民間財団等研究助成 募集一覧(産学公連携センター取りまとめ外)

以下の一覧については、産学公連携センターで応募の取りまとめを行いませんのでご注意ください。
各部局で取りまとめるものもございますので、各学部・系の研究助成担当者にお問合わせ下さい。
(採択された場合には、産学公連携センターまでご連絡ください。)

カテゴリー別検索に戻る

 

大豊工業トライボロジー研究財団 2018年度 第1期 研究助成

募集団体 大豊工業トライボロジー研究財団(Taiho Kogyo Tribology Research Foundation) 
募集事業 2018年度 第1期 研究助成
研究分野 トライボロジー関連
助成金額等 1件当たり$1,000~$30,000
助成期間:1年(延長は更新時に審査の上で)
募集期限 2018年3月31日(土)財団必着(郵便、Eメール、Fax いずれか)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.ttrf.org/pages/app-research.html
その他 学部(研究科)長の推薦書が必要です。

(一財)東和食品研究振興会 2018年度 学術奨励金(一般研究枠)

募集団体 一般財団法人 東和食品研究振興会 
募集事業 2018年度 学術奨励金(一般研究枠)
研究分野 ① 食品の加工・保蔵に関する研究
② 食品の安全性に関する研究
③ 食品の機能性に関する研究
④ 食品または水産分野のバイオテクノロジーに関する研究
⑤ 食品の未利用資源の有効利用に関する研究
⑥ その他の食品科学に関する研究
助成金額等 上限200万円
募集期限 平成30年3月31日(土)郵送 + Eメール・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.towashokuhin.or.jp/academic/index.html
その他 ・申請には、学部長の推薦書が必要です。(既定の様式はありません)
・応募記入シート(Excel)を財団へEメール送信し、応募書類を郵送等で提出ください。

武田薬品工業(株) SKITオープンイノベーション

募集団体 武田薬品工業 株式会社 
募集事業 SKIT(Selective Kinase Inhibitor Tools) オープンイノベーション
研究分野 中枢神経系疾患、消化器系疾患および免疫機能・細胞に関する創薬研究に適した細胞系表現型アッセイ
助成金額等 武田薬品工業が創薬研究より独自に見出した化合物を含む、合計約200種類の選択的プロテインキナーゼ阻害化合物(「SKITライブラリ」)を提供
(SKITライブラリは、弊社が独自のアッセイ法により300を超えるプロテインキナーゼに対する活性を評価したうえ、一定の活性値および選択性の指標により選択した化合物)
研究期間:契約締結後、6ヶ月間
募集期限 2018年3月30日(金)までWebにて応募
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.takeda.co.jp/research/openi/skit-oi/

(一財)山下太郎顕彰育英会 第29回 山下太郎学術研究奨励賞

募集団体 一般財団法人 山下太郎顕彰育英会 
募集事業 第29回 山下太郎学術研究奨励賞
研究分野 専攻する学術分野
応募資格 ・秋田県出身、又は秋田県内の研究機関に所属する方
・2018年4月1日現在、満40歳未満
助成金額等 表彰状と副賞(100万円)
受賞者数:2名以内
募集期限 2018年3月1日(木)~同年3月30日(金)郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://yamaiku.jp/archives/836.html
その他 ・所属する学会、協会、学部の長の推薦が必要です。
・1推薦者1件のみの推薦です。

(一財)サムコ科学技術振興財団 第2回 薄膜技術に関する研究助成

募集団体 一般財団法人 サムコ科学技術振興財団 
募集事業 第2回 薄膜技術に関する研究助成
研究分野 以下の4 領域を優先
①材料科学、②ライフサイエンス、③エネルギー工学、④プラズマ工学
応募資格 募集期間締切時の年齢が45歳以下の若手研究者
助成金額等 200万円/1件
研究期間:原則として1年
(但し2 年を上限に継続した研究にも助成を行うことがある。)
件数:5件程度
募集期限 2018年3月15日(木)Eメール + 郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://www.samco.co.jp/foundation/recruitment/
その他 ・申請には、専攻長または研究科長の推薦書が必要です。
・申請書類をE-Mail で送付する際、研究助成申請書は「.doc」でお送りください。
 推薦状並びに研究論文は「.pdf」でお送りください。

(一財)日本化学工業協会 第6期 日化協LRI(長期自主研究)

募集団体 一般財団法人 日本化学工業協会 
募集事業 第6期 日化協LRI(長期自主研究)
研究分野 指定テーマ
(1)毒性発現メカニズムを考慮した毒性予測手法
(2)ナノマテリアルの物理化学的性状と有害性との関連性を考慮したカテゴリー化、グループ化による
  評価手法・ツールの開発
(3)小児における化学物質の影響の評価
(4)予測無影響濃度(PNEC)を導出するための新たな方法論の確立
(5)微小粒子(マイクロプラスチック等)に吸着した化学物質の環境生物へのばく露またはリスクの評価
助成金額等 1件あたり、年間で上限1,000万円程度
新たな採択テーマ数:5件程度
研究期間:2018年5月1日から2019年2月28日 予定
※複数年3~5年目安にまたがる研究の提案の場合は全体計画を申請書に記載してください。
 ただし、継続の可否に関しては1年ごとに審査があります。
募集期限 2018年3月2日(金)メール送付 + 一部申請書類郵送・先方必着
募集要領 募集要項は、以下URLからダウンロードしてください。
http://j-lri.org/contents/code/003-1_2
応募様式 応募様式は、以下URLからダウンロードしたものをお使いください。
http://j-lri.org/contents/code/003-1_4

