民間財団等研究助成のカテゴリー別検索画面です。

調べたいカテゴリーのタブをクリックすると、カテゴリーの一覧が表示されます。

締め切り迫る!

No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019144
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2019/8/19(月)17時必着
〈メール〉
2019(令和元)年度総合地球環境学研究所実践プロジェクト 総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019139
ナノテク・材料機械製造・技術
パワーアカデミー 2019/8/23(金)15:00
〈メール〉
2019年度パワーアカデミー研究助成 【対象分野】
<特別推進研究> パワーアカデミー研究マップに関連した独創的、先駆的、かつ、大学・高等専門学校間の連携を通じて電気工学分野への波及効果が期待できる研究
<萌芽研究>パワーアカデミー研究マップに関連した電気工学分野の将来展開を見据えた研究

【助成金額】
<特別推進研究>1,000万円程度
<萌芽研究>上限100万円/人(チーム型は別途20万円/人を加算)
2019115
情報通信ライフサイエンス経営・経済
公益財団法人中島記念国際交流財団 2019/8/23(金)17時必着
〈郵送〉
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
<海外留学>情報科学、生命科学、経営科学
<研究助成>情報科学、生命科学

【助成金額】
<海外留学>奨学金(月額) 20万円、支度金50万円(往路渡航費含む)、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)、授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
<研究助成>1件500万円以内
2019104
機械製造・技術
公益財団法人 金型技術振興財団 2019/8/20(火)必着
〈メール及び郵送〉
2019年度研究開発助成 【助成対象】
金型関連技術及び金型を利用する成形関連技術、並びにそれらの基礎となる工学分野における独創的で優れた研究テーマに対し助成する

【助成金額】
1件あたり300万円以内

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。

研究助成・開発課題の募集

※注意事項

機関の承認が必要な申請については、各部局の研究助成担当者へ早めにご連絡ください。
(手続きの都合上お時間がかかる可能性がございます)

No. の数字をクリックすると「募集一覧」の該当する公募情報に移動します。

No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 山田科学振興財団 2019/10/31(火)必着
〈郵送〉
2020年度留学費助成「長期間派遣援助」 【対象分野】
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象

【助成金額】
滞在費、滞在中の国内旅費、渡航費等として、1人あたりUS$10,000

・申請書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/10/24(木))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019181
ライフサイエンス
公益財団法人小林財団 応募をお考えの方は、2019/8/27(火)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第1回小林賞 【対象】
医学、薬学、農学、工学、理学などの生命科学に関する分野において、独創的な研究を行い、顕著な成果を挙げ、さらにその後も当該研究分野の発展が期待される国内の研究者

【助成金額】
副賞として 3,000万円

・本学からの推薦件数が1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/27(火)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019180
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
2019年度研究助成 【対象分野】
課題A「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

【助成金額】
1件あたり100万円(原則)

・原則45歳以下が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019179
機械製造・技術
公益財団法人 油空圧機器技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈郵送〉
2019年度研究助成金 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
油圧・空気圧機器及びこれらの機器と周辺機器から構成される駆動システム、並びにこれを補完し、あるいはこれと併用する駆動システムの開発・生産・利用に関する基礎的応用的な技術の研究

【助成金額】
1件あたり100万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019175
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 対象会議開催 3 ヶ月前必着
〈郵送〉
国際会議発表渡航助成 【対象分野】
電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)

【助成金額】
1件につきアジア地区は20万円、その他の地区は30万円を上限とし、実費相当額の支援

・対象国際会議での研究発表をご自身でなさる、満40歳以下(応募締切日現在)の研究者を対象とします。(日本顕微鏡学会員であることが望ましく、日本からの渡航者に限ります)
2019174
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/12/6(金)必着
〈郵送〉
風戸研究奨励賞 【対象】
満35才以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いる研究提案(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)に対して、実績があり且つ将来性のある優秀な研究者

【助成金額】
1件あたり200万円

・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019173
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/10/18(金)必着
〈郵送〉
風戸賞 【対象】
満45歳以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者

【助成金額】
副賞として100万円


・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019172
機械製造・技術
公益財団法人 スズキ財団 2019/9/30(月)
〈メール〉
令和元年度科学技術研究助成 【対象分野】
国民生活用機械等の生産・利用・消費に係る科学技術に関する研究でかつ独創的・先進的又は基礎的・先導的な研究開発課題

【助成金額】
1)若手科学技術研究助成
35歳以下(平成31年4月1日時点)対象
1件あたり100万円

2)一般科学技術研究助成
年齢制限なし
1件あたり最大300万円
2019171
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度研究助成 【対象分野】
ゲームの分野の研究を助成する「助成研究 A」、人間と遊びに関する研究を助成する「助成研究 B」及びゲームに関する「国際交流(参加)」

【助成金額】
助成研究A:1件当たり 500万円以内
助成研究B:1件当たり 100万円以内
国際交流:総額 112万円以内
2019170
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度調査研究 【対象分野】
① プログラミング的思考力育成ゲーム
② 生活のゲームデザイン

【助成金額】
700 万円以内
2019168
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 小笠原科学技術振興財団 2019/9/17(火)必着
〈郵送〉
令和元年度一般研究助成 【対象分野】
高分子分野における新素材・加工技術・新機能に関する研究開発

【助成金額】
1件当たり100~500万円

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019167
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第39回助成候補者 【対象分野】
1.研究助成
(1) ウェザリング技術あるいはその関連技術について実績があり、かつ今後の発展が期待できる研究目標を持つ研究者または研究グループ。
(2) ウェザリング技術あるいはその関連技術について強い関心を持ち、明確な研究目標を持つ若い研究者。

2.国際会議助成
ウェザリング技術に関わる国際会議を主催する者で、その会議が具体的な成果として我が国のウェザリング技術の発展に資するものと認められる会議であること。

【助成金額】
研究助成は1件50万円、100万円の2種類
国際会議助成は50万円を上限

・本学からの推薦件数が2件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019166
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第38回スガウェザリング財団賞表彰候補者 【対象分野】
自然環境における工業材料の腐食、退色などの劣化現象(ウェザリングという)について、加速試験等による寿命評価、劣化機構の解明、表面処理等による耐劣化性の向上など(ウェザリング技術と呼ぶ)

【助成金額】
(1) 科学技術賞
個人…副賞として50万円
(2) 科学技術功労賞 及び (3)科学技術奨励賞
個人…副賞として20万円
(4) 技術功労賞
個人…副賞として10万円

・本学からの推薦件数が1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019164
人文社会・法学
公益財団法人韓昌祐・哲文化財団 2019/8/31(土)18時迄(郵送の場合は当日消印有効)
〈Web申請もしくは郵送〉
2019年度助成 【対象分野】
日韓に関わる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・学術・国際交流

【助成金額】
1件当たり20万円~200万円
2019162
経営・経済社会・法学
公益財団法人医療機器センター医療機器産業研究所 第8期募集
2019/7/31(水)必着
〈メールもしくは郵送〉

第9期募集
2019/11/29(金)必着
〈メールもしくは郵送〉
2019年度調査研究助成 【対象分野】
医療機器産業界の振興・発展に寄与する経済学、経営学、法学、レギュラトリーサイエンス、歴史学、政治学等の幅広い社会科学系研究テーマを幅広く募集します。調査や分析、実証研究、 ケーススタディ等を元に一般化した議論をするような研究を想定しています(医療機器の研究開発・試作、実験、臨床研究等は対象ではありません。)

【助成金額】
1件あたり50万円(税込)を基準とする
2019161
心理・教育人文
公益財団法人博報児童教育振興会 2019/10/31(木)
〈Web申請〉
第15回児童教育実践についての研究助成 【対象分野】
◆「ことばの力」を育む研究
国語・日本語教育の諸分野における研究
あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究

◆児童教育実践の質を向上させる研究
多様な場における教育実践の質を向上させる研究

※対象は小・中学生となります。
ただし、児童教育への反映が明確な場合に限り、幼児教育、高校生に関する研究も可とします。

【助成金額】
1ヵ年助成:1件につき上限200万円
2ヵ年助成:1件につき上限300万円

・学部(研究科)長もしくは指導教官の推薦が必要です。
2019160
心理・教育
公益財団法人日本教育公務員弘済会 2019/9/30(月)
〈Web申請〉
令和2年度日教弘本部奨励金 【対象分野】
幼児・児童・生徒の教育の向上発展に寄与する研究・活動

【助成金額】
1件あたり100万円以内
2019158
人文
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 2019/8/30(金)必着
〈郵送〉
令和元年度国際日本文化研究センター共同研究 【対象分野】
◆A.共同研究(一般)
日本文化に関する国際的・学際的な総合研究
(1)重点共同研究 機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」を担う共同研究(詳細はウェブサイトをご覧ください)
(2)国際共同研究 研究対象地域を日本に限定せず、広い観点からの比較や文化の相互交流や歴史的変容をも対象とする、国際的研究指向の強い共同研究
(3)基幹共同研究 国際性・学際性という創立以来の強みを活かしつつ、人文学のフロンティアを開拓するような共同研究

◆B.共同研究(所蔵資料活用) 本センターの所蔵資料(文献資料・映像音響資料・データベース等)を活用する研究
(所蔵資料については、下記ウェブサイトでご確認ください)
・蔵書・コレクション紹介(図書館)
 http://library.nichibun.ac.jp/pc1/ja/about/collection.html
・データベース
 http://db.nichibun.ac.jp/pc1/ja/index.html

【助成金額】
年間の経費は、100~120万円を目安とし、使途は、共同研究会開催のための研究代表者・共同研究員に対する旅費及びゲストスピーカーに対する旅費・謝金とします。また、共同研究会の開催に際して必要となる書籍の購入及びテープ起こし等の費用が認められることがあります。

・国際日本文化研究センターの教授・准教授が1名、共同の研究代表者として参加します。申請にあたっては、「共同研究代表者 候補者一覧」から選出し、申請内容について事前に相談のうえ申請してください。

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019156
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人江野科学振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈郵送〉
第31回(2019年度)研究助成 【対象分野】
ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。

【助成金額】
①一般研究助成:1件あたり200万円もしくは100万円
②田中康之ゴム科学賞:1件あたり200万円

・②は大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(2019年4月1日現在)の方が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019153
情報通信健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/3(火)23:59まで
〈Web申請〉
2019年度研究助成金(①健康科学・医学・薬学、②新領域4.0) 【対象分野】
①生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学( 〃 )

