産学公連携ポリシー

第一 基本理念

公立大学法人首都大学東京(以下「法人」という)は、「大都市における人間社会の理想像の追及」をその使命として掲げている。法人における産学公連携の取組みは、こうした法人の使命の実現に向けて、首都東京に集積する資源を最大限活用した教育研究を推進し、大都市が抱える課題の解決と大都市の持続的発展に貢献することにより、都のシンクタンクとしての役割を果すとともに、東京に立地する大学や研究機関等と連携し、地域社会の発展に貢献していくことを目的とするものである。

第二 産学公連携の基本的視点

基本理念を実現するため、以下の視点から産学公連携を推進する。

  1. 産学公連携の重要性に鑑み、法人の使命として戦略的に取り組む。
  2. 研究成果による社会貢献・産業の活性化の視点から、共同研究、技術移転等をとおして企業等との幅広い連携を構築していく。
  3. 都民への知の還元として、東京都との連携施策の実施等をとおして都のシンクタンクとしての機能を積極的に果たしていく。
  4. 大都市東京に立脚した、地域に開かれた高等教育機関として地元自治体やNPOなどとの連携を広く行って社会貢献を図っていく。

第三 法人における産学公連携の取組み

これらの基本的視点に基づき、本学は産学公連携に係る以下の取組みを行う。

  1. 産学公連携センターを設置し、大学等の産学公連携活動の支援を行うと共に、産学公連携の意義に適う研究・事業を積極的に推進するため、産学公連携の視点からの重要的プロジェクトを企画・実施する。
  2. 社会への貢献と研究活動の活性化という視点から、外部資金による研究・事業を積極的に担っていく。
  3. 開かれた高等教育機関としての社会貢献を進めるため、産学公連携ネットワークを広く構築していく。
  4. 法人の学術研究成果を広く社会に還元するため、知的財産を有効・適切に管理・活用し、技術移転を積極的に推進していく。
  5. 法人のすべての知的資源を活用して産業振興に向けた多面的な取組みを行っていく。