フランス大使館 エクスプロラシオン・フランス2018 プログラム

募集団体 フランス大使館 
募集事業 第1回「エクスプロラシオン・フランス2018」プログラム
研究分野 人文・社会科学を除く全ての科学分野
助成金額等 日本~フランス間のエコノミークラス往復航空券、最大3日間の滞在費(1日あたり110ユーロ)
対象期間:2018年4月~12月
募集期限 2018年2月28日(水)E-メール・先方必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://jp.ambafrance.org/article12541
その他 応募書類
・所定申請書(英語、一部日本語)
・履歴書(英語、最大2ページ)
・あれば訪問を希望する研究所や面会する研究者からの英語またはフランス語の受入状(強く推奨)

富士ゼロックス(株)小林基金 第35回 在日外国人留学生研究助成

募集団体 富士ゼロックス株式会社 小林基金 
募集事業 2018年度(第35回)在日外国人留学生研究助成
研究分野 人文・社会科学
応募資格 応募の時点(2018年2月28日現在)および助成金受給の時点で、以下のすべての条件を満たす者
①アジア、大洋州諸国・地域から来日中の留学生
②日本国内の大学院博士課程在籍者、または大学院博士課程を修了し、博士号取得のために継続して
 在籍している
③指導教授の推薦を受けられる
助成金額等 1件当たり120万円を限度とし、32名程度
募集期限 平成30年2月28日(水)日本の消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.fujixerox.co.jp/company/social/next/foundation/prog.html
その他 Webより応募者情報を登録のうえ、以下の応募書類を基金事務局へ簡易書留で郵送してください。
1.基金所定フォームによる申込書および経歴書(写真添付)
2.指導教授の推薦書(基金所定フォームを使用し、厳封)
3.研究計画の概要(任意A4横書き2枚以内)およびスケジュールと予算案
4.在学証明書

日本ロレアル(株) 第13回 ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

募集団体 日本ロレアル 株式会社 
募集事業 第13回 ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
研究分野 生命科学、物質科学
応募資格 博士後期課程に在籍または進学予定の40歳未満(締切日現在)の女性科学者
交付後、1年間、国内で教育・研究に従事できる方
(留学生は対象外です。)
助成金額等 賞状および奨学金100万円
件数:生命科学、物質科学それぞれの分野から原則1年2件(合計4件)
募集期限 平成30年2月28日(水)消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://news.nihon-loreal.jp/csr/global/
その他 申請には指導教員からの推薦状が必要です。

(公財)NEC C&C財団 2018年度前期 国際会議論文発表者助成

募集団体 公益財団法人 NEC C&C財団 
募集事業 2018年度前期 国際会議論文発表者助成
研究分野 C&C分野、及びその関連技術
※C&C分野とは、情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術およびこれらの技術の
 融合した技術分野をいう。
応募資格 ・開催時に、教育機関に在籍している大学院生(原則として40才以下)
・開催期日が2018年5月1日~2018年10月31日で査読付き、海外開催の国際会議が対象
助成金額等 1件あたり12~25万円(開催地などによる)
募集期限 平成30年2月28日(水)郵送・財団必着
※推薦書のみ、郵送とEメール送付の両方が必要
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.candc.or.jp/jyosei/jyosei_kokusai.html
その他 ・申請には指導教員の推薦書が必要です。
・同一推薦者から同じ国際会議へ参加する者を複数推薦する場合は、推薦者が優先順位をつけること。
(順位は審査で参考にすることがあります。)

(公財)三島海雲記念財団 成30年度 学術研究奨励金

募集団体 公益財団法人 三島海雲記念財団 
募集事業 平成30年度 学術研究奨励金 (A)個人研究奨励金 (B)共同研究奨励金
研究分野 (1)自然科学部門 :食の科学に関する学術研究
             上記「食の科学」に関する学術とは、食品素材、製造・加工・調理、
             発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防など
             に係る研究を対象とする。
(2)人文科学部門 :アジア地域を対象とし、史学・哲学・文学を中心とする人文社会科
             学分野における学術研究(但し、日本を中心とする研究は除く)
応募資格 (B)共同研究奨励金
・共同研究者の1名は、代表研究者と異なる外部研究機関又は部局に所属していること。
・原則、分担研究費が100万円以上の共同研究者が一位以上加わること。
助成金額等 (A)個人研究奨励金
・助成金額:1件あたり100万円、総額5,400万円程度
・採択件数:54件程度(自然科学・人文科学両部門合計で)
      ※助成研究者と大学院博士課程後期院生で採択件数の30%程度
(B)共同研究奨励金
・助成金額:1件あたり200~500万円、総額1,500万円程度
・採択件数:3~5件程度(自然科学・人文科学両部門合計で)
助成期間:(A)(B)とも原則として1年間(2018年7月~2019年6月)
募集期限 平成30年2月28日(水)郵送・財団必着
※Webにて電子登録の上、申請書郵送が必要です。
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.mishima-kaiun.or.jp/assist/post.html
その他 ・学部(研究科)長の推薦が必要です。(大学院生が応募の場合は、指導教官も可)
・(B)共同研究奨励金は、1推薦者1件のみの推薦です。
・(A)個人研究奨励金と(B)共同研究奨励金の両方にう申請することは出来ません。

