民間財団等研究助成のカテゴリー別検索画面です。

調べたいカテゴリーのタブをクリックすると、カテゴリーの一覧が表示されます。

締め切り迫る!

No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018254
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同起用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2月18日(月)17時必着
電子ファイルにて送付
2019年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクト ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
実践プロジェクト:
インキュベーション研究(100万円)
予備研究400万円
コアプロジェクト:
コア予備研究:100万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
2018063
ライフサイエンス
公益財団法人 山田科学振興財団 2019年2月22日(金)財団必着 国際学術集会開催助成

研究助成・開発課題の募集

※注意事項

機関の承認が必要な申請については、各部局の研究助成担当者へ早めにご連絡ください。
(手続きの都合上お時間がかかる可能性がございます)

No. の数字をクリックすると「募集一覧」の該当する公募情報に移動します。

No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018267
健康福祉ライフサイエンス
武田薬品工業株式会社 第一回締切:
3月29日(金)
Web申請

第二回締切:
6月28日(金)
Web申請
研究公募 COCKPI-T® Screening
2018266
エネルギーナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人永守財団 5月15日(水)
当日消印有効
研究助成2019 ・申請受け付けは2月12日からです。
・所属機関、所属研究室 等の上席者による承諾書が必要です。
【助成金額】
100万円/1件
2018265
情報通信
公益財団法人 大川情報通信基金 3月29日(金)
郵送必着
2019年度大川賞・大川出版賞 推薦者の資格等について、特に制限はありません。
【助成金額】
大川賞:賞状ならびに副賞として金メダル、賞金1000万円を贈呈
大川出版賞:著者に対して賞状ならびに副賞として銀メダル、賞金100万円を贈呈。出版者に対して、賞状および賞牌を贈呈
2018264
環境都市基盤
一般財団法人水源地環境センター 4月5日(金)18:00
e-mail必着
WEC応用生態研究助成 【助成金額】
研究1件につき年度100万円以内
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018261
情報通信
公益財団法人NEC C&C財団 2月28日(木)
e-mail必着(郵送は不可)
国際会議論文発表者助成 ・推薦者は助成候補者の指導教員とします。
【助成金額】
1件あたり12~25万円
2018260
人文
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立民族学博物館 4月12日(金)までにメール添付で提出 平成31年度国立民族学博物館共同研究 申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
2018259
情報通信
国立大学法人北海道大学 情報基盤センター 3月1日(金)~4月5日(金)郵送・先方必着 2019年度北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究 ●研究代表者又は研究分担者の少なくとも1名は、当該センター内の教員(特任教員を含む。)
A)計算資源利用型:当該センターの大型計画計算機システム計算資源利用負担金を最大50万円内で補助
B)研究集会開催支援型:当該センター主催の研究集会を北海道大学で開催するための旅費、講演謝金などを最大30万円内で補助
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018257
情報通信
公益財団法人大川情報通信基金 3月20日(水)郵送・財団必着 2019年度 研究助成 【助成金額】
1件あたり100万円
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018255
ナノテク・材料
国立大学法人 東北大学 電気通信研究所 第1期:2月28日(木)
Web申請
平成31年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究 ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
2018254
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同起用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2月18日(月)17時必着
電子ファイルにて送付
2019年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクト ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
実践プロジェクト:
インキュベーション研究(100万円)
予備研究400万円
コアプロジェクト:
コア予備研究:100万円
2018253
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月8日(金)24:00
Web申請
2020年度研究助成 【助成金額】
⑨ビジョナリーリサーチ助成(スタート):1件200万円
⑩ビジョナリーリサーチ継続助成(ホップ):1件500万円
⑪ビジョナリーリサーチ継続助成(ステップ):1件1,000万円
⑫ビジョナリーリサーチ継続助成(ジャンプ):1件3,000万円
2018252
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月15日(金)24:00
Web申請
2019年度研究助成 【助成金額】
①生命科学研究助成:1件1,000万円
②ライフサイエンス研究助成:1件200万円
③ライフサイエンス研究継続助成:1件300万円
④医学系研究助成:1件200万円
⑤医学系研究継続助成:1件300万円
➅薬学系研究助成:1件200万円
⑦薬学系研究継続助成:1件300万円
⑧特定研究助成:1件5,000万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
星2018248
ナノテク・材料
一般社団法人茨城県科学技術振興財団 産学公連携センター締切:2月28日(木)
3月15日(金)必着
第16回江崎玲於奈賞候補の推薦 ●学長の推薦が必要です。
産学公連携センター 山下宛てに以下提出物を産学公連携センター締切までにご提出ください。
・推薦書1部
・添付資料を41部
・添付資料データ
添付資料データ送付先:
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えて下さい。
●本学から推薦件数は3件までです。
3件以上の応募があった場合
産学公連携センターにおいて調整させていただきます。
【助成金額等】
賞状、賞牌及び副賞(1000万円)
2018246
情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス
みらか中央研究所 4月30日(火)16時までweb申請 みらいを加速するヘルスケア研究公募 申請は3月1日からです。
【研究費・採択数】
1件200万円、最大8件
(採択数に達し次第、募集期間締切前に募集終了する場合があります)
2018241
人文ライフサイエンス
