各府省等 募集一覧

【ご注意】申請にあたっては、必ず各学部(系)事務室を経由して下さい。

募集締切は研究推進課への提出期限を表示しています。各学部(系)事務室では、これより早く締切日を設定している可能性がありますので、必ず所属部局の担当者にお問合わせ下さい。
e-Rad(電子申請)システムを利用して申請する場合のID取得はこちらを参照して下さい。

 

NICT 次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークのためのプログラム可能なネットワークの研究開発

募集団体 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
募集事業 次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークのためのプログラム可能なネットワークの研究開発
公募概要・お知らせ 国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」という。)は、米国国立科学財団(NSF: National Science Foundation)との包括的協力覚書(MOU)に基づき、日米両国の研究機関が共同でネットワーク領域の研究開発を行う提案を募集します。
 日米双方の強みを戦略的に組み合わせることで、将来的なネットワーク先進技術分野における研究開発力の強化や国際連携を軸とした共同研究開発に取り組み、次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークにおける課題の早期解決を目指します。本公募における研究開発体制は、日本と米国の両方の研究機関の参加が必須条件となります。日本の研究機関はNICTの委託研究による研究開発を実施し、米国の研究機関はNSFの資金提供による研究開発を実施します。なお、米国の研究機関は大学に限定されます。
 公募は、NICT及びNSFにて共同で行いますが、日米の各提案者はNICT及びNSFのそれぞれに必要な応募書類を提出していただきます。NICT又はNSFの一方のみに応募書類を提出した場合は、評価の対象となりませんので、ご注意ください。
申請期限 応募締切:2021年12月15日(水)正午(日本時間)
e-Radから申請する場合は、下記、「申請方法」を御参照ください。
募集要領等
URL https://www.nict.go.jp/press/2021/09/29-1.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K038167/
申請方法 電子メール又はe-Radを利用して、「情報通信研究機構 イノベーション推進部門 委託研究推進室」へ提案書類を電子ファイルにより提出してください。
なお、e-Radから申請をする場合には、応募単位が「研究機関」となっているため、研究推進課から応募者に対して事前に編集権限の付与が必要です。部局担当者は速やかに研究推進課へ「応募する研究者の氏名」を連絡してください。
下記期限までに課題登録を完了し、部局担当者を通じて研究推進課へ課題登録完了の旨をご連絡ください。確認の上、e-Rad上で提出を行います。(部局担当者によるe-Radの承認処理は不要)

【e-Radから提出する場合:研究推進課締切】
2021年12月13日(月)正午
※e-Radを利用して提出する場合でも、メールでの送付が必要な書類あり。

・ワーク・ライフ・バランス等推進企業に関する認定等の状況(別紙5)
→本学は該当する認定等を有していません

AMED 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)

募集団体 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
募集事業 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
公募概要・お知らせ 開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。本プログラムでは地球規模課題の解決及び科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することや、これらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。
【分野】感染症分野

SATREPS は、ODAとの連携事業であり、AMEDへ研究提案をされる際には、相手国側研究者と共同研究内容を十分に調整してください。また、応募にあたっては、相手国研究機関から相手国のODA担当省庁を通じて、技術協力要請が日本大使館を経由して外務省に提出されることが必要です。技術協力要請の提出期限は、令和3年10月29日(金)中(日本時間)とされていますが、相手国によっては事前に締め切りを設定していることがありますのでご留意ください。
申請期限 研究推進課締切:令和3年11月2日(火)正午
応募締切:令和3年11月8日(月)正午
公募説明会(オンライン):令和3年9月10日(金) 14時00分~16時00分
※要事前登録
募集要領等
URL https://www.amed.go.jp/koubo/20/01/2001B_00024.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037720/
申請方法 応募には所属機関長の「承諾書」が必要です。e-Radでの申請前に、各部局で取りまとめの上、研究推進課に提案書類を令和3年11月2日(火)正午までに提出してください。押印済みの承諾書(PDF)を返送いたします。
承諾書が届きましたら、速やかに提案書類一式をe-Radにアップロードしてください。研究推進課にてe-Radの機関承認を行い、申請完了となります。

JST 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)