(公財)額田医学生物学研究所 平成30年度 研究助成

募集団体 公益財団法人 額田医学生物学研究所 
募集事業 平成30年度 研究助成
研究分野 末梢神経障害
助成金額等 助成金額:45万円/件
助成件数:2件
募集期限 平成30年2月20日(火)財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://nukada.jimdo.com/

日露青年交流センター 日露青年交流事業若手研究者等フェローシップ

募集団体 日露青年交流センター 
募集事業 2018年度日露青年交流事業若手研究者等フェローシップ
①日本人研究者派遣
②ロシア人研究者招聘
研究分野 ①日本人研究者派遣:人文・社会科学・自然科学等のあらゆる分野
②ロシア人研究者招聘:日本及び日露関係に関する研究を優先します。
応募資格 ・原則として、フェローシップ期間終了時の年齢が40歳以下。
・大学院生以上の研究者等。
・応募時に大学等受入れ機関から何らかの受入許可を得ていること。
①日本人研究者派遣:日本国籍を有すること。
②ロシア人研究者招聘:ロシア連邦国籍を有し、ロシア又は日本に居住地を有すること。
助成金額等 滞在費:25万円~30万円/月
研究活動費:上限10万円
往復航空費:
     ①日本人研究者派遣:往復エコノミークラス航空費
      (日本の現住所最寄の空港~ロシアの研究地最寄の空港)
     ②ロシア人研究者招聘:日本国内エコノミークラス交通費
      (日本到着空港/港~研究地最寄の空港/新幹線鉄道駅)
助成期間:3ヶ月以上1年以内
    (更新は不可。2018年6月~2018年12月に開始・出発する者を対象とします。)
募集期限 平成30年2月20日(火)正午
①日本人研究者派遣:日露青年交流センター 郵送 + Eメール必着
②ロシア人研究者招聘:在ロシア管轄公館 郵送等・必着(日本在住の場合は日露青年交流センター 郵送等・必着)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.jrex.or.jp/ja/bosyu.html
その他 ①日本人研究者派遣:申請書は、郵送と共にE-メールでも送信が必要(写真貼付は郵送分のみ)です。

(公信)成茂神経科学研究助成基金 平成30年度 研究助成

募集団体 公益信託 成茂神経科学研究助成基金 
募集事業 平成30年度 研究助成 ①研究助成金 ②講演会等費用の補助
研究分野 神経科学
応募資格 ①研究助成金:40才以下または、博士号取得後10年以内の研究者を優先とします。
※学部生・大学院生及び過去5年以内の研究助成金受賞者は対象外。
助成金額等 ①研究助成金:30~70万円程度
②講演会等費用の補助:
講演会・研究集会等の開催、外国人学者の招聘または論文発表、図書の刊行等費用の補助
10~20万円
募集期限 平成30年2月16日(金)郵送・基金必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.narishige.co.jp/japanese/fund/2018_nnrf.html

(株)リバネス 第39回リバネス研究費 ENERGIZE賞

募集団体 株式会社 リバネス 
募集事業 第39回リバネス研究費 ENERGIZE賞
研究分野 人・組織のパフォーマンスを高めることに関わるあらゆる研究
(心理学・社会学・認知科学・脳神経科学・教育学・哲学・経営学・歴史学など、分野は
 問いません。)
応募資格 マスターコースの学生~40歳以下の若手研究者
助成金額等 採択件数:若干名
助成内容:研究費上限50万円
募集期限 平成30年2月28日(水)24:00までWeb申請
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://r.lne.st/2017/12/01/39th-energize/
その他 詳細な申請フローは下記URLをご参照ください。
 https://r.lne.st/grants/flow/

(株)リバネス 第39回リバネス研究費 自然史研究奨励賞

募集団体 株式会社 リバネス 
募集事業 第39回リバネス研究費 自然史研究奨励賞
研究分野 生物・環境の多様性把握につながる自然史研究
応募資格 マスターコースの学生~40歳以下の若手研究者
助成金額等 採択件数:1名
助成内容:研究費上限50万円
募集期限 平成30年1月31日(水)24:00までWeb申請
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://r.lne.st/2017/12/01/39th-naturalis/
その他 詳細な申請フローは下記URLをご参照ください。
 https://r.lne.st/grants/flow/

(公財)メルコ学術振興財団 2017年度 管理会計研究助成(国際研究交流助成)三次募集

募集団体 公益財団法人 メルコ学術振興財団 
募集事業 2017年度 管理会計研究助成(国際研究交流助成)三次募集
研究分野 管理会計学
応募資格 2018年3月9日~2018年12月末日の間に出発(学会報告派遣、短期派遣、中期派遣)、又は
招聘を予定している者
助成金額等 (ア)大学院生学会派遣(1週間以内)は、1件20万円程度、助成件数:2件程度
(イ)学会報告派遣(1週間以内)は、1件30万円程度、助成件数:2件程度
(ウ)短期派遣(3ヵ月以内)は、1件50万円以下、助成件数:2件程度
(エ)招聘は、1件50万円以下、助成件数:1件程度
*総額130万円以内で、渡航費(往復)及び滞在費の一部の援助します。
募集期限 平成30年1月31日(水)郵送(書留)・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://melco-foundation.jp/apply/international/4030/
その他 ・申請には、学部(研究科)長の推薦書が必要です。
・大学院生の方は、指導教員の推薦書も必要です。
・(ア)大学院生学会派遣、(イ)学会報告派遣、(ウ)短期派遣は、申請書に学部(研究科)長の承諾印が
 必要です。
・応募書類は、『助成応募書類在中』と明記の上、書留で送付ください。