公益財団法人 三島海雲記念財団 2月28日(木)郵送必着 2019年度学術研究奨励金 ・学部(研究科)長の推薦が必要です。
「共同研究奨励金」の推薦件数は各学部(研究科)につき1件です(「個人研究奨励金」の推薦件数は複数可)。
【助成金額】
人文科学部門、自然科学部門ともに
(A)個人研究奨励金・・・1件100万円
(B)共同研究奨励金・・・1件200万円~500万円
2018231
経営・経済
公益財団法人 生命保険文化センター 4月30日(火)必着 2019年度生命保険に関する研究助成 大学院生の場合は指導教官による推薦書を添付してください。
【助成金額】
1件につき50万円を上限
2018230
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス
一般財団法人サムコ科学技術振興財団 3月15日(金)必着 第3回サムコ科学技術振興財団薄膜技術に関する研究助成募集 申請は2月1日(金)からです。
所属長(教授以上の職位)の推薦書および所属機関長(専攻長または研究科長以上の職位)の承諾書が必要です。
【助成金額】
1件200万円(5件程度)
2018222
ナノテク・材料ライフサイエンス
日本ロレアル株式会社 2月28日(木)
メール送信
2019年度第14回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 ・指導教員の推薦状が必要です(1人の指導教員につき推薦可能な学生は3名までです)
【助成金額】
賞状および奨学金100万円
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
2018092
人文ライフサイエンス
公益財団法人味の素食の文化センター 8月15日(水)郵送必着
(電子ファイルも送付)
2018年度「食の文化研究助成」 ・推薦は、所属機関の長等に限らず、食の文化研究や対象となる研究分野のしかるべき研究者の推薦を受けてください。
2018077
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人航空機国際共同開発促進基金 招聘または派遣を開始する期日の概ね3ヶ月前までに申し込むことを原則とする。 国際交流助成
2018063
ライフサイエンス
公益財団法人 山田科学振興財団 2019年2月22日(金)財団必着 国際学術集会開催助成
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018266
エネルギーナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人永守財団 5月15日(水)
当日消印有効
研究助成2019 ・申請受け付けは2月12日からです。
・所属機関、所属研究室 等の上席者による承諾書が必要です。
【助成金額】
100万円/1件
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018254
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同起用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2月18日(月)17時必着
電子ファイルにて送付
2019年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクト ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
実践プロジェクト:
インキュベーション研究(100万円)
予備研究400万円
コアプロジェクト:
コア予備研究:100万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018230
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス
一般財団法人サムコ科学技術振興財団 3月15日(金)必着 第3回サムコ科学技術振興財団薄膜技術に関する研究助成募集 申請は2月1日(金)からです。
所属長(教授以上の職位)の推薦書および所属機関長(専攻長または研究科長以上の職位)の承諾書が必要です。
【助成金額】
1件200万円(5件程度)
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018265
情報通信
公益財団法人 大川情報通信基金 3月29日(金)
郵送必着
2019年度大川賞・大川出版賞 推薦者の資格等について、特に制限はありません。
【助成金額】
大川賞:賞状ならびに副賞として金メダル、賞金1000万円を贈呈
大川出版賞:著者に対して賞状ならびに副賞として銀メダル、賞金100万円を贈呈。出版者に対して、賞状および賞牌を贈呈
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018261
情報通信
公益財団法人NEC C&C財団 2月28日(木)
e-mail必着(郵送は不可)
国際会議論文発表者助成 ・推薦者は助成候補者の指導教員とします。
【助成金額】
1件あたり12~25万円
2018259
情報通信
国立大学法人北海道大学 情報基盤センター 3月1日(金)~4月5日(金)郵送・先方必着 2019年度北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究 ●研究代表者又は研究分担者の少なくとも1名は、当該センター内の教員(特任教員を含む。)
A)計算資源利用型:当該センターの大型計画計算機システム計算資源利用負担金を最大50万円内で補助
B)研究集会開催支援型:当該センター主催の研究集会を北海道大学で開催するための旅費、講演謝金などを最大30万円内で補助
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018257
情報通信
公益財団法人大川情報通信基金 3月20日(水)郵送・財団必着 2019年度 研究助成 【助成金額】
1件あたり100万円
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018246
情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス
みらか中央研究所 4月30日(火)16時までweb申請 みらいを加速するヘルスケア研究公募 申請は3月1日からです。
【研究費・採択数】
1件200万円、最大8件
(採択数に達し次第、募集期間締切前に募集終了する場合があります)
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018260
人文
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立民族学博物館 4月12日(金)までにメール添付で提出 平成31年度国立民族学博物館共同研究 申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018241
人文ライフサイエンス
公益財団法人 三島海雲記念財団 2月28日(木)郵送必着 2019年度学術研究奨励金 ・学部(研究科)長の推薦が必要です。
「共同研究奨励金」の推薦件数は各学部(研究科)につき1件です(「個人研究奨励金」の推薦件数は複数可)。
【助成金額】
人文科学部門、自然科学部門ともに
(A)個人研究奨励金・・・1件100万円
(B)共同研究奨励金・・・1件200万円~500万円
2018092
人文ライフサイエンス
公益財団法人味の素食の文化センター 8月15日(水)郵送必着
(電子ファイルも送付)
2018年度「食の文化研究助成」 ・推薦は、所属機関の長等に限らず、食の文化研究や対象となる研究分野のしかるべき研究者の推薦を受けてください。
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018267
健康福祉ライフサイエンス
武田薬品工業株式会社 第一回締切:
3月29日(金)
Web申請