募集団体 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)/
募集事業 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
公募概要・お知らせ 本プログラムは、科学技術と外交を連携し、相互に発展させる「科学技術外交」の強化の一環として、文部科学省・外務省の支援のもと、JSTと国際協力機構(JICA)が連携して実施するものです。開発途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、社会実装の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。
【分野】環境・エネルギー/生物資源/防災領域

(注)SATREPSはODAとの連携事業です。
JSTへの研究課題の応募とともに、相手国研究機関から相手国のODA担当省庁を通じ、日本政府に対する技術協力要請が行われる必要があります。
※ODA要請書の提出期限は10月29日(金)中(日本時間)とされていますが、相手国によっては事前に締め切りを設定していることがありますのでご留意ください。
申請期限 研究推進課締切:令和3年11月2日(火)正午
応募締切:令和3年11月8日(月)正午
公募説明会(オンライン):令和3年9月14日(火) 14:00~16:00 
(環境・エネルギー/生物資源/防災分野)
※要事前登録
募集要領等
URL https://www.jst.go.jp/global/koubo.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037828/
https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037707/
https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037830/
https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037831/
申請方法 応募には所属機関長の「承諾書」が必要です。e-Radでの申請前に、各部局で取りまとめの上、研究推進課に提案書類を令和3年11月2日(火)正午までに提出してください。押印済みの承諾書(PDF)を返送いたします。
承諾書が届きましたら、JST締切(11月8日(月)正午)までに提案書類一式をe-Radにアップロードし、申請を完了してください。

NEDO 2021年度官民による若手研究者発掘支援事業

募集団体 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
募集事業 2021年度官民による若手研究者発掘支援事業
公募概要・お知らせ 本事業は、実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等に所属する若手研究者を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、我が国における新産業の創出に貢献することを目的として実施します。
〔1〕 共同研究フェーズ
大学等に所属する若手研究者が企業と共同研究等の実施に係る合意書を締結し、企業から大学等に対して共同研究等費用が支払われることを条件として、実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものについて助成します。
〔2〕 マッチングサポートフェーズ
大学等に所属し、企業との共同研究等の実施を希望する若手研究者が実施する、産業界が期待する目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものについて助成します。
※詳細は下記URLをご確認ください。
申請期限 e-Rad申請研究推進課締切 :2021年10月21日(木)正午
NEDOへの提案書(E-mail)の提出締切 :2021年10月25日(月)正午
募集要領等
URL https://www.nedo.go.jp/koubo/SM2_100001_00004.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037726/
https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K037725/
申請方法 本事業への応募は、NEDOへの提案書の提出とe-Radによる申請の両方の手続きが必要です。
【NEDOへの提案書の提出方法】
各申請者が10月25日(月)正午までにE-mailでNEDOへ提出してください。詳細は公募要領をご確認ください。
【e-Radによる申請手順】
①申請者がe-Radにて提案書を提出。
②部局事務担当者が10月21日(木)正午までにe-Radにて承認処理。
③研究推進課にて機関承認。

JST/AMED 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 研究提案募集について(予告)

募集団体 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)/国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
募集事業 令和4年度地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 研究提案募集について(予告)
公募概要・お知らせ 本プログラムは、科学技術振興機構(JST)及び日本医療研究開発機構(AMED)が、それぞれ国際協力機構(JICA)と連携し、科学技術の競争的研究資金と政府開発援助(ODA)を組み合わせることにより、開発途上国のニーズに基づき、地球規模課題の解決に向けた社会実装を目指す国際共同研究を推進するものです。

申請に関しましては、詳細が公表されましたら改めてご連絡いたします。
申請期限 令和3年9月中旬~11月中旬(予定)

公募説明会:9月 オンライン開催(予定)

※最新情報は、随時ウェブサイトにて掲載されます。
募集要領等  
URL JST:https://www.jst.go.jp/global/koubo.html

AMED : https://www.amed.go.jp/koubo/index.html
e-Rad URL  
申請方法  

NICT 2022・2023年度(令和4・5年度)国際研究集会開催支援

募集団体 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
募集事業 2022・2023年度(令和4・5年度)国際研究集会開催支援
公募概要・お知らせ 詳細については募集要領をご確認ください。
申請期限 研究推進課締切:2021年10月7日(木)