(公財)メルコ学術振興財団 2017年度 管理会計研究助成(研究助成)三次募集

募集団体 公益財団法人 メルコ学術振興財団 
募集事業 2017年度 管理会計研究助成(研究助成)三次募集
研究分野 日本企業で実践されている優れた管理会計実務の定式化又は理論化に関する研究
特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、およびそれに関連する管理システムを
対象とする研究
助成金額等 ●研究助成A(研究者・大学院生)
 1件30万~200万円程度、助成件数1件程度
 研究助成期間:平成30年4月1日から1ヵ年
●研究助成B(博士後期課程大学院生)
 1人60万円×3年間、助成件1件程度
 研究助成期間:平成30年4月1日から3ヵ年
           総額260万円程度
募集期限 平成30年1月31日(水)郵送(書留)・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://melco-foundation.jp/apply/research/4170/
その他 ・申請には、学部(研究科)長の推薦書が必要です。
・大学院生の方は、指導教員の推薦書も必要です。
・応募書類は、『助成応募書類在中』と明記の上、書留で送付ください。

富士ゼロックス(株)小林基金 2018年度(第23回)小林フェローシップ

募集団体 富士ゼロックス 株式会社 小林基金 
募集事業 2018年度(第23回)小林フェローシップ
研究分野 アジア・大洋州諸国・地域を研究テーマとする人文・社会科学
※ここで言うアジア・大洋州諸国・地域とは、次の国・地域を示します。
  アジア:西はトルコ(ボスポラス海峡)まで、(エジプトはアフリカ)
      北はモンゴルまで、旧ソ連邦の中央アジア諸国を含む。
  大洋州:オーストラリア、ニュージーランド、その他のオセアニア地域の島国
応募資格 応募の時点(2018年1月31日現在)および助成金授与の時点で、以下のすべての条件を満たす者。
①日本国籍を有し、日本に在住している者。もしくは日本に永住を許可されている者。
②日本国内の大学において大学院博士課程在籍者、または大学院博士課程を修了し、博士号
 取得のために継続して在籍している者。
③指導教授の推薦を受けられる者。
④博士号を取得済、あるいは助成金授与時(2018年7月末)までに博士号取得が決定(内定)
 している者は応募できません。
助成金額等 助成金額:1件あたり120万円を限度
採用件数:8名程度
募集期限 平成30年1月31日(水) 〆切
Web上で、応募者情報を登録後、応募書類を郵送(締切当日の消印有効)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.fujixerox.co.jp/company/social/next/foundation/fellow.html
その他 ・応募には在学証明書および基金所定フォームによる指導教授の推薦状等が必要となります。
(詳細は募集要項をご覧ください。)
・応募書類は、簡易書留で送付してください。

(公財)高柳健次郎財団 2018年度 研究奨励賞

募集団体 公益財団法人 高柳健次郎財団 
募集事業 2018年度 研究奨励賞
研究分野 電子科学技術
応募資格 35歳以下の研究者(博士号を有することが望ましい。)
助成金額等 表彰盾並びに副賞として研究助成金200万円/件
件数:3件
募集期限 平成30年1月31日(火)郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://takayanagi.or.jp/sub/entry/2018study_entry.pdf

(公財)不二科学技術振興財団  平成30年度 研究助成

募集団体 公益財団法人 不二科学技術振興財団 
募集事業 平成30年度 研究助成
研究分野 冷凍・空調及び給湯に関する技術、及びそれら対象に関わる諸現象の基礎研究・開発
助成金額等 助成金額:1件あたり100万円
助成件数:最大4件
募集期限 平成30年1月30日(水)郵送・消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.fuji-foundation.or.jp/program.html

(一社)日本アルミニウム協会 平成30年度 アルミニウム研究助成事業

募集団体 一般社団法人 日本アルミニウム協会 
募集事業 平成30年度 アルミニウム研究助成事業
研究分野 ・材料技術/組織制御技術
・リサイクル/リユース
・利用拡大技術
※優先する研究分野詳細は、以下URL、応募要領の、3ページ目をご確認ください。
http://www.aluminum.or.jp/files/1507096707_369991.pdf
応募資格 応募時点で40歳未満の研究者(博士課程後期への在籍者または進学確定者を含む)
助成金額等 助成期間:基本2年間だが、1年間も認める。期間は会計年度
1研究課題あたり:第1年度 50万円、第2年度 30万円
助成件数:12件以内
募集期限 平成30年1月31日(水)郵送・先方必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.aluminum.or.jp/
その他 博士課程後期の進学確定者並びに在籍者が申請する場合は、申請書に指導教員の署名捺印が必要です。

(公財)永守財団 第4回 永守賞

募集団体 公益財団法人 永守財団 
募集事業 第4回 永守賞
研究分野 モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野
助成金額等 永守賞大賞:500万円、永守賞:200万円
人数:8名程度
募集期限 平成30年1月31日(水)消印有効(郵送の上、Eメール連絡)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.nagamori-f.org/awards/applicatioguidelines.html
その他 対象分野の有識者、あるいは、所属学会、所属機関、所属研究室 等の上席者による推薦書が必要です。