②生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する次の諸分野の研究
・生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)

【助成金額】
1件500万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)に所属している方>
大学院研究科長(または学部長)を推薦者としてください。1推薦者からの推薦は、1件に限られていますので、ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。(学部長と研究科長を兼務している場合は、いずれか1件の推薦のみ)

<大学共通組織(研究センター等)に所属している方>
学長を推薦者としてください。推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/2(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019152
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/30(月)
〈Web申請〉
2019年度国際シンポジウム開催助成金 【対象】
生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する、以下のすべての要件を満たす国際的な研究集会
(1)わが国で単独に開催される国際シンポジウムであること。
(国内学会との合同または共同開催、併催等のシンポジウムは対象外とする。)
(2)原則として、参加者100名以上、かつ海外からの参加者が10名以上であること。
(3)2020年1月から12月末までに開催されること。
(4)研究機関同士の連絡会議や研修会は対象外とする。

【助成金額】
原則として1件100万円以内
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019148
ナノテク・材料
公益財団法人 徳山科学技術振興財団 2019/9/20(金)正午必着
〈郵送〉
2020年度国際シンポジウム助成 ※2019/8/1から受付開始

【助成対象】
国内で開催される、新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野の国際シンポジウム

【助成金額】
1件10~30万円
2019147
ナノテク・材料
公益財団法人 徳山科学技術振興財団 2019/9/20(金)正午必着
〈郵送+メール〉
2020年度研究助成 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究

【助成金額】
1件最高200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019146
ライフサイエンス
公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
第31回(2019年度)国際交流助成 下期 【助成対象】
海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会・シンポジウム等で、自己の研究成果を発表する、国内在住で、応募締切日に35才以下の研究者

【助成金額】
渡航地域により、10万円から30万円

・申請者の現所属機関・研究室の上長(教授、主任研究員などのPI相当職)。申請者ご自身がPIの場合は、上位者による推薦が必要です。推薦者は1名のみ推薦可。
2019145
ライフサイエンス
公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団 2019/9/30(月) 〈Web申請〉 第31回(2019年度)研究助成 【対象分野】
M分野「メディカルサイエンス分野」(40歳以下)、B分野「バイオテクノロジー分野」(40歳以下)、E分野「環境バイオ分野」(35歳以下)

【助成金額】
M分野B分野:1件当たり200万円
E分野:1件当たり100万円

・学部長推薦、大学院研究科長推薦のどちらでも可能ですが、応募枠はあわせて1件となっています。応募希望の方は学部事務室にお問い合わせください。
2019144
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2019/8/19(月)17時必着
〈メール〉
2019(令和元)年度総合地球環境学研究所実践プロジェクト 総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019143
情報通信機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人科学技術融合振興財団 2019/10/15(火)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金・補助金 【対象分野】
○研究助成
課題A:シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B:①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)、②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
○補助金
課題C:シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究


【助成金額】
○研究助成:1件30万円~150万円を上限
○補助金:1件15万~30万円を上限

※補助金は若手研究者(大学院生・助手等)が対象です。
2019141
心理・教育
広島大学大学院教育学研究科 2019/8/30(金)必着
〈郵送〉
第28回ペスタロッチー教育賞 【対象分野】
ペスタロッチー精神ないしペスタロッチー教育に通ずる活動をしている個人又は団体

【表彰】
表彰状及びペスタロッチーの胸像複製1基。
副賞として20万円。
2019140
経営・経済社会・法学
公益財団法人全国銀行学術研究振興財団 2019/9/20(金)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究

【助成金額】
1件100万円以内。共同研究は1件150万円以内。
2019139
ナノテク・材料機械製造・技術
パワーアカデミー 2019/8/23(金)15:00
〈メール〉
2019年度パワーアカデミー研究助成 【対象分野】
<特別推進研究> パワーアカデミー研究マップに関連した独創的、先駆的、かつ、大学・高等専門学校間の連携を通じて電気工学分野への波及効果が期待できる研究
<萌芽研究>パワーアカデミー研究マップに関連した電気工学分野の将来展開を見据えた研究

【助成金額】
<特別推進研究>1,000万円程度
<萌芽研究>上限100万円/人(チーム型は別途20万円/人を加算)
2019138
人文環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 旭硝子財団 2019/9/13(月)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
建築・都市分野、人文・社会科学分野、環境フィールド研究分野

【年齢】
<提案研究>1974年1月1日以降生まれであること
<発展研究>年齢制限なし

【助成金額】 ※全て1件当たりの金額
<提案研究>
建築・都市分野:50~150万円、人文・社会科学分野:50~100万円、環境フィールド研究分野:50~100万円
<発展研究>
建築・都市分野:200~400万円、人文・社会科学分野:200~300万円、環境フィールド研究分野:200~400万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019134
経営・経済社会・法学
国際交流基金日米センター 2019/9/1(日)
〈Web申請〉
2019年安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト 【対象プロジェクト】
次の4つのテーマのいずれか、または2つ以上のテーマの組み合わせに該当する社会科学ならびにその関連学問領域の研究。
1.個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
2.成長と持続的な発展
3.社会・科学・文化のトレンドと変容
4.ガバナンス、エンパワーメントと市民参加

【助成金額】
研究計画の内容と給与補償が必要かどうかによって決定され、それによってかなりの幅があります。

【説明会】
東京:7月9日(火)13時30分~15時
大阪:7月11日(木)17時30分~19時
詳細はこちらをご確認ください。
2019129
健康福祉ライフサイエンス経営・経済社会・法学
非営利・協同総合研究所いのちとくらし(総研いのちとくらし) 通年(予算の範囲で実施) 2019年度奨励研究 【対象】
実践家(年齢不問)や研究者(応募時に概ね40歳未満)による、「非営利・協同」および「いのちとくらし」に関わる実践や調査・研究

【助成金額】
1件当たり10 万円以内
2019127
ライフサイエンス
公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈郵送〉

※学長推薦による応募をお考えの方は、2019/8/30(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第28回木原記念財団学術賞 【対象】
生命科学分野の50歳以下の国内研究者

【助成金額】
賞金として200万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)長推薦>
1推薦者からの推薦は、1件に限られています。ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。

<学長推薦>
推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/30(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019126
心理・教育人文
公益財団法人上廣倫理財団 2019/9/2(月)必着
〈郵送〉
令和元年度研究助成 【対象分野】
(1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
(2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
(3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究

【助成金額】
Aコース:上限60万円
Bコース:上限100万円
(応募時に選択)

・概ね45歳までの研究者が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
星2019120
エネルギー
公益財団法人 岩谷直治記念財団 応募をお考えの方は、2019/7/31(水)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第46回(2019年度)岩谷直治記念賞 【対象】
次の項目に関し優れた技術開発が既に完成し、かつ顕著な産業上の実績があると認めた業績。
①生産プロセスの合理化によるエネルギーの有効利用、効果的な環境保全の達成と顕著な産業上の実績
②エネルギーおよび環境に関する独創的な技術の開発と顕著な産業上の実績
③エネルギーおよび環境に関連した新素材、バイオ新技術およびエレクトロニクス新技術の開発と顕著な産業上の実績

【助成金額】
副賞として300万円

・学長の推薦印が必要です。推薦件数は2件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/7/31(水)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019115
情報通信ライフサイエンス経営・経済
公益財団法人中島記念国際交流財団 2019/8/23(金)17時必着
〈郵送〉
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
<海外留学>情報科学、生命科学、経営科学
<研究助成>情報科学、生命科学

【助成金額】
<海外留学>奨学金(月額) 20万円、支度金50万円(往路渡航費含む)、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)、授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
<研究助成>1件500万円以内
2019112
ライフサイエンス
一般財団法人 ホーユー科学財団 2019/9/30(月)
〈メール〉
2020年度 助成事業 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
毛髪科学、皮膚科学、薬理学、染色化学に関する研究テーマ

【助成金額】
1件50万円
理事会にて特に評価された場合に限り100万円
2019111
情報通信機械製造・技術
公益財団法人人工知能研究振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
第30回 令和元年度 人工知能研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、 研究及び開発

【助成金額】
1テーマにつき、100万円を限度
2019109
エネルギー情報通信ナノテク・材料
公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団 2019/8/31(土)必着
〈Web申請+郵送〉
2019(H31)年度研究助成 【対象分野】
情報、新材料、エネルギーに関する分野

【助成金額】
(1)一般研究助成
助成期間3年で200万円以内
(2)奨励研究助成(原則35歳以下)
助成期間1年で100万円以内

・学部(研究科)長等の推薦が印が必要です。推薦件数は1つの研究科・学部から(1)(2)各2件までに限られているため、各部局で取りまとめの上、応募をお願いいたします。
2019106
環境都市基盤
公益財団法人 東急財団 2019/8/31(土)必着
〈メールもしくは郵送〉
第11回(2019年度)東急財団社会貢献環境学術賞 【対象】
日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者(個人・共同・団体)、外国籍(国内で研究されている方を含む)、但し企業は除きます。

【助成金額】
賞金として100万円
2019105
機械製造・技術
公益財団法人 金型技術振興財団 【前期】
2019/7/31(水)必着
【後期】
2019/12/31(火)必着
〈メール及び郵送〉
2019年度海外交流助成 【助成金額】
国際会議等への参加:1件30万円以内
国際会議開催:総額60万円 1件~2件程度

・学部(研究科)長等の推薦及び出張の承諾が必要です。
2019104
機械製造・技術
公益財団法人 金型技術振興財団 2019/8/20(火)必着
〈メール及び郵送〉
2019年度研究開発助成 【助成対象】
金型関連技術及び金型を利用する成形関連技術、並びにそれらの基礎となる工学分野における独創的で優れた研究テーマに対し助成する

【助成金額】
1件あたり300万円以内

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019100
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019年度中谷賞候補者推薦 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
大賞:賞金500万円
奨励賞:賞金250万円

・1推薦者から1名の応募に限ります。

・昨年度(2018年度)の推薦候補者も審査対象となります。
2019099
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019(令和元)年度技術開発研究助成 【長期大型研究】 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
年間最大6,000万円×5年間(総額3億円)

・研究科長の承認印が必要です。

・各大学からの応募は1件に限りませんが、各部局からは1件とします。

・本財団の他の技術開発研究助成への重複応募はご遠慮下さい。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019095
ライフサイエンス
公益財団法人ホクト生物科学振興財団 2019/8/27(火)必着
〈郵送〉
2019年度助成先公募 【対象分野】
バイオテクノロジーを 主体とする生物科学に関する調査・研究・技術開発