第二回締切:
6月28日(金)
Web申請
研究公募 COCKPI-T® Screening
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018253
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月8日(金)24:00
Web申請
2020年度研究助成 【助成金額】
⑨ビジョナリーリサーチ助成(スタート):1件200万円
⑩ビジョナリーリサーチ継続助成(ホップ):1件500万円
⑪ビジョナリーリサーチ継続助成(ステップ):1件1,000万円
⑫ビジョナリーリサーチ継続助成(ジャンプ):1件3,000万円
2018252
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月15日(金)24:00
Web申請
2019年度研究助成 【助成金額】
①生命科学研究助成:1件1,000万円
②ライフサイエンス研究助成:1件200万円
③ライフサイエンス研究継続助成:1件300万円
④医学系研究助成:1件200万円
⑤医学系研究継続助成:1件300万円
➅薬学系研究助成:1件200万円
⑦薬学系研究継続助成:1件300万円
⑧特定研究助成:1件5,000万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018266
エネルギーナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人永守財団 5月15日(水)
当日消印有効
研究助成2019 ・申請受け付けは2月12日からです。
・所属機関、所属研究室 等の上席者による承諾書が必要です。
【助成金額】
100万円/1件
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018255
ナノテク・材料
国立大学法人 東北大学 電気通信研究所 第1期:2月28日(木)
Web申請
平成31年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究 ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
星2018248
ナノテク・材料
一般社団法人茨城県科学技術振興財団 産学公連携センター締切:2月28日(木)
3月15日(金)必着
第16回江崎玲於奈賞候補の推薦 ●学長の推薦が必要です。
産学公連携センター 山下宛てに以下提出物を産学公連携センター締切までにご提出ください。
・推薦書1部
・添付資料を41部
・添付資料データ
添付資料データ送付先:
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
メール送信時は[at]を@に変えて下さい。
●本学から推薦件数は3件までです。
3件以上の応募があった場合
産学公連携センターにおいて調整させていただきます。
【助成金額等】
賞状、賞牌及び副賞(1000万円)
2018246
情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス
みらか中央研究所 4月30日(火)16時までweb申請 みらいを加速するヘルスケア研究公募 申請は3月1日からです。
【研究費・採択数】
1件200万円、最大8件
(採択数に達し次第、募集期間締切前に募集終了する場合があります)
2018230
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス
一般財団法人サムコ科学技術振興財団 3月15日(金)必着 第3回サムコ科学技術振興財団薄膜技術に関する研究助成募集 申請は2月1日(金)からです。
所属長(教授以上の職位)の推薦書および所属機関長(専攻長または研究科長以上の職位)の承諾書が必要です。
【助成金額】
1件200万円(5件程度)
2018222
ナノテク・材料ライフサイエンス
日本ロレアル株式会社 2月28日(木)
メール送信
2019年度第14回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 ・指導教員の推薦状が必要です(1人の指導教員につき推薦可能な学生は3名までです)
【助成金額】
賞状および奨学金100万円
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
2018077
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人航空機国際共同開発促進基金 招聘または派遣を開始する期日の概ね3ヶ月前までに申し込むことを原則とする。 国際交流助成
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018267
健康福祉ライフサイエンス
武田薬品工業株式会社 第一回締切:
3月29日(金)
Web申請