(公財)三菱財団 第49回(平成30年度)自然科学研究助成

募集団体 公益財団法人 三菱財団 
募集事業 第49回(平成30年度)自然科学研究助成
研究分野 自然科学(生物系、理工系、総合系全ての分野を対象とします。)
具体的な分野、細目については、コード表をご覧ください。
※コード表は以下URL、応募要領の、7~8ページ目をご覧ください。
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/data/h30natural-app-gui.pdf
助成金額等 助成金額
1件当たり:2,000万円以内
(1,000万円を超える場合、助成申込書の該当欄に理由を記入)
総額:約3億円
採択予定件数:45件程度
助成期間:助成決定後、原則1年(研究の性質上1年を超えるものについても弾力的に対処)
募集期限 平成30年1月10日(火)~同年2月7日(水)午後5時 郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/index.html
その他 申請には学部(研究科)長の承認印が必要です。

(公財)三菱財団 第47回(平成30年度)人文科学研究助成

募集団体 公益財団法人 三菱財団 
募集事業 第47回(平成30年度)人文科学研究助成
研究分野 人文学分野、及びそれに関連する分野からなる、人文社会系研究全般
具体的な分野については、コード表をご覧ください。
※コード表は以下URL、応募要領の6ページ目をご確認ください。
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/data/h30cultural-app-gui.pdf
助成金額等 助成金額
1件あたり:原則500万円上限
総額:約6,000万円
採択予定数:30件程度
募集期限 平成30年1月24日(水)午後5時 郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/cultural.html
その他 申請には学部(研究科)長の承認印が必要です。

(公財)とうきゅう環境財団 多摩川の環境に関する研究・活動助成

募集団体 公益財団法人 とうきゅう環境財団 
募集事業 2018年度 多摩川の環境に関する研究・活動助成 
①学術研究②一般研究
研究分野 ①産業活動または住生活と多摩川およびその流域との関係に関する調査および試験研究
②排水・廃棄物等による多摩川の汚染の防除に関する調査および試験研究
③多摩川およびその流域における水の利用に関する調査および試験研究
④多摩川をめぐる自然環境の保全、回復に関する調査および試験研究
助成金額等 1件当たりの総額上限額:①学術研究 400万円 ②一般研究 100万円
単年度の助成金上限額:①学術研究 200万円 ②一般研究 100万円
研究期間:2018年4月から1年間または2年間
募集期限 2018年1月19日(金)郵送・消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.tokyuenv.or.jp/invite

(公財)三菱財団 第49回 社会福祉事業並びに研究助成

募集団体 公益財団法人 三菱財団 
募集事業 第49回(平成30年度)社会福祉事業並びに研究助成
研究分野 A.乳児、B児童・青少年、C.高齢者、D.身体障害、E.知的障害、F.精神障害、G.発達障害、
H.親子・家族(含、母子・父子)、I.地域・在宅支援、J.世代間交流、K.貧困・格差、L.差別・排除、
M.ジェンダー、N.アディクション、O.国際協力、.P災害復旧・防災、Q.環境福祉、R.自殺予防、
S.その他
助成金額等 助成金額:総額9,000万円予定(1件あたりの金額は定めない)
助成期間:助成決定から原則1年(事情により2年間にわたる使用も認められます。)
募集期限 平成30年1月16日(火)午後5時 郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/welfare.html
その他 申請には学部(研究科)長の承認印が必要です。

(公財)日本食品化学研究振興財団 ①研究助成②前期シンポジウム等開催助成

募集団体 公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 
募集事業 平成30年度 ①研究助成②(前期)シンポジウム等開催助成
研究分野  ①研究助成:
 (1)一般研究助成
  1.食品添加物の安全性等に関する研究
  2.食品添加物の有用性、性能および使用技術等に関する研究
  3.食品添加物の品質、規格および製造方法等に関する研究
  4.その他食品化学領域における調査・研究
 (2)課題研究助成
  1.食品添加物の体内動態および生体に対する影響に関する研究
  2.食品添加物を利用した食品および食品素材の保存・安定性向上に関する研究
  3.各種精油、果汁、果実等の天然香料の基原動植物および食品に含まれるフレーバー成分の
   化学的研究
  4.高齢者・病者・障害者等のための食品添加物を利用した食品・食品成分補給方法の開発研究
  5.各国における食品添加物規制の実際と比較に関する調査・研究
 ②(前期)シンポジウム等開催助成:食品化学
応募資格 ②平成30年4月1日から平成30年9月30日までの間に開催される食品化学に関するシンポジウム等
助成金額等 ①学術研究
 助成金額:1件50~150万円程度、特に評価するものは200万円程度(総額2,200万円程度)
  採択件数:20件程度
②シンポジウム等開催助成(前期)
 助成金額:1件15~50万円程度、総額150万円程度
募集期限 平成30年1月15日(月)郵送・財団日着
募集要領 募集要領等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.ffcr.or.jp/Zaidan/FFCRHOME.nsf/0/34E450CB3AE9FC294925722C001CC9D2?Opendocument
その他 募集要項および申請用紙は、下記の財団Eメールへ請求してください。
E-mail:admin[at]ffcr.or.jp
メール送信時は[at]を@に変えてください。