【助成金額】
1件20万円程度から100万円程度
2019088
環境都市基盤
公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団 2019/8/31(土)必着
〈郵送〉
2020年度環境プロジェクト助成 ※2019/6/10から受付開始

【対象分野】
アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業

【助成金額】
1件当たり50~100万程度

・日本の大学もしくは環境保全活動や支援活動を行なっている団体、会社等に所属する方からの推薦が必要です。(外国人も可。但し共同事業は日本人を代表者とすること)

・活動地域(アジア・オセアニア地域)の現地において、当概事業の共同者(協力者)がいることが必要です。
2019086
情報通信
公益財団法人 栢森情報科学振興財団 2019/8/31(土)必着
〈メールもしくは郵送〉
2019年度 研究助成 ※2019/6/1から受付開始

【助成金額】
1件当たり最高200万円まで
2019085
人文健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人三島海雲記念財団 2019/9/30(月)当日消印有効
〈郵送〉
第9回(2020年度)三島海雲学術賞 ①自然科学部門 ②人文科学部門 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
①自然科学部門:食の科学に関する研究
②人文科学部門:アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し、日本を中心とする研究は除く)

【助成金額】
副賞として200万円

・学部(研究科)長等の推薦が必要です(1推薦者印につき2件以内)
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019080
人文健康福祉ライフサイエンス社会・法学
公益財団法人 味の素食の文化センター 2019/8/30(土)
〈郵送+メール〉
2019年度「食の文化研究助成」 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分
野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)
も含めます。

【助成金額】
1 件当たり 100 万円程度

・対象研究分野のしかるべき研究者の推薦書が必要です。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
2019065
エネルギーライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 前川報恩会 2019/9/30(月)17時
〈Web申請〉
2019年度 学術研究助成 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
環境・エネルギー・食料に関する研究

【助成金額】
最大300万円
2019054
機械製造・技術
公益財団法人 NSKメカトロニクス技術高度化財団 2019/11/5(火)必着
〈郵送+メール〉
メカトロニクス技術高度化「研究助成」(2019年度事業分) 【助成金額】
200万円以内/件
2019051
健康福祉
公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
第6回昭和上條医療賞(2019年度顕彰) 【助成金額】
副賞として100万円/件

・推薦者は関係領域の有識者とします。
2019038
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第36回(2019年度)内藤記念海外研究留学助成金 【助成金額】
450万円/件
※1年以上留学する者が対象

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019037
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第4回(2019年度)内藤記念次世代育成支援研究助成金 【助成金額】
年間200万円×3年間

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019014
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【前期】2019/5/27(月)必着
【後期】2019/9/24(火)必着
〈どちらもWeb申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、上記締切の1ヶ月前迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第51回(2019年度)内藤記念海外学者招聘助成金 【助成金額】
20~80万円/件

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、財団締切の1ヶ月前迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただくことがございます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019012
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【夏季】2019/5/20(月)必着
【秋季】2019/8/20(火)必着
【冬季】2019/11/20(水)必着
【春季】2020/2/20(木)必着
〈全てWeb申請+郵送〉
第47回(2019年度)内藤記念講演助成金 【助成金額】上限50万円/件
※日本国内で開催される国際会議について開催にかかる費用の一部を助成

【推薦者】
①本財団の理事・監事および評議員:1推薦者につき年間2件
②本財団の指定した32学会の代表者:1推薦者につき年間1件
・指定32学会は以下財団サイトの推薦者の箇所でご確認下さい。 
https://www.naito-f.or.jp/jp/joseikn/jo_index.php?data=detail&grant_id=KOU
星2019001
ライフサイエンス
公益財団法人 井上科学振興財団 応募をお考えの方は、2019/8/20(火)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第36回(2019年度)井上研究奨励賞 【対象分野】
自然科学

【助成金額】
副賞として50万円

・本学からの推薦件数が3件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/20(火)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただくことがございます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2018274
社会・法学
公益財団法人 末延財団 12月5日(木)財団必着 在外研究支援奨学生事業
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 山田科学振興財団 2019/10/31(火)必着
〈郵送〉
2020年度留学費助成「長期間派遣援助」 【対象分野】
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象

【助成金額】
滞在費、滞在中の国内旅費、渡航費等として、1人あたりUS$10,000

・申請書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/10/24(木))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019180
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
2019年度研究助成 【対象分野】
課題A「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

【助成金額】
1件あたり100万円(原則)

・原則45歳以下が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019144
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2019/8/19(月)17時必着
〈メール〉
2019(令和元)年度総合地球環境学研究所実践プロジェクト 総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
星2019120
エネルギー
公益財団法人 岩谷直治記念財団 応募をお考えの方は、2019/7/31(水)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第46回(2019年度)岩谷直治記念賞 【対象】
次の項目に関し優れた技術開発が既に完成し、かつ顕著な産業上の実績があると認めた業績。
①生産プロセスの合理化によるエネルギーの有効利用、効果的な環境保全の達成と顕著な産業上の実績
②エネルギーおよび環境に関する独創的な技術の開発と顕著な産業上の実績
③エネルギーおよび環境に関連した新素材、バイオ新技術およびエレクトロニクス新技術の開発と顕著な産業上の実績

【助成金額】
副賞として300万円

・学長の推薦印が必要です。推薦件数は2件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/7/31(水)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019109
エネルギー情報通信ナノテク・材料
公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団 2019/8/31(土)必着
〈Web申請+郵送〉
2019(H31)年度研究助成 【対象分野】
情報、新材料、エネルギーに関する分野

【助成金額】
(1)一般研究助成
助成期間3年で200万円以内
(2)奨励研究助成(原則35歳以下)
助成期間1年で100万円以内

・学部(研究科)長等の推薦が印が必要です。推薦件数は1つの研究科・学部から(1)(2)各2件までに限られているため、各部局で取りまとめの上、応募をお願いいたします。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
2019065
エネルギーライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 前川報恩会 2019/9/30(月)17時
〈Web申請〉
2019年度 学術研究助成 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
環境・エネルギー・食料に関する研究

【助成金額】
最大300万円
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019171
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度研究助成 【対象分野】
ゲームの分野の研究を助成する「助成研究 A」、人間と遊びに関する研究を助成する「助成研究 B」及びゲームに関する「国際交流(参加)」

【助成金額】
助成研究A:1件当たり 500万円以内
助成研究B:1件当たり 100万円以内
国際交流:総額 112万円以内
2019170
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度調査研究 【対象分野】
① プログラミング的思考力育成ゲーム
② 生活のゲームデザイン

【助成金額】
700 万円以内
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019153
情報通信健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/3(火)23:59まで
〈Web申請〉
2019年度研究助成金(①健康科学・医学・薬学、②新領域4.0) 【対象分野】
①生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学( 〃 )

②生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する次の諸分野の研究
・生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)

【助成金額】
1件500万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)に所属している方>
大学院研究科長(または学部長)を推薦者としてください。1推薦者からの推薦は、1件に限られていますので、ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。(学部長と研究科長を兼務している場合は、いずれか1件の推薦のみ)

<大学共通組織(研究センター等)に所属している方>
学長を推薦者としてください。推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/2(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019143
情報通信機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人科学技術融合振興財団 2019/10/15(火)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金・補助金 【対象分野】
○研究助成
課題A:シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B:①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)、②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
○補助金
課題C:シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究


【助成金額】
○研究助成:1件30万円~150万円を上限
○補助金:1件15万~30万円を上限

※補助金は若手研究者(大学院生・助手等)が対象です。
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019115
情報通信ライフサイエンス経営・経済
公益財団法人中島記念国際交流財団 2019/8/23(金)17時必着
〈郵送〉
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
<海外留学>情報科学、生命科学、経営科学
<研究助成>情報科学、生命科学

【助成金額】
<海外留学>奨学金(月額) 20万円、支度金50万円(往路渡航費含む)、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)、授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
<研究助成>1件500万円以内
2019111
情報通信機械製造・技術
公益財団法人人工知能研究振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
第30回 令和元年度 人工知能研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、 研究及び開発

【助成金額】
1テーマにつき、100万円を限度
2019109
エネルギー情報通信ナノテク・材料
公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団 2019/8/31(土)必着
〈Web申請+郵送〉
2019(H31)年度研究助成 【対象分野】
情報、新材料、エネルギーに関する分野

【助成金額】
(1)一般研究助成
助成期間3年で200万円以内
(2)奨励研究助成(原則35歳以下)
助成期間1年で100万円以内

・学部(研究科)長等の推薦が印が必要です。推薦件数は1つの研究科・学部から(1)(2)各2件までに限られているため、各部局で取りまとめの上、応募をお願いいたします。
2019086
情報通信
公益財団法人 栢森情報科学振興財団 2019/8/31(土)必着
〈メールもしくは郵送〉
2019年度 研究助成 ※2019/6/1から受付開始

【助成金額】
1件当たり最高200万円まで
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019171
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度研究助成 【対象分野】
ゲームの分野の研究を助成する「助成研究 A」、人間と遊びに関する研究を助成する「助成研究 B」及びゲームに関する「国際交流(参加)」

【助成金額】
助成研究A:1件当たり 500万円以内
助成研究B:1件当たり 100万円以内
国際交流:総額 112万円以内
2019170
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度調査研究 【対象分野】
① プログラミング的思考力育成ゲーム
② 生活のゲームデザイン

【助成金額】
700 万円以内
2019161
心理・教育人文
公益財団法人博報児童教育振興会 2019/10/31(木)
〈Web申請〉
第15回児童教育実践についての研究助成 【対象分野】
◆「ことばの力」を育む研究
国語・日本語教育の諸分野における研究
あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究

◆児童教育実践の質を向上させる研究
多様な場における教育実践の質を向上させる研究

※対象は小・中学生となります。
ただし、児童教育への反映が明確な場合に限り、幼児教育、高校生に関する研究も可とします。

【助成金額】
1ヵ年助成:1件につき上限200万円
2ヵ年助成:1件につき上限300万円

・学部(研究科)長もしくは指導教官の推薦が必要です。
2019160
心理・教育
公益財団法人日本教育公務員弘済会 2019/9/30(月)
〈Web申請〉
令和2年度日教弘本部奨励金 【対象分野】
幼児・児童・生徒の教育の向上発展に寄与する研究・活動

