公開シンポジウム「水素社会のための第1回国際シンポジウム・市民講座」を開催します。

Hydrogen-Energy-based-Society

Event Outline

Title The 1st International Symposium on Hydrogen Energy-based Society
Date August 26(Fri.), August 27(Sat.), 2016
Venue Tokyo Metropolitan University, Minami-Osawa Campus, Auditorium & Building No.7
Address 1-1 Minami-Ohsawa, Hachioji, Tokyo 192-0397, Japan
Registration
fee
free
Capacity 200
Organizer Research Center for Hydrogen Energy-based Society
Co-organizer Organization for research promotion

Program, The 1st International Symposium on Hydrogen Energy-based Society

2016.08.26(Fri)10:00~16:15 Auditorium

Introduction
Prof. Kiyoshi Kanamura
Tokyo Metropolitan University (Japan)
Progress Towards Hydrogen Generation by Electrolysis
Prof. Douglas MacFarlane
Monash University(Australia)
Solar hydrogen by artificial photosynthesis
Prof. Haruo Inoue
Tokyo Metropolitan University (Japan)
Amides and ammonia as hydrogen carriers
Prof. Ping Chen
Dalian Institute of Chemical Physics(China)
Large-Scale Hydrogen Storage and Transportation System – Its role and prospect for the future –
Dr. Yoshimi Okada
Chiyoda Corporation(Japan)
Hydrogen Society and Fuel Cell
Prof. Toshio Shudo
Tokyo Metropolitan University (Japan)
Current Policy and R&D Activity on Hydrogen Energy in Japan
Prof. Katsumi Yokomoto
NEDO:New Energy and Industrial Technology Development Organization(Japan)

2016.08.27(Sat)10:00~11:30 Building No.7

Poster Session

Public Seminar (in Japanese)

2016.08.27(Sat)13:00~16:00 Auditorium

Introduction
Prof. Kiyoshi Kanamura
Tokyo Metropolitan University (Japan)
水素社会の実現に向けた東京都の取組
Bureau of Environment
グローバル水素エネルギーコンソーシアム -東工大の取り組み-
Prof. Ken Okazaki
Tokyo Institute of Technology
グリーン水素社会にむけた横浜国立大学の取組
Prof. Koichi Matsuzawa
Yokohama National University
クリーン水素製造とエネルギー貯蔵・変換
Prof. Tatsumi Ishihara
Kyushu University
Closing Remark
Prof. Kimitaka Uji
Tokyo Metropolitan University (Japan)

Access

campus_map

Venue
Tokyo Metropolitan University, Minami-Osawa Campus, Auditorium &Building No.7
Address
1-1 Minami-Ohsawa, Hachioji, Tokyo 192-0397, Japan
Campus map
International House is a 15-minute walk from Minami-Osawa Station, Keio Line.
Access map
Campus Location of Tokyo Metropolitan University
Transportation

From Narita Airport to Minami-Osawa

  1. Narita Airport St. → [JR Narita Express / 77min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), Semi-Special Express (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou) Train / 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center St. for Keio Plaza Hotel Tama)
  2. Narita Airport St. → [Keisei Skyliner / 36min.] → Nippori St.[JR Yamanote Line Anti-clockwise direction (Uchi-mawari) / 22min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou) Train / 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center St. for Keio Plaza Hotel Tama)
  3. Narita Airport → [Limousine Bus / 140-170min.] → Minami-Osawa (Tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)

From Haneda Airport to Minami-Osawa

  1. Haneda Airport St. → [Keihin Kyuko Line / Shinagawa-bound / 19min.] → Shinagawa St.→ [JR Yamanote Line Clockwise direction (Soto-mawari) / 19min.] → Shinjuku St. → [Keio Line / Hashimoto-bound Special Express (Tokkyu), (Jun-tokkyu) or Express (Kyukou)  Train/ 40min.] → Minami-Osawa St. (Keio-tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)
  2. Haneda Airport → [Limousine Bus / 120-150 min.] → Minami-Osawa (Tama-center for Keio Plaza Hotel Tama)