(公財)新化学技術推進協会 第7回 新化学技術研究奨励賞

募集団体 公益財団法人 新化学技術推進協会 
募集事業 第7回 新化学技術研究奨励賞
研究分野 特別課題:化学技術により防災・減災および復旧・復興に貢献する研究
課題1 :グリーンイノベーションを推進するための資源・プロセス・評価技術に関する環境
     技術の研究
課題2 :新しい資源代替材料・技術の創製、および資源の節約・回収・再利用に関する
     基盤的研究(エネルギー資源、食料・水資源を含むものとする)
課題3 :バイオマス由来製品の事業化課題を解決する革新的素材・技術に関する研究
課題4 :創電・エネルギー貯蔵・省エネルギー分野における⾰新素材・技術に関する研究
課題5 :エレクトロニクスの未来を支える新規材料・技術・プロセスに関する研究
課題6 :マイクロナノシステム用途の拡大につながる新規な材料・プロセス及びデバイス
     技術に関する研究
課題7 :高効率物質生産を目指した新規なバイオプロセスの構築に関する研究
課題8 :生体分子を利用した、またはその構造と機能に着想した新規機能性材料の実用化を
     目指した研究
課題9 :計算化学・計算科学・データ科学を用いた先導的な材料設計・解析・評価の研究
課題10:日本のものづくり強化と新産業創出に資する「新素材」実現のための基礎的・基盤的研究
課題11:次世代クリーンエネルギーとしての水素製造と利用促進に関する革新的触媒技術の研究
応募資格 2017年4月1日時点で満40歳未満の方(但し、特別課題については年齢制限を設けない。)
ポスドク、研究員も可(大学院生等学生は不可)
助成金額等 助成金額:1件につき100万円
採択件数:各研究課題につき原則として1件
募集期限 平成30年1月15日(月)午後5時まで(Web申請)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.jaci.or.jp/recruit/page_02_07_2018.html

(公財)精密測定技術振興財団 平成30年度 助成事業③国際交流等研究促進(派遣・招聘)

募集団体 公益財団法人 精密測定技術振興財団 
募集事業 平成30年度 助成事業 ③国際交流等研究促進(派遣・招聘)
研究分野 精密測定技術向上
助成金額等 助成金額:1件に月30万円以内、10件前後
助成対象期間:
【前期】平成30年4月から平成31年3月まで
【後期】平成30年10月から平成31年9月まで
募集期限 【前期】平成30年1月31日(水)Eメール財団必着
【後期】平成30年7月31日(火)Eメール財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.pmtp-f.or.jp/apprication.html#tyousa

(公財)ユニオン造形文化財団 平成30年度 国際交流助成

募集団体 公益財団法人 ユニオン造形文化財団 
募集事業 平成30年度 国際交流助成
研究分野 空間造形デザイン
・エルゴデサイン※やユニバーサルデザイン
・建築周辺環境に関するデザイン
  建築デザイン・ランドスケープデザイン・パブリックアート等
・生活環境デザイン
  住宅環境デザイン・インテリアデザイン・インダストリアルデザイン等
※エルゴデサイン:機器と人間の関係に、着目して、人間が使う形を意図した、機器の造形表現
助成金額等 助成金額:1件あたり100万円を限度
予定件数:1~2件程度
助成期間:平成30年5月から1年
助成対象:
・国内の空間造形デザイナーの国内外における個展及び講演会等の開催
・国内外の空間造形デザインの発展向上を目的として国内で開催される、シンポジウム・セミナー
募集期限 申請書用紙請求:平成29年年12月11日(金)当日消印有効
応募期限:平成30年1月10日(水)当日消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.artunion.co.jp/uffec/youkou02.html
その他 ・申請書用紙は財団へ直接請求となります。
助成分野(国際交流)を明記し、返信用封筒(角2サイズA4版)に 140円の切手貼付のうえ、財団事務局宛にお申込みください。

(公財)ユニオン造形文化財団 平成30年度 調査研究助成

募集団体 公益財団法人 ユニオン造形文化財団 
募集事業 平成30年度 調査研究助成
研究分野 空間造形デザイン
1.エルゴデサイン※に関する調査研究
2.ユニバーサルデザインに関する調査研究
3.建築周辺環境に関するデザインの調査研究
   建築デザイン・ランドスケープデザイン・パブリックアート等
4.生活環境デザインの調査研究
   住宅環境デザイン・インテリアデザイン・インダストリアルデザイン等
※エルゴデサイン:機器と人間の関係に、着目して、人間が使う形を意図した、機器の造形表現
助成金額等 助成金額:1件あたり150万円を限度
予定件数:5件程度
助成期間:平成30年5月から1年
募集期限 申請書用紙請求:平成29年年12月11日(金)当日消印有効
応募期限:平成30年1月10日(水)当日消印有効
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.artunion.co.jp/uffec/youkou.html
その他 申請書用紙は財団へ直接請求となります。
助成分野(調査研究)を明記し、返信用封筒(角2サイズA4版)に 140円の切手貼付のうえ、財団事務局宛にお申込みください。