【助成金額】
1件あたり100万円以内
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019141
心理・教育
広島大学大学院教育学研究科 2019/8/30(金)必着
〈郵送〉
第28回ペスタロッチー教育賞 【対象分野】
ペスタロッチー精神ないしペスタロッチー教育に通ずる活動をしている個人又は団体

【表彰】
表彰状及びペスタロッチーの胸像複製1基。
副賞として20万円。
2019126
心理・教育人文
公益財団法人上廣倫理財団 2019/9/2(月)必着
〈郵送〉
令和元年度研究助成 【対象分野】
(1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
(2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
(3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究

【助成金額】
Aコース:上限60万円
Bコース:上限100万円
(応募時に選択)

・概ね45歳までの研究者が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019171
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度研究助成 【対象分野】
ゲームの分野の研究を助成する「助成研究 A」、人間と遊びに関する研究を助成する「助成研究 B」及びゲームに関する「国際交流(参加)」

【助成金額】
助成研究A:1件当たり 500万円以内
助成研究B:1件当たり 100万円以内
国際交流:総額 112万円以内
2019170
情報通信心理・教育人文
公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団 2019/10/15(火)
〈Web申請〉
2020年度調査研究 【対象分野】
① プログラミング的思考力育成ゲーム
② 生活のゲームデザイン

【助成金額】
700 万円以内
2019164
人文社会・法学
公益財団法人韓昌祐・哲文化財団 2019/8/31(土)18時迄(郵送の場合は当日消印有効)
〈Web申請もしくは郵送〉
2019年度助成 【対象分野】
日韓に関わる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・学術・国際交流

【助成金額】
1件当たり20万円~200万円
2019161
心理・教育人文
公益財団法人博報児童教育振興会 2019/10/31(木)
〈Web申請〉
第15回児童教育実践についての研究助成 【対象分野】
◆「ことばの力」を育む研究
国語・日本語教育の諸分野における研究
あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究

◆児童教育実践の質を向上させる研究
多様な場における教育実践の質を向上させる研究

※対象は小・中学生となります。
ただし、児童教育への反映が明確な場合に限り、幼児教育、高校生に関する研究も可とします。

【助成金額】
1ヵ年助成:1件につき上限200万円
2ヵ年助成:1件につき上限300万円

・学部(研究科)長もしくは指導教官の推薦が必要です。
2019158
人文
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター 2019/8/30(金)必着
〈郵送〉
令和元年度国際日本文化研究センター共同研究 【対象分野】
◆A.共同研究(一般)
日本文化に関する国際的・学際的な総合研究
(1)重点共同研究 機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」を担う共同研究(詳細はウェブサイトをご覧ください)
(2)国際共同研究 研究対象地域を日本に限定せず、広い観点からの比較や文化の相互交流や歴史的変容をも対象とする、国際的研究指向の強い共同研究
(3)基幹共同研究 国際性・学際性という創立以来の強みを活かしつつ、人文学のフロンティアを開拓するような共同研究

◆B.共同研究(所蔵資料活用) 本センターの所蔵資料(文献資料・映像音響資料・データベース等)を活用する研究
(所蔵資料については、下記ウェブサイトでご確認ください)
・蔵書・コレクション紹介(図書館)
 http://library.nichibun.ac.jp/pc1/ja/about/collection.html
・データベース
 http://db.nichibun.ac.jp/pc1/ja/index.html

【助成金額】
年間の経費は、100~120万円を目安とし、使途は、共同研究会開催のための研究代表者・共同研究員に対する旅費及びゲストスピーカーに対する旅費・謝金とします。また、共同研究会の開催に際して必要となる書籍の購入及びテープ起こし等の費用が認められることがあります。

・国際日本文化研究センターの教授・准教授が1名、共同の研究代表者として参加します。申請にあたっては、「共同研究代表者 候補者一覧」から選出し、申請内容について事前に相談のうえ申請してください。

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019138
人文環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 旭硝子財団 2019/9/13(月)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
建築・都市分野、人文・社会科学分野、環境フィールド研究分野

【年齢】
<提案研究>1974年1月1日以降生まれであること
<発展研究>年齢制限なし

【助成金額】 ※全て1件当たりの金額
<提案研究>
建築・都市分野:50~150万円、人文・社会科学分野:50~100万円、環境フィールド研究分野:50~100万円
<発展研究>
建築・都市分野:200~400万円、人文・社会科学分野:200~300万円、環境フィールド研究分野:200~400万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019126
心理・教育人文
公益財団法人上廣倫理財団 2019/9/2(月)必着
〈郵送〉
令和元年度研究助成 【対象分野】
(1)人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
(2)現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
(3)学校における倫理教育・道徳教育に関する研究

【助成金額】
Aコース:上限60万円
Bコース:上限100万円
(応募時に選択)

・概ね45歳までの研究者が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019085
人文健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人三島海雲記念財団 2019/9/30(月)当日消印有効
〈郵送〉
第9回(2020年度)三島海雲学術賞 ①自然科学部門 ②人文科学部門 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
①自然科学部門:食の科学に関する研究
②人文科学部門:アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し、日本を中心とする研究は除く)

【助成金額】
副賞として200万円

・学部(研究科)長等の推薦が必要です(1推薦者印につき2件以内)
2019080
人文健康福祉ライフサイエンス社会・法学
公益財団法人 味の素食の文化センター 2019/8/30(土)
〈郵送+メール〉
2019年度「食の文化研究助成」 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分
野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)
も含めます。

【助成金額】
1 件当たり 100 万円程度

・対象研究分野のしかるべき研究者の推薦書が必要です。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019153
情報通信健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/3(火)23:59まで
〈Web申請〉
2019年度研究助成金(①健康科学・医学・薬学、②新領域4.0) 【対象分野】
①生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学( 〃 )

②生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する次の諸分野の研究
・生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)

【助成金額】
1件500万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)に所属している方>
大学院研究科長(または学部長)を推薦者としてください。1推薦者からの推薦は、1件に限られていますので、ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。(学部長と研究科長を兼務している場合は、いずれか1件の推薦のみ)

<大学共通組織(研究センター等)に所属している方>
学長を推薦者としてください。推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/2(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019152
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/30(月)
〈Web申請〉
2019年度国際シンポジウム開催助成金 【対象】
生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する、以下のすべての要件を満たす国際的な研究集会
(1)わが国で単独に開催される国際シンポジウムであること。
(国内学会との合同または共同開催、併催等のシンポジウムは対象外とする。)
(2)原則として、参加者100名以上、かつ海外からの参加者が10名以上であること。
(3)2020年1月から12月末までに開催されること。
(4)研究機関同士の連絡会議や研修会は対象外とする。

【助成金額】
原則として1件100万円以内
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019129
健康福祉ライフサイエンス経営・経済社会・法学
非営利・協同総合研究所いのちとくらし(総研いのちとくらし) 通年(予算の範囲で実施) 2019年度奨励研究 【対象】
実践家(年齢不問)や研究者(応募時に概ね40歳未満)による、「非営利・協同」および「いのちとくらし」に関わる実践や調査・研究

【助成金額】
1件当たり10 万円以内
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019100
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019年度中谷賞候補者推薦 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
大賞:賞金500万円
奨励賞:賞金250万円

・1推薦者から1名の応募に限ります。

・昨年度(2018年度)の推薦候補者も審査対象となります。
2019099
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019(令和元)年度技術開発研究助成 【長期大型研究】 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
年間最大6,000万円×5年間(総額3億円)

・研究科長の承認印が必要です。

・各大学からの応募は1件に限りませんが、各部局からは1件とします。

・本財団の他の技術開発研究助成への重複応募はご遠慮下さい。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019085
人文健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人三島海雲記念財団 2019/9/30(月)当日消印有効
〈郵送〉
第9回(2020年度)三島海雲学術賞 ①自然科学部門 ②人文科学部門 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
①自然科学部門:食の科学に関する研究
②人文科学部門:アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し、日本を中心とする研究は除く)

【助成金額】
副賞として200万円

・学部(研究科)長等の推薦が必要です(1推薦者印につき2件以内)
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019080
人文健康福祉ライフサイエンス社会・法学
公益財団法人 味の素食の文化センター 2019/8/30(土)
〈郵送+メール〉
2019年度「食の文化研究助成」 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分
野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)
も含めます。

【助成金額】
1 件当たり 100 万円程度

・対象研究分野のしかるべき研究者の推薦書が必要です。
2019051
健康福祉
公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
第6回昭和上條医療賞(2019年度顕彰) 【助成金額】
副賞として100万円/件

・推薦者は関係領域の有識者とします。
2019038
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第36回(2019年度)内藤記念海外研究留学助成金 【助成金額】
450万円/件
※1年以上留学する者が対象

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019037
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第4回(2019年度)内藤記念次世代育成支援研究助成金 【助成金額】
年間200万円×3年間

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019014
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【前期】2019/5/27(月)必着
【後期】2019/9/24(火)必着
〈どちらもWeb申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、上記締切の1ヶ月前迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第51回(2019年度)内藤記念海外学者招聘助成金 【助成金額】
20~80万円/件

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、財団締切の1ヶ月前迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただくことがございます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019012
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【夏季】2019/5/20(月)必着
【秋季】2019/8/20(火)必着
【冬季】2019/11/20(水)必着
【春季】2020/2/20(木)必着
〈全てWeb申請+郵送〉
第47回(2019年度)内藤記念講演助成金 【助成金額】上限50万円/件
※日本国内で開催される国際会議について開催にかかる費用の一部を助成

【推薦者】
①本財団の理事・監事および評議員:1推薦者につき年間2件
②本財団の指定した32学会の代表者:1推薦者につき年間1件
・指定32学会は以下財団サイトの推薦者の箇所でご確認下さい。 
https://www.naito-f.or.jp/jp/joseikn/jo_index.php?data=detail&grant_id=KOU
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 山田科学振興財団 2019/10/31(火)必着
〈郵送〉
2020年度留学費助成「長期間派遣援助」 【対象分野】
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象

【助成金額】
滞在費、滞在中の国内旅費、渡航費等として、1人あたりUS$10,000

・申請書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/10/24(木))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019180
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
2019年度研究助成 【対象分野】
課題A「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

【助成金額】
1件あたり100万円(原則)

・原則45歳以下が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019175
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 対象会議開催 3 ヶ月前必着
〈郵送〉
国際会議発表渡航助成 【対象分野】
電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)

