平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書について

日本学術振興会ホームページにおいて、平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書(暫定版)が公開されました。

公開された研究計画調書(暫定版)は、従前から大きく変更される予定の「特別推進研究」、「基盤研究(一般)」、「若手研究」の研究計画調書です。

日本学術振興会ホームページ(リンク)

科学研究費助成事業(若手研究)の応募要件の変更について

文部科学省より平成29年7月6日付事務連絡「科学研究費助成事業(若手研究)の応募要件の変更に伴う府省共通研究開発システム(e-Rad)への登録作業について」が示され、平成30年度公募より、以下のとおり応募要件が変更になりました。

【平成29年度】

・平成29年4月1日現在で39歳以下の研究者(昭和52年4月2日以降に生まれた者)が一人で行う研究

【平成30年度】

・平成30年4月1日現在で博士の学位を取得後8年未満の研究者(※)が一人で行う研究

(※)博士の学位取得見込み者及び博士の学位を取得後に取得した産前・産後の休暇、育児休業の取得期間を除くと博士の学位取得後8年未満となる者を含む

・(経過措置)39歳以下の博士の学位を未取得の研究者が一人で行う研究

若手研究への応募を希望する際には、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に博士の学位取得年月日を登録する必要がありますので、各所属の部局へご連絡願います。

【7月31日追記】

・文部科学省より平成29年7月28日付事務連絡「「若手研究」応募要件変更について」が示され、質問の多い項目について、以下のとおり応募要件が明確にされました。

○平成30年4月1日現在、39歳以下であっても、博士の学位取得後8年以上の研究者は原則として「若手研究」への応募はできません。

○同一研究者の受給回数を2回までとする制限は、今回の見直し以前に「若手研究(S・A・B)」を受給した回数を通算します。

○経過措置の期間については、新要件導入後3年程度とし、応募・採択の状況を踏まえて改めて検討の上定めることとしています。

科学研究費助成事業の審査結果の開示について

平成29年度科学研究費助成事業の審査結果について、 電子申請システムを利用した電子的開示が行われております。

審査結果の開示は、応募された研究課題のうち、審査の結果、 採択されなかった研究課題及び審査に付されなかった研究課題について、 研究計画調書提出時に開示希望のあった研究代表者に対して行われるものです。

開示期間:平成29年11月24日(金)まで

日本学術振興会からのお知らせリンク

平成29年度科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化))の公募について

平成29年度科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化))の公募要領が公開されました。

  □ 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)詳細

    

※平成29年度の応募資格が変更されましたのでご注意ください。

平成29年度公募より、応募資格を「平成29年4月1日現在で「基盤研究(海外学術調査を除く)」又は「若手研究」に採択されており、応募時点において研究計画を実施中の研究代表者(平成29年4月1日現在で36歳以上45歳以下の者(昭和46年4月2日から昭和56年4月1日までに生まれた者)。ただし、博士の学位を取得後5年以上経過した者(平成24年4月1日までに学位を取得した者)は36歳未満でも可。)」としました。(公募要領9頁参照)(応募書類作成前に別途の事前申請が必要。部局担当者にご確認ください。)
 
※通常の研究種目と応募資格や助成金の取扱いが異なりますので、必ず公募要領をご確認ください。

※応募書類の作成・提出には科研費電子申請システムを使用します。

※応募書類の提出締切は部局ごとに設けられます。各部局担当者にご確認ください。