応募締切:2021年10月14日(木)17:00
募集要領等 下記URLからダウンロードしてください。
URL https://www.nict.go.jp/deploy-support/conf-support.html
e-Rad URL  
申請方法 部局担当者を通じて応募書類(様式1~5)を研究推進課研究推進係へご提出ください。

NICT 2022年度(令和4年度)海外研究者招へい(国際交流プログラム)

募集団体 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
募集事業 2022年度(令和4年度)海外研究者招へい(国際交流プログラム)
公募概要・お知らせ 詳細については募集要領をご確認ください。
申請期限 研究推進課締切:2021年10月21日(木)

応募締切:2021年10月28日(木)17:00
募集要領等 下記URLからダウンロードしてください。
URL https://www.nict.go.jp/deploy-support/invitation.html
e-Rad URL  
申請方法 部局担当者を通じて応募書類(様式1~3)を研究推進課研究推進係へご提出ください。

JST 2021年度 国際青少年サイエンス交流事業 さくらサイエンスプログラム

募集団体 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
募集事業 2021年度 国際青少年サイエンス交流事業 さくらサイエンスプログラム
公募概要・お知らせ 本事業は、科学技術振興機構(JST)が、産学官の緊密な連携により、海外の国・地域の
優秀な青少年に日本の先端的な科学技術に触れる機会を提供すること(科学技術交流)を通して、
(1) 科学技術イノベーションに貢献しうる優秀な人材の養成・確保及び継続的交流
(2) 日本の教育研究機関のグローバル化
(3) 日本と海外の国・地域との友好関係の強化
に貢献し、ひいては、日本及び世界の科学技術・イノベーションの発展に寄与することを目的とするものです。2021年度からは、さくらサイエンスプログラムとして、科学技術を巡る諸事情や急速に進展する国際動向にも対応し、一層の発展を図るため、招へいの対象を原則としてすべての国・地域に拡大し、また、人文・社会科学も対象とします。加えて、新型コロナウイルス感染症が世界に拡大している状況やデジタル化社会の到来に対応して、オンラインによる交流の支援を拡充します。
申請期限 研究推進課締切:JSTへの申請希望日の一週間前まで
公募期間:2021年11月5日(金)まで
募集要領等 下記URLからダウンロードしてください。
URL ・さくら招へいプログラム
https://ssp.jst.go.jp/form/index.html#2
・さくらオンラインプログラム
https://ssp.jst.go.jp/online/2021.html#1
e-Rad URL
申請方法 ・さくら招へいプログラムについて
2021年度からWeb上の専用システムで受付となりますが、申請書を事前に確認いたしますので、「交流計画書」エクセルファイル様式に申請内容を予め記入したものをJSTへの申請希望日の一週間前までに部局担当者を通じて研究推進課にご提出ください。
・さくらオンラインプログラムについて
JSTへの申請希望日の一週間前までに部局担当者を通して「交流計画書」を研究推進課に提出してください。(オンラインプログラムはWeb受付システムは不使用)
※詳細は、部局担当者からの事務連絡を御確認ください。
※実施時期によって受付期間が異なりますのでご注意ください。

名古屋大学宇宙地球環境研究所 2022・2023年度共同利用・共同研究「ISEE Symposium」

募集団体 国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学宇宙地球環境研究所
募集事業 2022・2023年度共同利用・共同研究「ISEE Symposium」
公募概要・お知らせ 名古屋大学宇宙地球環境研究所(ISEE)では、ISEE共同利用・共同研究のFlagship Symposiumとして「ISEE Symposium」を公募によって決定し、年1回程度開催します。ISEE Symposiumは宇宙地球環境研究の推進を目的とした大規模な国際研究集会です。特定の研究テーマの深化、分野を超えた融合研究、新たな研究課題への展望や計画など、宇宙地球環境に関連するあらゆるテーマを対象とします。本公募では、2022年4月より2024年3月までに開催予定のISEE Symposiumの実施案を広く募集します。
申請期限 申請期限:2021年11月26日(金)
募集要領等  
URL https://www.isee.nagoya-u.ac.jp/co-re/co-re-application.html
e-Rad URL  
申請方法 ISEE Symposiumは、複数の国や地域から研究者が参加すると共に、ISEEが主たる主催者となり名古屋大学東山キャンパスで開催することを条件とします。ただし、状況によっては、東山キャンパスでハイブリッド開催も認めます。