【助成金額】
1件につきアジア地区は20万円、その他の地区は30万円を上限とし、実費相当額の支援

・対象国際会議での研究発表をご自身でなさる、満40歳以下(応募締切日現在)の研究者を対象とします。(日本顕微鏡学会員であることが望ましく、日本からの渡航者に限ります)
2019174
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/12/6(金)必着
〈郵送〉
風戸研究奨励賞 【対象】
満35才以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いる研究提案(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)に対して、実績があり且つ将来性のある優秀な研究者

【助成金額】
1件あたり200万円

・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019173
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/10/18(金)必着
〈郵送〉
風戸賞 【対象】
満45歳以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者

【助成金額】
副賞として100万円


・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019168
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 小笠原科学技術振興財団 2019/9/17(火)必着
〈郵送〉
令和元年度一般研究助成 【対象分野】
高分子分野における新素材・加工技術・新機能に関する研究開発

【助成金額】
1件当たり100~500万円

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019167
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第39回助成候補者 【対象分野】
1.研究助成
(1) ウェザリング技術あるいはその関連技術について実績があり、かつ今後の発展が期待できる研究目標を持つ研究者または研究グループ。
(2) ウェザリング技術あるいはその関連技術について強い関心を持ち、明確な研究目標を持つ若い研究者。

2.国際会議助成
ウェザリング技術に関わる国際会議を主催する者で、その会議が具体的な成果として我が国のウェザリング技術の発展に資するものと認められる会議であること。

【助成金額】
研究助成は1件50万円、100万円の2種類
国際会議助成は50万円を上限

・本学からの推薦件数が2件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019166
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第38回スガウェザリング財団賞表彰候補者 【対象分野】
自然環境における工業材料の腐食、退色などの劣化現象(ウェザリングという)について、加速試験等による寿命評価、劣化機構の解明、表面処理等による耐劣化性の向上など(ウェザリング技術と呼ぶ)

【助成金額】
(1) 科学技術賞
個人…副賞として50万円
(2) 科学技術功労賞 及び (3)科学技術奨励賞
個人…副賞として20万円
(4) 技術功労賞
個人…副賞として10万円

・本学からの推薦件数が1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019156
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人江野科学振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈郵送〉
第31回(2019年度)研究助成 【対象分野】
ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。

【助成金額】
①一般研究助成:1件あたり200万円もしくは100万円
②田中康之ゴム科学賞:1件あたり200万円

・②は大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(2019年4月1日現在)の方が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019148
ナノテク・材料
公益財団法人 徳山科学技術振興財団 2019/9/20(金)正午必着
〈郵送〉
2020年度国際シンポジウム助成 ※2019/8/1から受付開始

【助成対象】
国内で開催される、新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野の国際シンポジウム

【助成金額】
1件10~30万円
2019147
ナノテク・材料
公益財団法人 徳山科学技術振興財団 2019/9/20(金)正午必着
〈郵送+メール〉
2020年度研究助成 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究

【助成金額】
1件最高200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019139
ナノテク・材料機械製造・技術
パワーアカデミー 2019/8/23(金)15:00
〈メール〉
2019年度パワーアカデミー研究助成 【対象分野】
<特別推進研究> パワーアカデミー研究マップに関連した独創的、先駆的、かつ、大学・高等専門学校間の連携を通じて電気工学分野への波及効果が期待できる研究
<萌芽研究>パワーアカデミー研究マップに関連した電気工学分野の将来展開を見据えた研究

【助成金額】
<特別推進研究>1,000万円程度
<萌芽研究>上限100万円/人(チーム型は別途20万円/人を加算)
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019109
エネルギー情報通信ナノテク・材料
公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団 2019/8/31(土)必着
〈Web申請+郵送〉
2019(H31)年度研究助成 【対象分野】
情報、新材料、エネルギーに関する分野

【助成金額】
(1)一般研究助成
助成期間3年で200万円以内
(2)奨励研究助成(原則35歳以下)
助成期間1年で100万円以内

・学部(研究科)長等の推薦が印が必要です。推薦件数は1つの研究科・学部から(1)(2)各2件までに限られているため、各部局で取りまとめの上、応募をお願いいたします。
2019100
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019年度中谷賞候補者推薦 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
大賞:賞金500万円
奨励賞:賞金250万円

・1推薦者から1名の応募に限ります。

・昨年度(2018年度)の推薦候補者も審査対象となります。
2019099
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019(令和元)年度技術開発研究助成 【長期大型研究】 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
年間最大6,000万円×5年間(総額3億円)

・研究科長の承認印が必要です。

・各大学からの応募は1件に限りませんが、各部局からは1件とします。

・本財団の他の技術開発研究助成への重複応募はご遠慮下さい。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 山田科学振興財団 2019/10/31(火)必着
〈郵送〉
2020年度留学費助成「長期間派遣援助」 【対象分野】
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象

【助成金額】
滞在費、滞在中の国内旅費、渡航費等として、1人あたりUS$10,000

・申請書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/10/24(木))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019181
ライフサイエンス
公益財団法人小林財団 応募をお考えの方は、2019/8/27(火)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第1回小林賞 【対象】
医学、薬学、農学、工学、理学などの生命科学に関する分野において、独創的な研究を行い、顕著な成果を挙げ、さらにその後も当該研究分野の発展が期待される国内の研究者

【助成金額】
副賞として 3,000万円

・本学からの推薦件数が1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/27(火)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019180
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
2019年度研究助成 【対象分野】
課題A「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

【助成金額】
1件あたり100万円(原則)

・原則45歳以下が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019175
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 対象会議開催 3 ヶ月前必着
〈郵送〉
国際会議発表渡航助成 【対象分野】
電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)

【助成金額】
1件につきアジア地区は20万円、その他の地区は30万円を上限とし、実費相当額の支援

・対象国際会議での研究発表をご自身でなさる、満40歳以下(応募締切日現在)の研究者を対象とします。(日本顕微鏡学会員であることが望ましく、日本からの渡航者に限ります)
2019174
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/12/6(金)必着
〈郵送〉
風戸研究奨励賞 【対象】
満35才以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いる研究提案(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)に対して、実績があり且つ将来性のある優秀な研究者

【助成金額】
1件あたり200万円

・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019173
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/10/18(金)必着
〈郵送〉
風戸賞 【対象】
満45歳以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者

【助成金額】
副賞として100万円


・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019153
情報通信健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/3(火)23:59まで
〈Web申請〉
2019年度研究助成金(①健康科学・医学・薬学、②新領域4.0) 【対象分野】
①生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する以下の諸分野の研究
(1)東洋医学、体力医学、社会医学、栄養学、薬学一般
(2)基礎医学(上記以外)
(3)臨床医学( 〃 )

②生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する次の諸分野の研究
・生命科学と他分野との融合領域(生体情報学、生体医工学、生体材料学など)

【助成金額】
1件500万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)に所属している方>
大学院研究科長(または学部長)を推薦者としてください。1推薦者からの推薦は、1件に限られていますので、ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。(学部長と研究科長を兼務している場合は、いずれか1件の推薦のみ)

<大学共通組織(研究センター等)に所属している方>
学長を推薦者としてください。推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/2(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019152
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人上原記念生命科学財団 2019/9/30(月)
〈Web申請〉
2019年度国際シンポジウム開催助成金 【対象】
生命科学、特に健康の増進、疾病の予防および治療に関連する、以下のすべての要件を満たす国際的な研究集会
(1)わが国で単独に開催される国際シンポジウムであること。
(国内学会との合同または共同開催、併催等のシンポジウムは対象外とする。)
(2)原則として、参加者100名以上、かつ海外からの参加者が10名以上であること。
(3)2020年1月から12月末までに開催されること。
(4)研究機関同士の連絡会議や研修会は対象外とする。

【助成金額】
原則として1件100万円以内
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019146
ライフサイエンス
公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
第31回(2019年度)国際交流助成 下期 【助成対象】
海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会・シンポジウム等で、自己の研究成果を発表する、国内在住で、応募締切日に35才以下の研究者

【助成金額】
渡航地域により、10万円から30万円

・申請者の現所属機関・研究室の上長(教授、主任研究員などのPI相当職)。申請者ご自身がPIの場合は、上位者による推薦が必要です。推薦者は1名のみ推薦可。
2019145
ライフサイエンス
公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団 2019/9/30(月) 〈Web申請〉 第31回(2019年度)研究助成 【対象分野】
M分野「メディカルサイエンス分野」(40歳以下)、B分野「バイオテクノロジー分野」(40歳以下)、E分野「環境バイオ分野」(35歳以下)

【助成金額】
M分野B分野:1件当たり200万円
E分野:1件当たり100万円

・学部長推薦、大学院研究科長推薦のどちらでも可能ですが、応募枠はあわせて1件となっています。応募希望の方は学部事務室にお問い合わせください。
2019144
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2019/8/19(月)17時必着
〈メール〉
2019(令和元)年度総合地球環境学研究所実践プロジェクト 総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019129
健康福祉ライフサイエンス経営・経済社会・法学
非営利・協同総合研究所いのちとくらし(総研いのちとくらし) 通年(予算の範囲で実施) 2019年度奨励研究 【対象】
実践家(年齢不問)や研究者(応募時に概ね40歳未満)による、「非営利・協同」および「いのちとくらし」に関わる実践や調査・研究

【助成金額】
1件当たり10 万円以内
2019127
ライフサイエンス
公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈郵送〉

※学長推薦による応募をお考えの方は、2019/8/30(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第28回木原記念財団学術賞 【対象】
生命科学分野の50歳以下の国内研究者

【助成金額】
賞金として200万円

・学長もしくは学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
 詳細は以下をご覧ください。

<学部(研究科)長推薦>
1推薦者からの推薦は、1件に限られています。ご希望の場合は所属部局の事務へお問い合わせください。

<学長推薦>
推薦件数は1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/30(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019115
情報通信ライフサイエンス経営・経済
公益財団法人中島記念国際交流財団 2019/8/23(金)17時必着
〈郵送〉
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
<海外留学>情報科学、生命科学、経営科学
<研究助成>情報科学、生命科学

【助成金額】
<海外留学>奨学金(月額) 20万円、支度金50万円(往路渡航費含む)、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)、授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
<研究助成>1件500万円以内
2019112
ライフサイエンス
一般財団法人 ホーユー科学財団 2019/9/30(月)
〈メール〉
2020年度 助成事業 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
毛髪科学、皮膚科学、薬理学、染色化学に関する研究テーマ