第二回締切:
6月28日(金)
Web申請
研究公募 COCKPI-T® Screening
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018262
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ライフサイエンス
一般社団法人バイオインダストリー協会 4月22日(月)メール必着 第3回バイオインダストリー大賞・バイオインダストリー奨励賞 応募は、自薦または他薦(他薦の場合は、推薦者が教授以上)
【助成金額】
バイオインダストリー大賞:賞状・賞牌および副賞300万円
バイオインダストリー奨励賞:賞状および副賞30万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018254
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同起用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2月18日(月)17時必着
電子ファイルにて送付
2019年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクト ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
実践プロジェクト:
インキュベーション研究(100万円)
予備研究400万円
コアプロジェクト:
コア予備研究:100万円
2018253
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月8日(金)24:00
Web申請
2020年度研究助成 【助成金額】
⑨ビジョナリーリサーチ助成(スタート):1件200万円
⑩ビジョナリーリサーチ継続助成(ホップ):1件500万円
⑪ビジョナリーリサーチ継続助成(ステップ):1件1,000万円
⑫ビジョナリーリサーチ継続助成(ジャンプ):1件3,000万円
2018252
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人武田科学振興財団 3月15日(金)24:00
Web申請
2019年度研究助成 【助成金額】
①生命科学研究助成:1件1,000万円
②ライフサイエンス研究助成:1件200万円
③ライフサイエンス研究継続助成:1件300万円
④医学系研究助成:1件200万円
⑤医学系研究継続助成:1件300万円
➅薬学系研究助成:1件200万円
⑦薬学系研究継続助成:1件300万円
⑧特定研究助成:1件5,000万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018246
情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス
みらか中央研究所 4月30日(火)16時までweb申請 みらいを加速するヘルスケア研究公募 申請は3月1日からです。
【研究費・採択数】
1件200万円、最大8件
(採択数に達し次第、募集期間締切前に募集終了する場合があります)
2018241
人文ライフサイエンス
公益財団法人 三島海雲記念財団 2月28日(木)郵送必着 2019年度学術研究奨励金 ・学部(研究科)長の推薦が必要です。
「共同研究奨励金」の推薦件数は各学部(研究科)につき1件です(「個人研究奨励金」の推薦件数は複数可)。
【助成金額】
人文科学部門、自然科学部門ともに
(A)個人研究奨励金・・・1件100万円
(B)共同研究奨励金・・・1件200万円~500万円
2018230
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス
一般財団法人サムコ科学技術振興財団 3月15日(金)必着 第3回サムコ科学技術振興財団薄膜技術に関する研究助成募集 申請は2月1日(金)からです。
所属長(教授以上の職位)の推薦書および所属機関長(専攻長または研究科長以上の職位)の承諾書が必要です。
【助成金額】
1件200万円(5件程度)
2018222
ナノテク・材料ライフサイエンス
日本ロレアル株式会社 2月28日(木)
メール送信
2019年度第14回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 ・指導教員の推薦状が必要です(1人の指導教員につき推薦可能な学生は3名までです)
【助成金額】
賞状および奨学金100万円
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
2018092
人文ライフサイエンス
公益財団法人味の素食の文化センター 8月15日(水)郵送必着
(電子ファイルも送付)
2018年度「食の文化研究助成」 ・推薦は、所属機関の長等に限らず、食の文化研究や対象となる研究分野のしかるべき研究者の推薦を受けてください。
2018063
ライフサイエンス
公益財団法人 山田科学振興財団 2019年2月22日(金)財団必着 国際学術集会開催助成
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018266
エネルギーナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人永守財団 5月15日(水)
当日消印有効
研究助成2019 ・申請受け付けは2月12日からです。
・所属機関、所属研究室 等の上席者による承諾書が必要です。
【助成金額】
100万円/1件
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
2018077
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人航空機国際共同開発促進基金 招聘または派遣を開始する期日の概ね3ヶ月前までに申し込むことを原則とする。 国際交流助成
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018264
環境都市基盤
一般財団法人水源地環境センター 4月5日(金)18:00
e-mail必着
WEC応用生態研究助成 【助成金額】
研究1件につき年度100万円以内
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018254
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同起用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2月18日(月)17時必着
電子ファイルにて送付
2019年度 総合地球環境学研究所 実践プロジェクト ・申請にあたっては、学部(研究科)長の承諾印が必要です。
実践プロジェクト:
インキュベーション研究(100万円)
予備研究400万円
コアプロジェクト:
コア予備研究:100万円
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 山田科学振興財団 2月22日(金)
(必着)
研究費募集 ・研究援助を希望する申請者は、HPに記載の学会に推薦を依頼して下さい。個々の学会によって申請方法、必要書類及び締切期日が異なりますので、代表研究者は各学会にお問い合わせ下さい。