(公財)山田科学振興財団 2018年度 研究援助

募集団体 公益財団法人 山田科学振興財団 
募集事業 2018年度 研究援助
研究分野 自然科学の基礎的研究
 1)萌芽的・独創的研究
 2)新規研究グループで実施される研究
 3)学際性、国際性の観点からみて優れた研究
 4)国際協力研究
 ※評価が定着して研究資金が得やすいものより、萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究の計画を
  重視します。
助成金額等 1件当たり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度
募集期限 財団締切日:2018年2月23日(金)郵送・財団必着
※推薦依頼学会の締切日は各学会へご確認ください。
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html#top
その他 ・申請には学部(研究科)長の承諾印が必要です。
・申請には上記財団ホームページに記載の推薦依頼学会の代表者による推薦が必要です。
(学会により締切期日及び募集方法等が異なりますので、各学会にお問合わせください。)

(公財)山田科学振興財団 2020年度 国際学術集会開催援助

募集団体 公益財団法人 山田科学振興財団 
募集事業 2020年度 国際学術集会開催援助
研究分野 自然科学の基礎的分野
応募資格 学術集会の参加者は150名以内とし、複数の外国から適当数の参加者を招くものとする。
助成金額等 援助予算総額:800万円以内
(原則として援助金をレセプション及びエクスカ―ション費等に充てることは出来ません。)
募集期限 2018年2月23日(金)郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kokusai.html

(公財) 風戸研究奨励会 国際会議発表渡航助成

募集団体 公益財団法人 風戸研究奨励会 
募集事業 国際会議発表渡航助成
研究分野 電子顕微鏡及び関連装置の研究・開発並びに電子顕微鏡及び関連装置を用いた研究
(医学、生物学、材料学、ナノテク、その他)
応募資格 対象国際会議での研究発表を自身が行う、満40歳以下(応募締切日現在)の研究者
(日本顕微鏡学会員であることが望ましく、日本からの渡航者に限る)
助成金額等 原則として1件につきアジア地区は20万円、その他の地区は30万円を上限とし、
実費相当額支援
(総額200万円)
募集期限 対象会議開催3ヶ月前
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.kazato.org/application/grant_program.html
その他 必要書類は書留で送付してください。

(公財)スズキ財団 研究成果普及助成、研究者海外研修助成

募集団体 公益財団法人 スズキ財団 
募集事業 平成29年度 ①研究成果普及助成 ②研究者海外研修助成
研究分野等 国民生活用機械等の生産・利用・消費に係る科学技術に関する研究でかつ独創的・先進的又は
基礎的・先導的な研究開発課題を対象としたもの。
助成金額等 ①研究成果普及助成:会場会費等諸費用
②研究者海外研修助成:海外への交通費・滞在費
1回分のシンポジウム、会議などの開催および渡航について助成(日数の限定はありません。)
募集期限 随時(予算到達時に打ち切り)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.suzukifound.jp/02program/program03.html
その他 ②研究者海外研修助成は、学部(研究科)長の推薦書が必要です。

(公財)中谷医工計測技術振興財団 平成29年度 技術交流助成

募集団体 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 
募集事業 平成29年度 技術交流助成 交流プログラム ①日本招聘②海外派遣
研究分野 医工計測および関連技術
応募資格 ①日本招聘:招聘交流申請者は研究者を招聘する日本側受入責任者です。
②海外派遣:
 ●申請者の所属機関長による推薦書・出張承諾書が必要です。
 ●募集締切日に40歳以下の方。
助成金額等 助成経費:原則として、渡航費および宿泊費を対象
助成期間:原則として、1週間を限度
助成金額
 ①日本招聘:1件につき3名まで、1人上限50万円
 ②海外派遣:1件につき、上限40万円
助成開始時期
 ①日本招聘
  第2回 2017年10月~2018年3月 終了
  第3回 2018年1月~6月 終了
  第4回 2018年4月~9月
 ②海外派遣
  第2回 2017年10月~12月 終了
  第3回 2018年1月~3月 終了
  第4回 2018年4月~6月
募集期限 【第2回】募集期間:平成29年6月1日(木)~同年8月20日(日)Webアップロード 終了
【第3回】募集期間:平成29年9月1日(金)~同年11月20日(月)Webアップロード 終了
【第4回】募集期間:平成29年12月1日(金)~平成30年2月20日(火)Webアップロード
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL ①日本招聘
 https://www.nakatani-foundation.jp/business/grant_exchange_02/
②海外派遣
 https://www.nakatani-foundation.jp/business/grant_exchange_01/
その他 ●申請書類は、応募サイトからマイページ作成の上、ダウンロードし、作成、ご捺印の上、
 所定のファイル形式で、アップロードしてください。
①日本招聘:国内で開催される会議等の内容がわかる資料(パンフレット等)を添付してください。
②海外派遣:
●申請者の所属機関長による推薦書・出張承諾書が必要です。
●発表論文(概要・ダイジェスト)および採択通知の写しを添付してください。