【助成金額】
1件50万円
理事会にて特に評価された場合に限り100万円
2019100
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019年度中谷賞候補者推薦 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
大賞:賞金500万円
奨励賞:賞金250万円

・1推薦者から1名の応募に限ります。

・昨年度(2018年度)の推薦候補者も審査対象となります。
2019099
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019(令和元)年度技術開発研究助成 【長期大型研究】 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
年間最大6,000万円×5年間(総額3億円)

・研究科長の承認印が必要です。

・各大学からの応募は1件に限りませんが、各部局からは1件とします。

・本財団の他の技術開発研究助成への重複応募はご遠慮下さい。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019095
ライフサイエンス
公益財団法人ホクト生物科学振興財団 2019/8/27(火)必着
〈郵送〉
2019年度助成先公募 【対象分野】
バイオテクノロジーを 主体とする生物科学に関する調査・研究・技術開発

【助成金額】
1件20万円程度から100万円程度
2019085
人文健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人三島海雲記念財団 2019/9/30(月)当日消印有効
〈郵送〉
第9回(2020年度)三島海雲学術賞 ①自然科学部門 ②人文科学部門 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
①自然科学部門:食の科学に関する研究
②人文科学部門:アジア地域の歴史を中心とする人文科学に関する研究(但し、日本を中心とする研究は除く)

【助成金額】
副賞として200万円

・学部(研究科)長等の推薦が必要です(1推薦者印につき2件以内)
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019080
人文健康福祉ライフサイエンス社会・法学
公益財団法人 味の素食の文化センター 2019/8/30(土)
〈郵送+メール〉
2019年度「食の文化研究助成」 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分
野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)
も含めます。

【助成金額】
1 件当たり 100 万円程度

・対象研究分野のしかるべき研究者の推薦書が必要です。
2019065
エネルギーライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 前川報恩会 2019/9/30(月)17時
〈Web申請〉
2019年度 学術研究助成 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
環境・エネルギー・食料に関する研究

【助成金額】
最大300万円
2019038
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第36回(2019年度)内藤記念海外研究留学助成金 【助成金額】
450万円/件
※1年以上留学する者が対象

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019037
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 2019/9/24(火)必着
〈Web申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、2019/8/23(金)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第4回(2019年度)内藤記念次世代育成支援研究助成金 【助成金額】
年間200万円×3年間

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/23(金)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019014
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【前期】2019/5/27(月)必着
【後期】2019/9/24(火)必着
〈どちらもWeb申請+郵送〉

※学部(研究科)に所属していない方は学長推薦となりますため、上記締切の1ヶ月前迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。
第51回(2019年度)内藤記念海外学者招聘助成金 【助成金額】
20~80万円/件

・学部(研究科)長の推薦が必要です。推薦件数は1推薦者につき1件。

・同一専攻の研究科と学部の両方から別々には申請できない。どちらか一方の推薦者から1名に限定して推薦すること。

・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、財団締切の1ヶ月前迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただくことがございます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019012
健康福祉ライフサイエンス
公益財団法人 内藤記念科学振興財団 【夏季】2019/5/20(月)必着
【秋季】2019/8/20(火)必着
【冬季】2019/11/20(水)必着
【春季】2020/2/20(木)必着
〈全てWeb申請+郵送〉
第47回(2019年度)内藤記念講演助成金 【助成金額】上限50万円/件
※日本国内で開催される国際会議について開催にかかる費用の一部を助成

【推薦者】
①本財団の理事・監事および評議員:1推薦者につき年間2件
②本財団の指定した32学会の代表者:1推薦者につき年間1件
・指定32学会は以下財団サイトの推薦者の箇所でご確認下さい。 
https://www.naito-f.or.jp/jp/joseikn/jo_index.php?data=detail&grant_id=KOU
星2019001
ライフサイエンス
公益財団法人 井上科学振興財団 応募をお考えの方は、2019/8/20(火)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第36回(2019年度)井上研究奨励賞 【対象分野】
自然科学

【助成金額】
副賞として50万円

・本学からの推薦件数が3件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/8/20(火)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただくことがございます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019192
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 山田科学振興財団 2019/10/31(火)必着
〈郵送〉
2020年度留学費助成「長期間派遣援助」 【対象分野】
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象

【助成金額】
滞在費、滞在中の国内旅費、渡航費等として、1人あたりUS$10,000

・申請書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/10/24(木))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019180
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
2019年度研究助成 【対象分野】
課題A「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

【助成金額】
1件あたり100万円(原則)

・原則45歳以下が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019179
機械製造・技術
公益財団法人 油空圧機器技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈郵送〉
2019年度研究助成金 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
油圧・空気圧機器及びこれらの機器と周辺機器から構成される駆動システム、並びにこれを補完し、あるいはこれと併用する駆動システムの開発・生産・利用に関する基礎的応用的な技術の研究

【助成金額】
1件あたり100万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019175
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 対象会議開催 3 ヶ月前必着
〈郵送〉
国際会議発表渡航助成 【対象分野】
電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)

【助成金額】
1件につきアジア地区は20万円、その他の地区は30万円を上限とし、実費相当額の支援

・対象国際会議での研究発表をご自身でなさる、満40歳以下(応募締切日現在)の研究者を対象とします。(日本顕微鏡学会員であることが望ましく、日本からの渡航者に限ります)
2019174
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/12/6(金)必着
〈郵送〉
風戸研究奨励賞 【対象】
満35才以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いる研究提案(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)に対して、実績があり且つ将来性のある優秀な研究者

【助成金額】
1件あたり200万円

・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019173
ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人風戸研究奨励会 2019/10/18(金)必着
〈郵送〉
風戸賞 【対象】
満45歳以下(応募締切日現在)で、電子顕微鏡並びに関連装置の研究・開発及び電子顕微鏡並びに関連装置を用いた研究(医学、生物学、物理学、化学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者

【助成金額】
副賞として100万円


・研究内容に精通している方の推薦が必要です。
2019172
機械製造・技術
公益財団法人 スズキ財団 2019/9/30(月)
〈メール〉
令和元年度科学技術研究助成 【対象分野】
国民生活用機械等の生産・利用・消費に係る科学技術に関する研究でかつ独創的・先進的又は基礎的・先導的な研究開発課題

【助成金額】
1)若手科学技術研究助成
35歳以下(平成31年4月1日時点)対象
1件あたり100万円

2)一般科学技術研究助成
年齢制限なし
1件あたり最大300万円
2019168
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 小笠原科学技術振興財団 2019/9/17(火)必着
〈郵送〉
令和元年度一般研究助成 【対象分野】
高分子分野における新素材・加工技術・新機能に関する研究開発

【助成金額】
1件当たり100~500万円

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019167
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第39回助成候補者 【対象分野】
1.研究助成
(1) ウェザリング技術あるいはその関連技術について実績があり、かつ今後の発展が期待できる研究目標を持つ研究者または研究グループ。
(2) ウェザリング技術あるいはその関連技術について強い関心を持ち、明確な研究目標を持つ若い研究者。

2.国際会議助成
ウェザリング技術に関わる国際会議を主催する者で、その会議が具体的な成果として我が国のウェザリング技術の発展に資するものと認められる会議であること。

【助成金額】
研究助成は1件50万円、100万円の2種類
国際会議助成は50万円を上限

・本学からの推薦件数が2件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019166
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団 応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に産学公連携センター外部資金係へご一報ください。 第38回スガウェザリング財団賞表彰候補者 【対象分野】
自然環境における工業材料の腐食、退色などの劣化現象(ウェザリングという)について、加速試験等による寿命評価、劣化機構の解明、表面処理等による耐劣化性の向上など(ウェザリング技術と呼ぶ)

【助成金額】
(1) 科学技術賞
個人…副賞として50万円
(2) 科学技術功労賞 及び (3)科学技術奨励賞
個人…副賞として20万円
(4) 技術功労賞
個人…副賞として10万円

・本学からの推薦件数が1件に限られておりますため、応募をお考えの方は、2019/9/30(月)迄に下記メールアドレスへご一報ください。応募多数の場合、調整させていただきます。

産学公連携センター 外部資金係
gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
※[at]を@に変えて下さい。
2019156
ナノテク・材料機械製造・技術
公益財団法人江野科学振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈郵送〉
第31回(2019年度)研究助成 【対象分野】
ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。

【助成金額】
①一般研究助成:1件あたり200万円もしくは100万円
②田中康之ゴム科学賞:1件あたり200万円

・②は大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(2019年4月1日現在)の方が対象です。

・学部(研究科)長等の推薦が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019143
情報通信機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人科学技術融合振興財団 2019/10/15(火)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金・補助金 【対象分野】
○研究助成
課題A:シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B:①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)、②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
○補助金
課題C:シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究


【助成金額】
○研究助成:1件30万円~150万円を上限
○補助金:1件15万~30万円を上限

※補助金は若手研究者(大学院生・助手等)が対象です。
2019139
ナノテク・材料機械製造・技術
パワーアカデミー 2019/8/23(金)15:00
〈メール〉
2019年度パワーアカデミー研究助成 【対象分野】
<特別推進研究> パワーアカデミー研究マップに関連した独創的、先駆的、かつ、大学・高等専門学校間の連携を通じて電気工学分野への波及効果が期待できる研究
<萌芽研究>パワーアカデミー研究マップに関連した電気工学分野の将来展開を見据えた研究

【助成金額】
<特別推進研究>1,000万円程度
<萌芽研究>上限100万円/人(チーム型は別途20万円/人を加算)
2019137
エネルギー情報通信ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人 旭硝子財団 2019/8/30(金)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「研究奨励」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
化学・生命分野、物理・情報分野

【年齢】
1974年1月1日以降生まれであること

【助成金額】
1件当たり上限200万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019111
情報通信機械製造・技術
公益財団法人人工知能研究振興財団 2019/9/30(月)必着
〈郵送〉
第30回 令和元年度 人工知能研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、 研究及び開発

【助成金額】
1テーマにつき、100万円を限度
2019105
機械製造・技術
公益財団法人 金型技術振興財団 【前期】
2019/7/31(水)必着
【後期】
2019/12/31(火)必着
〈メール及び郵送〉
2019年度海外交流助成 【助成金額】
国際会議等への参加:1件30万円以内
国際会議開催:総額60万円 1件~2件程度