申請事項について、事前に名古屋大学宇宙地球環境研究所の担当教員と十分な打合せをしたうえで、E-Mailにて送付してください。詳細は公募要項をご確認ください。

NICT 次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークのためのプログラム可能なネットワークの研究開発

募集団体 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
募集事業 次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークのためのプログラム可能なネットワークの研究開発
公募概要・お知らせ 国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」という。)は、米国国立科学財団(NSF: National Science Foundation)との包括的協力覚書(MOU)に基づき、日米両国の研究機関が共同でネットワーク領域の研究開発を行う提案を募集します。
 日米双方の強みを戦略的に組み合わせることで、将来的なネットワーク先進技術分野における研究開発力の強化や国際連携を軸とした共同研究開発に取り組み、次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークにおける課題の早期解決を目指します。本公募における研究開発体制は、日本と米国の両方の研究機関の参加が必須条件となります。日本の研究機関はNICTの委託研究による研究開発を実施し、米国の研究機関はNSFの資金提供による研究開発を実施します。なお、米国の研究機関は大学に限定されます。
 公募は、NICT及びNSFにて共同で行いますが、日米の各提案者はNICT及びNSFのそれぞれに必要な応募書類を提出していただきます。NICT又はNSFの一方のみに応募書類を提出した場合は、評価の対象となりませんので、ご注意ください。
申請期限 応募締切:2021年12月15日(水)正午(日本時間)
e-Radから申請する場合は、下記、「申請方法」を御参照ください。
募集要領等
URL https://www.nict.go.jp/press/2021/09/29-1.html
e-Rad URL https://www.e-rad.go.jp/erad/portal/jigyolist/details/details/details/K038167/
申請方法 電子メール又はe-Radを利用して、「情報通信研究機構 イノベーション推進部門 委託研究推進室」へ提案書類を電子ファイルにより提出してください。
なお、e-Radから申請をする場合には、応募単位が「研究機関」となっているため、研究推進課から応募者に対して事前に編集権限の付与が必要です。部局担当者は速やかに研究推進課へ「応募する研究者の氏名」を連絡してください。
下記期限までに課題登録を完了し、部局担当者を通じて研究推進課へ課題登録完了の旨をご連絡ください。確認の上、e-Rad上で提出を行います。(部局担当者によるe-Radの承認処理は不要)

【e-Radから提出する場合:研究推進課締切】
2021年12月13日(月)正午
※e-Radを利用して提出する場合でも、メールでの送付が必要な書類あり。

・ワーク・ライフ・バランス等推進企業に関する認定等の状況(別紙5)
→本学は該当する認定等を有していません

ERCA 令和4年度 環境研究総合推進費

募集団体 独立行政法人環境再生保全機構(ERCA)
募集事業 令和4年度 環境研究総合推進費
公募概要・お知らせ 環境研究総合推進費は、気候変動問題への適応、循環型社会の実現、自然環境との共生、環境リスク管理等による安全の確保等、持続可能な社会構築のための環境政策の推進にとって不可欠な科学的知見の集積及び技術開発の促進を目的として、環境分野のほぼ全領域にわたる研究開発を実施しています。

※詳細は下記URL先をご参照ください。

対象領域:統合領域、気候変動領域、資源循環領域、自然共生領域、安全確保領域
申請期限 応募締切:2021年10月26日(火)15:00
募集要領等  
URL https://www.erca.go.jp/suishinhi/koubo/r04_koubo_3.html
e-Rad URL  
申請方法 e-Radでの応募にあたっては、公募区分毎にシステムへの入り口が異なりますので、ご注意ください。

なお、補助金(次世代事業)への申請については、e-Radにより申請を行うとともに、書類を環境再生保全機構に電子メールで提出する必要があります。