(公財)中谷医工計測技術振興財団 技術交流助成 研修プログラム【海外研修】

募集団体 公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 
募集事業 平成29年度 技術交流助成 研修プログラム【海外研修】
研究分野 医工計測技術
助成金額等 助成経費:原則として、滞在費と渡航費を対象
助成期間:原則として、1 ヶ月~6ヶ月
助成金額:滞在費は1ヶ月 25万円、渡航費(実費)は30万円以内
助成時期:第3回 平成29年1月~、第4回 平成29年4月~
募集期限 【第2回】募集期間:2017年5月1日(月)~7月20日(木)Webアップロード 終了
【第3回】募集期間:2017年8月1日(火)~10月20日(金)Webアップロード 終了
【第4回】募集期間:2017年11月1日(水)~2018年1月20日(土)Webアップロード
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://www.nakatani-foundation.jp/business/grant_exchange_03/
その他 ・申請には学部(研究科)長の推薦・承諾書が必要です。
・申請書類は、応募サイトからマイページ作成の後、様式をダウンロードし、記入、ご捺印の上、
 pdf形式ファイルをアップロードしてください。

(公財)航空機国際共同開発促進基金 平成29年度 国際交流助成

募集団体 公益財団法人 航空機国際共同開発促進基金 
募集事業 平成29年度 国際交流助成
研究分野 航空機等
応募資格 招聘:原則として自ら受入機関となること。
派遣:原則として自ら派遣機関となること。
助成金額等 ①往復航空運賃
②滞在費
③国内旅費
(詳細は、以下掲載の募集要領 別表1でご確認下さい。)
募集期限 招聘または派遣を開始する概ね3ヶ月前までに申込み
募集要領 要項、様式等は以下pdfファイルをダウンロードしてご確認ください。
国際交流助成事業の実施について.pdf

(公財)電気通信普及財団 平成29年度 海外渡航旅費援助

募集団体 公益財団法人 電気通信普及財団 
募集事業 平成29年度 海外渡航旅費援助
研究分野 情報通信
応募資格 ・原則として40歳以下(平成29年4月1日現在)大学院博士後期課程、修士課程の方は対象外
・締切日翌月1日から6ヶ月先までに開催される学会への参加
助成金額等 援助金額:
欧州:29万円
北米(東部)、カナダ:25万円
北米(西部):22万円
ハワイ:18万円
中米:個別に決定
南米:個別に決定
オーストラリア、ニュージーランド:23万円
東南アジア:19万円
中国(香港を除く):17万円
香港:15万円
台湾:14万円
韓国:11万円
その他:個別に決定
募集期限 平成29年6月1日(木) 終了
平成29年8月1日(火) 終了
平成29年10月1日(日) 終了
平成29年12月1日(金) 終了
平成30年2月1日(木)
郵送・財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL http://www.taf.or.jp/josei/b04.html
その他 申請は学部(研究科)長の推薦書が必要です。
(同一大学の同一学科から、同一学会への出席は1名の推薦枠があります。)

(公財) 内藤記念科学振興財団 第49回内藤記念海外学者招聘助成金(前期・後期)

募集団体 公益財団法人 内藤記念科学振興財団 
募集事業 第49回内藤記念海外学者招聘助成金(前期・後期)
研究分野 人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究
助成金額等 助成額:
 中東・アフリカ:80万円
 米国・カナダ(西海岸除く)、ヨーロッパ、米:60万円
 米国・カナダ西海岸、オーストラリア、ニュージーランド:50万円
 東南アジア、インド:30万円
 中国、台湾、韓国:20万円
採択件数:前期・後期 各10件以内
招聘時期:(前期)平成30年1月1日~6月30日 終了
     (後期)平成30年7月1日~12月31日
募集期限 Web申請+郵送財団必着
前期:平成29年6月1日(木) 終了
後期:平成29年10月2日(月)

※学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦(前期・後期各1名)となりますので、
 以下締切日までに産学公連携センターまで申請書をご提出ください。
 (申請書類は1部多くご提出お願い致します。)
【産学公連携センター締切】
 前期:平成29年5月25日(木) 終了
 後期:平成29年9月25日(月)
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://www.naito-f.or.jp/jp/base/base_index.php?data=format
その他 ・申請には学部長または研究科長の推薦が必要です。
 同一専攻の研究科と学部の両方からは申請できない。
 (どちらか一方の推薦者から1名)
・推薦件数:1推薦者につき1件
・学部(研究科)に所属していない方は、学長の推薦となります。
 (複数件、応募があった場合は、調整をさせていただきます。)

(公財)内藤記念科学振興財団 内藤記念講演助成金

募集団体 公益財団法人 内藤記念科学振興財団
募集事業 第45回内藤記念講演助成金
研究分野 自然科学の基礎的研究
応募資格 大学、研究機関に所属する者が主催する自然科学の基礎的研究に関する国内で開催される
国際会議(シンポジウム、講演会)の開催責任者
助成金額等 上限50万円/件
国際会議開催月:
【夏季】平成29年7月~9月 終了
【秋季】平成29年10月~12月 終了
【冬季】平成30年1月~3月 終了
【春季】平成30年4月~6月
募集期限 【夏季】平成29年5月22日(月) 終了
【秋季】平成29年8月21日(月) 終了
【冬季】平成29年11月20日(月) 終了
【春季】平成30年2月20日(火)
Web申請+郵送財団必着
募集要領 要項、様式等についてはホームページよりダウンロードしてください。
URL https://www.naito-f.or.jp/jp/base/base_index.php?data=format
その他 【推薦者】
①本財団の理事・監事および評議員:1推薦者につき年間2件
②本財団の指定した32学会の代表者:1推薦者につき年間1件
・指定32学会は以下財団サイトの推薦者の箇所でご確認下さい。
https://www.naito-f.or.jp/jp/joseikn/jo_index