当/矢田部・稲見 電話番号:029-859-1489 メールアドレス:tecosystem@ilc.tsukuba.ac.jp

お問合せ先

科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課

研究交流管理官 塚本圭二、谷本順矢
電話番号:03-6734-3855(直通)

(科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課)