Registration

Registration Form

水素シンポジウム

8月26日(金)、27日(土)に首都大学東京南大沢キャンパス講堂小ホールおよび7号館スタジオにて、『水素社会のための第1回国際シンポジウム・市民講座(The 1st International Symposium on Hydrogen Energy-based Society)』を開催します。8月26日、27日午前には、国内外の著名研究者を招き、「大都市東京における水素社会の実現」をテーマに、英語による国際シンポジウムを開催します。また、27日午後には、一般の方を対象に東京都および大学の専門家が「水素エネルギー社会」を紹介する市民講座を開催します。

概要

タイトル 公開シンポジウム「水素エネルギー社会シンポジウム」
日 時 2016年8月26日(金)、2016年8月27日(土)
会 場 首都大学東京 南大沢キャンパス 講堂小ホール およびび 7号館 スタジオ
住 所 東京都八王子市南大沢1-1
参加費 無料
定 員 200名
主 催 首都大学東京 水素エネルギー社会構築推進研究センター
共 催 首都大学東京 総合研究推進機構

参考情報

首都大学東京 水素エネルギー社会構築推進研究センターは、都市環境科学研究科 分子応用化学域の金村聖志教授を研究センター長として、平成28年4月1日に設置されました。

本研究センターでは、水素によるエネルギー高効率利用システムの開発から水素サプライチェーンの開発、水素エネルギーの高効率利用を可能とするインフラの整備まで、幅広く焦点を当てた研究を行っています。また上記研究活動に加え、水素エネルギー社会の実現に向け、東京都のシンクタンクとして都民、さらには広く国民全体への啓蒙活動、東京都および傘下の試験研究機関、様々な企業、大学が三位一体となって水素エネルギー社会構築を推進するためのネットワークのハブとしての活動にも積極的に取り組んでいます。

国際シンポジウムプログラム

2016.08.26(金)10:00~16:15 講堂小ホール

挨拶
金村 聖志 教授
首都大学東京
Progress Towards Hydrogen Generation by Electrolysis
Douglas MacFarlane 教授
Monash University(Australia)
Solar hydrogen by artificial photosynthesis
井上 晴夫 先生
首都大学東京
Amides and ammonia as hydrogen carriers
Ping Chen 教授
Dalian Institute of Chemical Physics(China)
Large-Scale Hydrogen Storage and Transportation System – Its role and prospect for the future –
岡田 佳巳 氏
千代田化工建設
Hydrogen Society and Fuel Cell
首藤 登志夫 教授
首都大学東京
Current Policy and R&D Activity on Hydrogen Energy in Japan
横本 克巳 氏
NEDO:新エネルギー・産業技術総合開発機構

2016.08.27(土)10:00~11:30 7号館スタジオ

ポスターセッション

市民講座プログラム

2016.08.27(土)13:00~16:00 講堂小ホール

挨拶、センター紹介
金村 聖志 教授
首都大学東京
水素社会の実現に向けた東京都の取組
東京都環境局
グローバル水素エネルギーコンソーシアム -東工大の取り組み-
岡崎 健 特命教授
東京工業大学 科学技術創成研究院
グリーン水素社会にむけた横浜国立大学の取組
松澤 幸一 准教授
横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創生部門
クリーン水素製造とエネルギー貯蔵・変換
石原 達己 教授
九州大学 工学研究院 応用化学部門
終了挨拶
宇治 公隆 教授
首都大学東京

アクセス

キャンパスマップ

会場
首都大学東京 南大沢キャンパス 講堂小ホール およびび 7号館 スタジオ
住所
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
キャンパス
京王線相模原線「南大沢」駅改札口から徒歩約15分
※改札口を出て右手に緑に囲まれたキャンパスが見えます。
アクセス
交通アクセス

お申し込み

お申込みはコチラ