・学部(研究科)長等の推薦及び出張の承諾が必要です。
2019104
機械製造・技術
公益財団法人 金型技術振興財団 2019/8/20(火)必着
〈メール及び郵送〉
2019年度研究開発助成 【助成対象】
金型関連技術及び金型を利用する成形関連技術、並びにそれらの基礎となる工学分野における独創的で優れた研究テーマに対し助成する

【助成金額】
1件あたり300万円以内

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019100
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019年度中谷賞候補者推薦 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
大賞:賞金500万円
奨励賞:賞金250万円

・1推薦者から1名の応募に限ります。

・昨年度(2018年度)の推薦候補者も審査対象となります。
2019099
健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術
公益財団法人中谷医工計測技術振興財団 ①メールでの提出
2019/9/26(木)必着

②郵送での提出
2019/9/26(木)当日消印有効

※メール及び郵送での提出が必要です。
2019(令和元)年度技術開発研究助成 【長期大型研究】 ※2019/6/1から受付開始

【対象分野】
医工計測および関連技術

【助成金額】
年間最大6,000万円×5年間(総額3億円)

・研究科長の承認印が必要です。

・各大学からの応募は1件に限りませんが、各部局からは1件とします。

・本財団の他の技術開発研究助成への重複応募はご遠慮下さい。
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
2019065
エネルギーライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 前川報恩会 2019/9/30(月)17時
〈Web申請〉
2019年度 学術研究助成 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
環境・エネルギー・食料に関する研究

【助成金額】
最大300万円
2019054
機械製造・技術
公益財団法人 NSKメカトロニクス技術高度化財団 2019/11/5(火)必着
〈郵送+メール〉
メカトロニクス技術高度化「研究助成」(2019年度事業分) 【助成金額】
200万円以内/件
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019191
エネルギー情報通信ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
三井物産株式会社 産学公連携センター締切
2019/9/17(火)

※財団締切
2019/9/24(火)24時
〈メール〉
2019年度三井物産環境基金【研究助成】 【対象分野】
地球環境、資源循環、生態系・共生社会、人間と社会のつながり

【助成金額】
上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

・9月3日(火)~9日(月)に個別相談会が開催されます。


・申請書表紙には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/17(可))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。申請書表紙に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019190
エネルギー情報通信健康福祉機械製造・技術環境都市基盤
愛知県 経済産業局、公益財団法人科学技術交流財団、公益財団法人日比科学技術振興財団 2019/9/17(火)当日消印有効
〈郵送もしくはメール〉
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第14回わかしゃち奨励賞 【対象分野】
募集テーマ:イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
・次世代自動車分野 ・航空宇宙分野
・ロボット分野 ・健康長寿分野
・環境・新エネルギー分野 ・ICT、IoT、「標準化」分野

【助成金額】
最優秀賞:研究奨励金30万円
優秀賞:研究奨励金10万円
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019183
エネルギー情報通信心理・教育健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村学術賞 【対象分野】
産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野

【助成金額】
本賞:賞金2,000万円
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019155
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
一般財団法人 鷹野学術振興財団 2019/9/13(金)必着
〈郵送〉
2019年度 研究助成 【対象分野】
電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境・エネルギー関連、農学 (機能性食品開発等)

【助成金額】
1件につき300万円以内

・2019年9月13日現在満40歳以下の日本国籍を有する方(大学院博士後期課程の学生を含む)が対象です。

・学部(研究科)長もしくは指導教授の推薦が必要です。
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019149
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 2019/9/30(月)必着
〈Web申請+郵送〉
令和元年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 【対象分野】
AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域が対象。令和元年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

1.光と画像に関する材料及びデバイスの研究
2.光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
3.光と画像に関するその他の先端的な研究

【助成金額】
奨励賞(優秀賞):1件あたり100万円
奨励賞:1件あたり 50万円
連携賞:1件あたり100万円

・奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とします。但し、年齢は40才以下(令和元年9月30日時点)とします。

・書類郵送前に財団ホームページのエントリーフォームへの入力が必要です。
2019144
エネルギーライフサイエンス環境都市基盤
大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 2019/8/19(月)17時必着
〈メール〉
2019(令和元)年度総合地球環境学研究所実践プロジェクト 総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019143
情報通信機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人科学技術融合振興財団 2019/10/15(火)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金・補助金 【対象分野】
○研究助成
課題A:シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B:①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)、②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
○補助金
課題C:シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究


【助成金額】
○研究助成:1件30万円~150万円を上限
○補助金:1件15万~30万円を上限

※補助金は若手研究者(大学院生・助手等)が対象です。
2019138
人文環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 旭硝子財団 2019/9/13(月)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
建築・都市分野、人文・社会科学分野、環境フィールド研究分野

【年齢】
<提案研究>1974年1月1日以降生まれであること
<発展研究>年齢制限なし

【助成金額】 ※全て1件当たりの金額
<提案研究>
建築・都市分野:50~150万円、人文・社会科学分野:50~100万円、環境フィールド研究分野:50~100万円
<発展研究>
建築・都市分野:200~400万円、人文・社会科学分野:200~300万円、環境フィールド研究分野:200~400万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019106
環境都市基盤
公益財団法人 東急財団 2019/8/31(土)必着
〈メールもしくは郵送〉
第11回(2019年度)東急財団社会貢献環境学術賞 【対象】
日本の環境分野において学術的かつ社会的に特に顕著な業績を挙げた研究者(個人・共同・団体)、外国籍(国内で研究されている方を含む)、但し企業は除きます。

【助成金額】
賞金として100万円
2019096
エネルギー健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 御器谷科学技術財団 2019/9/30(月)当日発送分有効
〈Web申請〉
2019年度研究開発助成 【対象分野】
(1)生産分野 (2)医療・福祉分野

【助成金額】
原則として1件当たり最高100万円

・承諾書に学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019088
環境都市基盤
公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団 2019/8/31(土)必着
〈郵送〉
2020年度環境プロジェクト助成 ※2019/6/10から受付開始

【対象分野】
アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業

【助成金額】
1件当たり50~100万程度

・日本の大学もしくは環境保全活動や支援活動を行なっている団体、会社等に所属する方からの推薦が必要です。(外国人も可。但し共同事業は日本人を代表者とすること)

・活動地域(アジア・オセアニア地域)の現地において、当概事業の共同者(協力者)がいることが必要です。
2019084
エネルギー情報通信健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 国際科学技術財団 2019/8/30(金)
〈郵送〉
2019年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)学生派遣に伴う推薦 【応募条件】
・日本国際賞の領域である「物理、化学、 情報、工学」領域、または「生命、農学、医学」領域を研究または専攻していること。
・18歳から24歳(2019年12月3日時点)の日本国籍の学生であること
・その他の条件については財団HPをご確認ください。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2019076
エネルギー情報通信ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人東電記念財団 2019/9/30(月)24時
〈Web申請〉
2019年度研究助成(基礎研究) 【対象分野】
産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究

【助成金額】
500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。
2019065
エネルギーライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤
公益財団法人 前川報恩会 2019/9/30(月)17時
〈Web申請〉
2019年度 学術研究助成 ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
環境・エネルギー・食料に関する研究

【助成金額】
最大300万円
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019178
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/12/20(金)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度前期国際交流助成 【対象】
日本国に居住する40歳以下(申請時の満年齢)の研究者。
海外で開催される国際学会・国際研究集会等(以下、国際会議と称す)で、財団の趣意にある「人間と機械の調和を促進する」に関する論文の発表(国際会議発表)を行なう、或いは「人間と機械の調和を促進する」に関する研究を海外の研究者と共同で実施(短期在外研究)する若手研究者の方々に、必要な費用(渡航費・滞在費・会議登録費)の一部を支援する。

【助成金額】
国際会議発表では、海外で開催される国際的に権威ある国際会議に出席するための渡航費、滞在費(宿泊費)、会議登録費を助成。渡航費(航空運賃)の上限の目安は以下の通りです。
韓国・台湾・香港 12万円まで
中国・ハワイ・東南アジア 15万円まで
米国・カナダ・豪州  20万円まで
欧州 25万円まで
2019177
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/10/31(木)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(A)(B)(C) ※2019/9/1から受付開始

【対象分野】
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動

【助成金額】
研究助成(A):1件あたり250万円以下(原則1年)
研究助成(B):1件あたり500万円以下(2年)
研究助成(C):1件あたり50万円以下/年(1~3年、ただし博士課程後期(または相当)への在学期間に限定)

・研究助成(C)には、助成期間に日本国内に居住し、博士課程(後期)に在学する学生のみ応募できます。(予定を含む)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019176
情報通信健康福祉ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済
公益財団法人 立石科学技術振興財団 2019/9/30(月)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
2020年度 研究助成(S) ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに可能ならば実証実験を目標とする研究プロジェクト。以下の分野を対象とします。
 ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(*) ④環境
(*)ここでは広義の生産のこと。すなわち、財やサービスあるいは付加価値を産み出す諸活動のことで、工業に限らず、農林水産業などにおける採取・育成の活動、販売・管理などの付加価値創出の活動も含む

【助成金額】
1件あたり総額3,000万円(原則3年間)

・学部(研究科)長等の承諾印が必要です。
2019162
経営・経済社会・法学
公益財団法人医療機器センター医療機器産業研究所 第8期募集
2019/7/31(水)必着
〈メールもしくは郵送〉

第9期募集
2019/11/29(金)必着
〈メールもしくは郵送〉
2019年度調査研究助成 【対象分野】
医療機器産業界の振興・発展に寄与する経済学、経営学、法学、レギュラトリーサイエンス、歴史学、政治学等の幅広い社会科学系研究テーマを幅広く募集します。調査や分析、実証研究、 ケーススタディ等を元に一般化した議論をするような研究を想定しています(医療機器の研究開発・試作、実験、臨床研究等は対象ではありません。)

【助成金額】
1件あたり50万円(税込)を基準とする
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019140
経営・経済社会・法学
公益財団法人全国銀行学術研究振興財団 2019/9/20(金)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究

【助成金額】
1件100万円以内。共同研究は1件150万円以内。
2019138
人文環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 旭硝子財団 2019/9/13(月)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
建築・都市分野、人文・社会科学分野、環境フィールド研究分野