【助成金額】
1件あたり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)
2018231
経営・経済
公益財団法人 生命保険文化センター 4月30日(火)必着 2019年度生命保険に関する研究助成 大学院生の場合は指導教官による推薦書を添付してください。
【助成金額】
1件につき50万円を上限
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2018263
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本生命財団 4月1日(月)
当日消印有効
2019年度ニッセイ財団 環境問題研究助成募集 【助成金額】
学際的総合研究:1件あたり1000万円~1500万円
若手研究・奨励研究:1件あたり50万円~150万円
2018258
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人山下太郎顕彰育英会 3月1日(金)~3月29日(金)郵送・財団必着 第30回 山下太郎学術研究奨励賞 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみ。

・秋田県出身の平成31年4月1日現在満40歳未満の研究者
・専攻する学術分野において独創的で優れた業績をあげ、原則として最近5年間に専門の学術研究誌等に発表するか、権威ある展覧会・発表会等において入賞・入選等の実績があること

【助成金額】
表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
2018256
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 4月15日(月)
Web申請
2018年度第2回国際交流助成の募集について 研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官、教員の推薦が必要です。
【助成金額】
総額70万円以内
2018250
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
日露青年交流センター 2月20日(水)正午 若手研究者等フェローシップ供与事業 日露指導教官等の推薦書が必要です。
【助成内容】
(1) 往復航空費
(2) 滞在費:250,000~300,000円/月
(3) 研究活動費:受給期間中合計10万円を上限として支給(ロシア国内の研究会等参加費用・出張研究経費)

助成金カレンダー

締め切り迫る!

募集団体別のカレンダーを平成23年度からご覧になれます。
今後の研究資金獲得計画にお役立て下さい。

PDFファイルを見るにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。GetAcrobat