【年齢】
<提案研究>1974年1月1日以降生まれであること
<発展研究>年齢制限なし

【助成金額】 ※全て1件当たりの金額
<提案研究>
建築・都市分野:50~150万円、人文・社会科学分野:50~100万円、環境フィールド研究分野:50~100万円
<発展研究>
建築・都市分野:200~400万円、人文・社会科学分野:200~300万円、環境フィールド研究分野:200~400万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019134
経営・経済社会・法学
国際交流基金日米センター 2019/9/1(日)
〈Web申請〉
2019年安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト 【対象プロジェクト】
次の4つのテーマのいずれか、または2つ以上のテーマの組み合わせに該当する社会科学ならびにその関連学問領域の研究。
1.個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
2.成長と持続的な発展
3.社会・科学・文化のトレンドと変容
4.ガバナンス、エンパワーメントと市民参加

【助成金額】
研究計画の内容と給与補償が必要かどうかによって決定され、それによってかなりの幅があります。

【説明会】
東京:7月9日(火)13時30分~15時
大阪:7月11日(木)17時30分~19時
詳細はこちらをご確認ください。
2019129
健康福祉ライフサイエンス経営・経済社会・法学
非営利・協同総合研究所いのちとくらし(総研いのちとくらし) 通年(予算の範囲で実施) 2019年度奨励研究 【対象】
実践家(年齢不問)や研究者(応募時に概ね40歳未満)による、「非営利・協同」および「いのちとくらし」に関わる実践や調査・研究

【助成金額】
1件当たり10 万円以内
2019125
情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済
株式会社リバネス 2019/8/31(土)24時まで
〈Web申請〉
第45回リバネス研究費 吉野家賞 【対象分野】
働くひとの付加価値を向上させるためのあらゆる研究
(ロボット、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、デザイン、ものづくり、など幅広い科学・技術分野)

【助成金額】
1件当たり上限50万円 + 店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

・学部生・大学院生~40歳以下の若手研究者が対象です。
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019115
情報通信ライフサイエンス経営・経済
公益財団法人中島記念国際交流財団 2019/8/23(金)17時必着
〈郵送〉
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
<海外留学>情報科学、生命科学、経営科学
<研究助成>情報科学、生命科学

【助成金額】
<海外留学>奨学金(月額) 20万円、支度金50万円(往路渡航費含む)、復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分)、授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
<研究助成>1件500万円以内
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
No 財団名 申込期限 制度・事業名称等 備考
2019186
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人日本科学協会 2019/10/16(水)23:59迄
〈Web申請〉
2020年度笹川科学研究助成(学術研究部門) 【対象分野】
人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究。その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援。

【助成金額】
1件あたり上限100万円

・2020年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。但し『海に関係する研究』については、雇用形態を問いません。

・推薦者が必要です。
2019185
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第2回 地球環境研究助成 【対象分野】
地球温暖化対策に関わる研究開発テーマ

【助成金額】
1件あたり500万円
2019184
エネルギーナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 市村清新技術財団 2019/10/20(日)消印有効
〈Web申請及び郵送〉
第52回市村賞 市村地球環境学術賞 【対象分野】
地球温暖化対策に関する学術分野

【助成金額】
功績賞:賞金500万円
貢献賞:賞金300万円

そのほか、受賞者が受賞研究に関連する国際会議、国際研究集会に出席する場合、申請により渡航費(航空券)の助成を行う。(受賞後5年以内で2回まで)

また、受賞者が国内で国際会議等を主体的立場で開催する場合、申請によりその開催経費の一部を助成する。(受賞後10年以内に開催するもの)

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019182
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 国際文化交流事業財団 2019/12/15(日)必着
〈郵送〉
令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 【対象分野】
(1)派遣
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家が、海外に渡航して行う活動を助成する事業。【注:大学院生等、学生は含みません。招聘についても同様です】

(2)招聘
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動して貰うための招聘を助成する事業。

​(3)被派遣者・被招聘者が行う活動
被派遣者が派遣先で行う活動及び被招聘者が日本国内で行う活動は、次のようなものです。研究、調査、研究集会、意見交換、講演、シンポジウム、フォーラム、フェスティバル、演奏会、展覧会、展示会等。

【助成金額】
派遣・招聘とも1名につき、
東アジア10万円
西アジア15万円
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円
北米及びその他の地域10万円
これを超える額は、自己負担となります。

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019164
人文社会・法学
公益財団法人韓昌祐・哲文化財団 2019/8/31(土)18時迄(郵送の場合は当日消印有効)
〈Web申請もしくは郵送〉
2019年度助成 【対象分野】
日韓に関わる文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・学術・国際交流

【助成金額】
1件当たり20万円~200万円
2019162
経営・経済社会・法学
公益財団法人医療機器センター医療機器産業研究所 第8期募集
2019/7/31(水)必着
〈メールもしくは郵送〉

第9期募集
2019/11/29(金)必着
〈メールもしくは郵送〉
2019年度調査研究助成 【対象分野】
医療機器産業界の振興・発展に寄与する経済学、経営学、法学、レギュラトリーサイエンス、歴史学、政治学等の幅広い社会科学系研究テーマを幅広く募集します。調査や分析、実証研究、 ケーススタディ等を元に一般化した議論をするような研究を想定しています(医療機器の研究開発・試作、実験、臨床研究等は対象ではありません。)

【助成金額】
1件あたり50万円(税込)を基準とする
2019157
情報通信心理・教育人文ナノテク・材料社会・法学
公益財団法人フジシールパッケージング教育振興財団 2019/8/25(日)
〈メール〉
2019年度 パッケージ研究助成 【対象分野】
パッケージに関わる研究。特に、パッケージ分野における環境対策の研究、パッケージに関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究。

【助成金額】
研究内容により、1件あたり500万円、300万円、200万円、100万円
2019154
心理・教育人文健康福祉環境都市基盤社会・法学
公益財団法人ダイオーズ記念財団 産学公連携センター締切
2019/9/27(金)

※財団締切
2019/10/4(金)消印有効
〈郵送〉
2019年度助成金 【対象分野】
内外に対して全ての人が安全に活き活きと働くことのできる社会環境に関する調査・研究を行う大学・研究所等における研究活動。

【助成金額】
1件100万円以内

・承諾書には学長印が必要です。産学公連携センター締切日(2019/9/27(金))迄に、応募書類一式を外部資金係メールアドレスへお送りください。承諾書に押印の上、返送致します。

 産学公連携センター外部資金係
 gaibushikin[at]jmj.tmu.ac.jp
 ※[at]を@に変えて下さい。
2019150
エネルギー情報通信心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
一般財団法人日本国土開発未来研究財団 2019/8/31(月)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成事業 【対象分野】
SDGs(持続可能な開発目標)に資する研究

【助成金額】
1件当たり年間最大500万円

・学部(研究科)長等の押印が必要です。
2019140
経営・経済社会・法学
公益財団法人全国銀行学術研究振興財団 2019/9/20(金)必着
〈郵送〉
2019年度学術研究助成 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究

【助成金額】
1件100万円以内。共同研究は1件150万円以内。
2019138
人文環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人 旭硝子財団 2019/9/13(月)
〈Web申請〉
2020年度採択(2019年度募集)国内研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 ※2019/8/1から受付開始

【対象分野】
建築・都市分野、人文・社会科学分野、環境フィールド研究分野

【年齢】
<提案研究>1974年1月1日以降生まれであること
<発展研究>年齢制限なし

【助成金額】 ※全て1件当たりの金額
<提案研究>
建築・都市分野:50~150万円、人文・社会科学分野:50~100万円、環境フィールド研究分野:50~100万円
<発展研究>
建築・都市分野:200~400万円、人文・社会科学分野:200~300万円、環境フィールド研究分野:200~400万円

・学部(研究科)長等の推薦印が必要です。
2019134
経営・経済社会・法学
国際交流基金日米センター 2019/9/1(日)
〈Web申請〉
2019年安倍フェローシップ・プログラム個人研究プロジェクト 【対象プロジェクト】
次の4つのテーマのいずれか、または2つ以上のテーマの組み合わせに該当する社会科学ならびにその関連学問領域の研究。
1.個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
2.成長と持続的な発展
3.社会・科学・文化のトレンドと変容
4.ガバナンス、エンパワーメントと市民参加

【助成金額】
研究計画の内容と給与補償が必要かどうかによって決定され、それによってかなりの幅があります。

【説明会】
東京:7月9日(火)13時30分~15時
大阪:7月11日(木)17時30分~19時
詳細はこちらをご確認ください。
2019129
健康福祉ライフサイエンス経営・経済社会・法学
非営利・協同総合研究所いのちとくらし(総研いのちとくらし) 通年(予算の範囲で実施) 2019年度奨励研究 【対象】
実践家(年齢不問)や研究者(応募時に概ね40歳未満)による、「非営利・協同」および「いのちとくらし」に関わる実践や調査・研究

【助成金額】
1件当たり10 万円以内
2019118
エネルギー心理・教育人文健康福祉ナノテク・材料ライフサイエンス機械製造・技術経営・経済社会・法学
公益財団法人 日本極地研究振興会 2019/11/30(土)
〈FAXまたは郵送、およびメール〉
令和1年度 助成金 【対象分野】
極地に関する自然科学、工学、医学、人文・社会科学分野の研究、研究成果の普及・アウトリーチ活動、青少年教育、その他極地の研究教育の発展に資する活動
2019080
人文健康福祉ライフサイエンス社会・法学
公益財団法人 味の素食の文化センター 2019/8/30(土)
〈郵送+メール〉
2019年度「食の文化研究助成」 ※2019/7/1から受付開始

【対象分野】
食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分
野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)
も含めます。

【助成金額】
1 件当たり 100 万円程度

・対象研究分野のしかるべき研究者の推薦書が必要です。
2019077
エネルギー情報通信人文ナノテク・材料機械製造・技術環境都市基盤経営・経済社会・法学
公益財団法人東電記念財団 2019/6/30(日)24時
〈Web申請〉
※予備審査の申込締切
2019年度研究助成(一般研究) 【対象分野】
電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む)

【助成金額】
上限100万円/件(採択額は財団が決定)

・研究内容を理解する大学教授級の研究者(共同研究者は除く)による推薦が必要です。(予備審査の段階では、推薦予定者名の記入のみ)

・予備審査通過後には本審査があります。(10月末申込締切予定)
2018274
社会・法学
公益財団法人 末延財団 12月5日(木)財団必着 在外研究支援奨学生事業

助成金カレンダー

締め切り迫る!

募集団体別のカレンダーを平成23年度からご覧になれます。
今後の研究資金獲得計画にお役立て下さい。

PDFファイルを見るにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。GetAcrobat